最近はモバイルノートや2in1でも高性能を誇るモデルが増えてきている。これを踏まえて、今回は「20万円以下」のWindowsとMacの最新モデルを対象に、「基本性能」「画面」「拡張性」「携帯性」「設置性」「付加機能」のポイントで採点した。ぜひ、機種選びの参考にしてほしい。

令和時代のパソコン選びのポイントはここ!

電子情報技術産業協会(JEITA)の発表によると、2018年度の国内パソコン出荷台数が3年ぶりに700万台超を記録した。好調の原動力は、2020年1月のWindows7のサポート終了などに伴う需要拡大だ。

製品の傾向を見ると、ビジネス向けパソコンではCPUやストレージなどの基本性能が重視されるが、こうしたトレンドが個人向けにも反映され、これまで以上にスペック面を意識したモデルが登場。

従来は、ハイスペックといえばデスクトップやA4ノートなどの大型機の特徴だったが、最近は、モバイルノートや2in1でも高性能を誇るモデルが増えてきている。

これを踏まえて、パソコン選びで重視すべき点は、まず処理速度を決定づける「基本性能」。次に、使い勝手を左右する「画面」「拡張性」「付加機能」。

さらに、出先で利用する機会の多いモバイルノートや2in1は「携帯性」、置き場所に難儀しがちなデスクトップは「設置性」の高さにもこだわりたい。

現在は、パソコンのコストダウンもさらに進んでいる。そこで、今回は「20万円以下」のWindowsとMacの最新モデルを対象に、下記のポイントで採点した。ぜひ、機種選びの参考にしてほしい。

採点基準(各項目10点満点)
《基本性能》CPUとメモリー、ストレージを含めたパソコンの総合パフォーマンス。具体的には、処理速度の速さやレスポンスのよさなどをチェックした。
《画面》主な評価対象は「画面解像度」「発色」「視野角」の3項目。これらの性能が高いほど、映像や写真、ビジネス文書などの視認性が向上する。
《拡張性》周辺機器との接続のしやすさ。具体的には、USB端子やHDMI端子、有線LAN端子などの外部インターフェースの豊富さをチェックした。
《携帯性》「モバイルノート」「2in1」のみの採点項目。筐体サイズと重量、バッテリー持続時間を含めた総合的なモバイル性能をチェックしている。
《設置性》オールインワンやミニパソコンなど、「デスクトップ」タイプのみの採点項目。省スペースで設置のしやすいスリム筐体ほど高評価となる。
《付加機能》付加機能の充実度をチェック。光学ドライブ、顔・指紋認証機能の有無などに加え、オーディオ性能の優劣なども評価の対象としている。

【A4ノート】
15.6型以上のディスプレイを搭載するA4サイズのノート。大型筐体を生かし、高い拡張性や多くの付加機能を持つ。

エイサー Aspire 3 A315-53-N24U/K 

エイサー
Aspire 3 A315-53-N24U/K
実売価格例:5万2760円

画像: ●CPU:Pentium Gold 4417U ●ストレージ:SSD 256GB ●ディスプレイ:15.6型 1920×1080 ●幅381.6mm×高さ20.95mm×奥行き262.8mm ●2.1kg

●CPU:Pentium Gold 4417U
●ストレージ:SSD 256GB
●ディスプレイ:15.6型 1920×1080
●幅381.6mm×高さ20.95mm×奥行き262.8mm
●2.1kg

フルHD&256GバイトSSDで5万円台!

画像1: フルHD&256GバイトSSDで5万円台!

フルHDディスプレイ搭載のA4ノートで実売5万円台というのは、驚異的なコストパフォーマンスだ。処理性能はあまり高くないが、ストレージにSSDを採用しているため、レスポンスは思ったより悪くない。さらに、ACアダプターの重量が実測220グラムと、まずまず軽量で使い勝手がいい。

画像2: フルHD&256GバイトSSDで5万円台!

筐体の質感が、いかにもプラスチック。ディスプレイは、視野角が狭く、発色もイマイチだ。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 5 拡張性 6
 画面 4 付加機能 6

NEC LAVIE Note NEXT NX850/NA

NEC
LAVIE Note NEXT NX850/NA
実売価格例:18万3380円

画像: ●CPU:Core i7-8750H ●ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB ●ディスプレイ:15.6型 1920×1080 ●幅361mm×高さ24.6mm×奥行き243mm ●2.4kg

●CPU:Core i7-8750H
●ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
●ディスプレイ:15.6型 1920×1080
●幅361mm×高さ24.6mm×奥行き243mm
●2.4kg

性能、使い勝手、機能などすべてトップクラス

画像1: 性能、使い勝手、機能などすべてトップクラス

第8世代のCore i7プロセッサーに加え、8Gバイトの大容量メモリーを備えるなど、評価機中で基本性能はトップクラス。打鍵感のいい静音キーボードのほか、無駄のない上品なモノリスふうデザインを採用し、ビジネスシーンでも違和感なく使える。

画像2: 性能、使い勝手、機能などすべてトップクラス

強めにタイピングを行った際などに、ディスプレイが揺れることもあり、筐体の作りはもう少し頑張ってほしい。下部のベゼルが、やや目立つ点も気になる。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 9 拡張性 7
 画面 9 付加機能 9

Dynabook dynabook X5 P1X5KPEG

Dynabook
dynabook X5 P1X5KPEG
実売価格例:10万270円

画像: ●CPU:Core i3-8130U ●ストレージ:HDD 1TB ●ディスプレイ:15.6型 1920×1080 ●幅379mm×高さ23.7mm×奥行き258mm ●2.4kg

●CPU:Core i3-8130U
●ストレージ:HDD 1TB
●ディスプレイ:15.6型 1920×1080
●幅379mm×高さ23.7mm×奥行き258mm
●2.4kg

ほどほどスペックでソツのない買い得モデル

画像1: ほどほどスペックでソツのない買い得モデル

A4ノートにしてはバッテリー持続時間が最長7時間とかなり長もちなうえ、ACアダプターは実測160グラムと極めてコンパクト。交換式バッテリーパックを採用しているため、将来的に劣化した際などでも、簡単に新品に交換できるのもうれしい。

画像2: ほどほどスペックでソツのない買い得モデル

ストレージがHDDのため、Core i3プロセッサー搭載機にしてはレスポンスが悪い印象。ディスプレイ部は、やや太めのベゼル(額縁)が気になる。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 6 拡張性 6
 画面 7 付加機能 6

デル New Dell G3 15 プラチナ

デル
New Dell G3 15 プラチナ
実売価格例:18万3578円

画像: ●CPU:Core i7-9750H ●ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB ●ディスプレイ:15.6型 1920×1080 ●幅365.5mm×高さ21.6mm×奥行き265mm ●2.7kg

●CPU:Core i7-9750H
●ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
●ディスプレイ:15.6型 1920×1080
●幅365.5mm×高さ21.6mm×奥行き265mm
●2.7kg

第9世代i7+GPU搭載のハイエンドモデル

画像1: 第9世代i7+GPU搭載のハイエンドモデル

第9世代のCore i7に加え、16Gバイトメモリー、グラフィック機能に高い描画性能を誇るGPU、GeForce GTX1660 Tiを搭載。基本性能は一切スキなし。ゲーミング向けだが、USB Type-C端子を備えるなど、ビジネス用途でも使い勝手はいい。※GPUとは、グラフィック専用のチップのこと。

画像2: 第9世代i7+GPU搭載のハイエンドモデル

ベゼルが太いため、ディスプレイ周りがやぼったく感じる。また、ACアダプターは実測600グラムと巨大なので、取り回しはしづらい。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 10 拡張性 7
 画面 7 付加機能 7

富士通 LIFEBOOK NH56/D2

富士通
LIFEBOOK NH56/D2
実売価格例:17万7980円

画像: ●CPU:Core i3-8145U ●ストレージ:SSD 512GB ●ディスプレイ:17.3型 1920×1080 ●幅398.8mm×高さ26.9mm×奥行き265mm ●2.7kg

●CPU:Core i3-8145U
●ストレージ:SSD 512GB
●ディスプレイ:17.3型 1920×1080
●幅398.8mm×高さ26.9mm×奥行き265mm
●2.7kg

A4筐体で17.3型を実現した狭額縁モデル

画像1: A4筐体で17.3型を実現した狭額縁モデル

超狭額縁の17.3型ディスプレイは、広視野角かつ発色も極めて良好。深めのキーストロークを確保したキーボードを採用し、しっかりとした打鍵感を得られる。基本スペックはミドルレンジ相当だが、ストレージがSSDのためレスポンスも悪くない。

画像2: A4筐体で17.3型を実現した狭額縁モデル

17.3型ディスプレイを搭載しているため、やはり通常のA4ノートと比べてしまうと、サイズ&重量ともにややかさばる。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 7 拡張性 8
 画面 9 付加機能 7

レノボ ideapad L340 Gaming 81LK001BJP

レノボ
ideapad L340 Gaming 81LK001BJP
実売価格例:18万3380円

画像: ●CPU:Core i7-9750H ●ストレージ:Optane 16GB+HDD 1TB ●ディスプレイ:15.6型 1920×1080 ●幅363mm×高さ23.9mm×奥行き254.6mm ●2.19kg

●CPU:Core i7-9750H
●ストレージ:Optane 16GB+HDD 1TB
●ディスプレイ:15.6型 1920×1080
●幅363mm×高さ23.9mm×奥行き254.6mm
●2.19kg

フォーマルな外観にハイスペックを凝縮

画像1: フォーマルな外観にハイスペックを凝縮

高性能が売りのゲーミングノートだが、ビジネス向けモデルのような落ち着いた外観のため、シーンを選ばず利用可能。バッテリーのもちは最大9時間と、A4ノートらしからぬスタミナぶりを誇る。ゲーミング向けながらMSオフィスが付属する点も○。

画像2: フォーマルな外観にハイスペックを凝縮

ディスプレイ視野角がやや狭め。ACアダプターの重量は実測560グラムと非常に重く、持ち歩きには不向きだ。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 10 拡張性 7
 画面 6 付加機能 7

【モバイルノート】
1キロ前後の小型・軽量ノート。拡張性や付加機能はA4ノートに劣ることが多いが、そのぶんバッテリーは長もち。

アップル MacBook Pro MUHN2J/A

アップル
MacBook Pro MUHN2J/A
実売価格例:15万980円

画像: ●CPU:Core i5 ●ストレージ:SSD 256GB ●ディスプレイ:13.3型 2560×1600 ●幅304.1mm×高さ14.9mm×奥行き212.4mm ●1.37kg

●CPU:Core i5
●ストレージ:SSD 256GB
●ディスプレイ:13.3型 2560×1600
●幅304.1mm×高さ14.9mm×奥行き212.4mm
●1.37kg

画面、筐体とも美しい高性能13.3型ノート

画像1: 画面、筐体とも美しい高性能13.3型ノート

4コア搭載の第8世代Core i5を搭載し、高い処理性能を実現。ユニボディのアルミ製筐体も美しく、特別な一台を所有する喜びを確実に得られる。下位のMacBook Airにはない、キーボード上部の液晶「Touch Bar」も、重宝すること請け合いだ。

画像2: 画面、筐体とも美しい高性能13.3型ノート

重量1.37キロと、13.3型モバイルノートとしてはそれほど軽くない。ACアダプターも実測200グラムと重めだ。軽さ重視ならAirがいい。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 9 携帯性 7
 画面 10 付加機能 8

NEC LAVIE Note Mobile NM550/MA

NEC
LAVIE Note Mobile NM550/MA
実売価格例:15万984円

画像: ●CPU:Core i5-8200Y ●ストレージ:SSD 256GB ●ディスプレイ:12.5型 1920×1080 ●幅289mm×高さ17mm×奥行き196mm ●910g

●CPU:Core i5-8200Y
●ストレージ:SSD 256GB
●ディスプレイ:12.5型 1920×1080
●幅289mm×高さ17mm×奥行き196mm
●910g

トップクラスの軽量モデルで駆動音も静か

画像1: トップクラスの軽量モデルで駆動音も静か

910グラム&厚さ17ミリの軽量・スリムと、面耐圧150kgfの堅牢さを両立。CPUはCore i5プロセッサー、メモリーは8Gバイトなど、まずまずの基本性能を確保しつつ、ファンレス設計により、耳障りな駆動音がほとんどしない点もうれしい。

画像2: トップクラスの軽量モデルで駆動音も静か

同じCore i5でも、本機に使われた8200Yは省電力PC向けのため、他機種で使われている8265Uと比べると、処理性能は劣る。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 7 携帯性 6
 画面 7 付加機能 7

LGエレクトロニクス LG Gram 14Z990-GA56J

LGエレクトロニクス
LG Gram 14Z990-GA56J
実売価格例:15万4220円

画像: ●CPU:Core i5-8265U ●ストレージ:SSD 256GB ●ディスプレイ:14.0型 1920×1080 ●幅323.4㎜×高さ16.5㎜×奥行き211.8㎜ ●995g

●CPU:Core i5-8265U
●ストレージ:SSD 256GB
●ディスプレイ:14.0型 1920×1080
●幅323.4㎜×高さ16.5㎜×奥行き211.8㎜
●995g

わずか995グラムで最大27時間駆動を実現

画像1: わずか995グラムで最大27時間駆動を実現

モバイルノートとしては大画面の14型ディスプレイを備えつつ、重量わずか995グラムは驚異的。バッテリー持続時間も最長27時間とスタミナも抜群だ。軽量スリムでも耐衝撃性はMIL規格に準拠しており、安心して携行できる。

画像2: わずか995グラムで最大27時間駆動を実現

どちらかといえばビジネス寄りのマシンであるだけに、マイクロソフトのオフィスソフトはやはり標準で付属してほしかった。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 8 携帯性 10
 画面 9 付加機能 8

VAIO VAIO SX12 カスタマイズモデル

VAIO
VAIO SX12 カスタマイズモデル
実売価格例:18万5868円

画像: ●CPU:Core i5-8265U ●ストレージ:SSD 256GB ●ディスプレイ:12.5型 1920×1080 ●幅287.8mm×高さ15.7mm×奥行き203.3mm ●897g

●CPU:Core i5-8265U
●ストレージ:SSD 256GB
●ディスプレイ:12.5型 1920×1080
●幅287.8mm×高さ15.7mm×奥行き203.3mm
●897g

性能と携帯性を両立したスタイリッシュ機

画像1: 性能と携帯性を両立したスタイリッシュ機

「メインマシンとして使える最小クラス」とメーカーがうたう、12.5型のコンパクトノート。ディスプレイにはフルHDのIPSパネルを採用し、広視野角で発色も良好。CPUはCore i5、メモリーは8Gバイト、ストレージには256GバイトのSSDを備えるなど、スペック面も抜かりがない。

画像2: 性能と携帯性を両立したスタイリッシュ機

オフィスを付けると価格が20万超え。バッテリー持続時間(13.5時間)も、もう少し欲しい。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 8 携帯性 9
 画面 9 付加機能 8

マウスコンピューター m-Book X-400H

マウスコンピューター
m-Book X-400H
実売価格例:14万8608円

画像: ●CPU:Core i7-8565U ●ストレージ:SSD 256GB ●ディスプレイ:14.0型 1920×1080 ●幅320.2mm×214.5mm×17.5mm ●1.13kg

●CPU:Core i7-8565U
●ストレージ:SSD 256GB
●ディスプレイ:14.0型 1920×1080
●幅320.2mm×214.5mm×17.5mm
●1.13kg

マグネシウム合金製筐体の高コスパモデル

画像1: マグネシウム合金製筐体の高コスパモデル

14.0型で1.13キロの軽量筐体を実現しつつも、マグネシウム合金製筐体により、剛性もしっかり確保。基本性能もCore i7を採用するなど、ハイスペックだ。モバイルノートでは省略されることが多い有線LAN端子をしっかり備える点もりっぱだ。

画像2: マグネシウム合金製筐体の高コスパモデル

キーピッチは実測19ミリとごく標準的だが、キー間のすき間がほとんどないため、慣れないとミスタイプしやすい。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 9 携帯性 8
 画面 8 付加機能 7

【デスクトップ】
据え置き利用が前提で、ディスプレイ一体型や、手のひらサイズのミニパソコンなど、多彩なバリエーションがある。

アップル iMac MRT42J/A

アップル
iMac MRT42J/A
実売価格例:17万7980円

画像: ●CPU:Core i5 ●ストレージ:HDD 1TB ●ディスプレイ:21.5型 4096×2304 ●幅528mm×高さ450mm×奥行き175mm ●5.6kg

●CPU:Core i5
●ストレージ:HDD 1TB
●ディスプレイ:21.5型 4096×2304
●幅528mm×高さ450mm×奥行き175mm
●5.6kg

圧巻の4Kディスプレイ搭載オールインワン

画像1: 圧巻の4Kディスプレイ搭載オールインワン

広視野角かつ発色良好な21.5型の4Kディスプレイはやはり圧巻の一言。目新しさはないが、アルミ素材を駆使した筐体デザインも群を抜いて美しい。スタンドの奥行きはわずか17.5センチのため、ちょっとしたスペースにも設置可能だ。

画像2: 圧巻の4Kディスプレイ搭載オールインワン

デザイン性を重視したためか、電源ボタンや端子類などがディスプレイの裏側にあるため、アクセスしにくい。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 9 拡張性 9
 設置性 8 付加機能 8

ASUS VivoMini VC65-C1G7096ZN

ASUS
VivoMini VC65-C1G7096ZN
実売価格例:13万4780円

画像: ●CPU:Core i7-8700T ●ストレージ:HDD 500GB ●ディスプレイ:- ●幅197.5mm×高さ61.9mm×奥行き196.3mm ●2.2kg

●CPU:Core i7-8700T
●ストレージ:HDD 500GB
●ディスプレイ:-
●幅197.5mm×高さ61.9mm×奥行き196.3mm
●2.2kg

基本性能と拡張性はタワー型並みのスリム機

画像1: 基本性能と拡張性はタワー型並みのスリム機

縦・横どちらでも設置可能なスリム筐体を採用しつつも、第8世代のCore i7プロセッサーや16Gバイトの大容量メモリーを備えるなど、卓越した性能を誇る。電源内蔵でACアダプター不要のため、設置もスムーズだ。光学ドライブ搭載もうれしい。

画像2: 基本性能と拡張性はタワー型並みのスリム機

ストレージがHDDのためか、全体的なレスポンスはいま一つの印象だ。また、付属のキーボードとマウスがチープなのは残念。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 8 拡張性 9
 設置性 9 付加機能 8

HP Pavilion All-in-One 27-xa0091jp

HP
Pavilion All-in-One 27-xa0091jp
実売価格例:19万7424円

画像: ●CPU:Core i7-9700T ●ストレージ:SSD 256GB+HDD 2TB ●ディスプレイ:27.0型 2560×1440 ●幅612mm×高さ195mm×奥行き482mm ●7.6kg

●CPU:Core i7-9700T
●ストレージ:SSD 256GB+HDD 2TB
●ディスプレイ:27.0型 2560×1440
●幅612mm×高さ195mm×奥行き482mm
●7.6kg

極上の大画面と高性能がみごとに融合

画像1: 極上の大画面と高性能がみごとに融合

オールインワンとしては最大クラスとなる27型ディスプレイが、やはりインパクト抜群。解像度も2K超えのWQHDため、写真や動画なども臨場感たっぷりに満喫できる。起動ドライブにはSSDを採用しているため、レスポンスも極めて良好だ。

画像2: 極上の大画面と高性能がみごとに融合

デスクトップ機ながら電源が非搭載のため、ACアダプターは実測940グラムと、非常に巨大になっている。設置場所に難儀しそうだ。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 10 拡張性 9
 設置性 7 付加機能 8

【2in1】
折り畳みや分離式のディスプレイを備え、タブレットとしても利用可能。特殊な構造ゆえ、拡張性や機能面はやや控えめ。

HP ENVY x360 15-ds0000AU

HP
ENVY x360 15-ds0000AU
実売価格例:9万9144円

画像: ●CPU:Ryzen 5 3500U ●ストレージ:SSD 512GB ●ディスプレイ:15.6型 1920×1080 ●幅359mm×高さ17mm×奥行き245mm ●1.98kg

●CPU:Ryzen 5 3500U
●ストレージ:SSD 512GB
●ディスプレイ:15.6型 1920×1080
●幅359mm×高さ17mm×奥行き245mm
●1.98kg

大画面タブレットとしても使えるA4ノート

画像1: 大画面タブレットとしても使えるA4ノート

タブレットスタイルでも15.6型の大画面を満喫できる点はやはり圧巻。バング&オルフセンと共同開発のスピーカーも備え、臨場感のある上質サウンドを実現。Type-Cを含む全3基のUSB端子を備えるなど、2in1としては拡張性にも優れている。

画像2: 大画面タブレットとしても使えるA4ノート

大画面ゆえ致し方ないが、重さは1.98キロと、2in1としては重量級。ACアダプターも実測280グラムと、軽量とはいいがたい。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 7 携帯性 6
 画面 9 付加機能 8

富士通 LIFEBOOK MH75/D2

富士通
LIFEBOOK MH75/D2
実売価格例:18万3380円

画像: ●CPU:Core i5-8200Y ●ストレージ:SSD 256GB ●ディスプレイ:13.3型 1920×1080 ●幅311.4mm×高さ19.5mm×奥行き215.5mm ●1.24kg

●CPU:Core i5-8200Y
●ストレージ:SSD 256GB
●ディスプレイ:13.3型 1920×1080
●幅311.4mm×高さ19.5mm×奥行き215.5mm
●1.24kg

高い性能と極上の使い勝手を備える2in1

画像1: 高い性能と極上の使い勝手を備える2in1

厚さ19.5ミリのスリム筐体ながら、心地いい打鍵感を確保した上質なキーボードを搭載。基本性能も、第8世代のCore i5プロセッサーを採用するなど、13.3型の2in1としては十分だ。専用のタッチペンが付属する点もうれしい。

画像2: 高い性能と極上の使い勝手を備える2in1

タッチパッドの広さ(ボタン部を除く)が実測で96ミリ×46ミリとかなり狭く、カーソル操作がしづらい。出先での操作は少し不安。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 7 携帯性 7
 画面 10 付加機能 8

マイクロソフト Surface Go LTE Advanced

マイクロソフト
Surface Go LTE Advanced
実売価格例:9万790円

画像: ●CPU:Pentium Gold 4415Y ●ストレージ:SSD 128GB ●ディスプレイ:10.0型 1800×1200 ●幅245mm×高さ8.3mm×奥行き175mm ●532g

●CPU:Pentium Gold 4415Y
●ストレージ:SSD 128GB
●ディスプレイ:10.0型 1800×1200
●幅245mm×高さ8.3mm×奥行き175mm
●532g

キーボード込みで777グラムの機動力

画像1: キーボード込みで777グラムの機動力

1800ドット×1200ドットの高解像度を誇る10.0型ディスプレイは美しさ十分。別売のタイプカバーキーボードは打鍵感が良好なほか、タッチパッドの大きさも実測98ミリ×58ミリとかなり広めだ。LTE通信も可能で、出先での機動性は抜群だ。

画像2: キーボード込みで777グラムの機動力

上部と左右のベゼルは実測15ミリと太めなのは、ちょっと残念。バッテリーのもちは最長8.5時間と、もう少し頑張ってほしいところだ。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 6 携帯性 7
 画面 10 付加機能 7

レノボ Yoga C630 81JL0012JP

レノボ
Yoga C630 81JL0012JP
実売価格例:15万6384円

画像: ●CPU:Snapdragon 850 ●ストレージ:UFS 128GB ●ディスプレイ:13.3型 1920×1080 ●幅306.8mm×高さ12.5mm×奥行き216.4mm ●1.25kg

●CPU:Snapdragon 850
●ストレージ:UFS 128GB
●ディスプレイ:13.3型 1920×1080
●幅306.8mm×高さ12.5mm×奥行き216.4mm
●1.25kg

Snapdragon採用で18.6時間駆動を実現

画像1: Snapdragon採用で18.6時間駆動を実現

スマホ向けのCPUとして知られるSnapdragon 850プロセッサーを搭載することで、最長18.5時間の駆動時間を実現。LTE通信や指紋認証に加え、2048段階の筆圧検知に対応した専用デジタイザーペンを付属するなど、機能面も申し分ない。

画像2: Snapdragon採用で18.6時間駆動を実現

もともとがスマホ向けCPUのため、仕様によっては使用できなかったり、動作が重かったりするデスクトップアプリがある。端子類も極端に少ない。

採点表(満点は各10点)
 基本性能 6 携帯性 7
 画面 10 付加機能 6

まとめ

A4ノートはバランスでNEC。モバイルはLGが僅差でトップ

A4ノートでは、NECのNX850/NAがベスト。本機の最たる魅力は、基本性能と使い勝手のバランスのよさ。BDドライブも備えるなど、全部入りも実現。

NEC
LAVIE Note NEXT
NX850/NA

性能&機能ともにスキなし!

画像1: 【最新PC比較 2019】評判のパソコン18機種を採点レビュー おすすめはコレだ!

モバイルノートでは、LG機が僅差でトップを獲得。LGらしく液晶ディスプレイの品質が良好。1キロ切りの軽量筐体で最長27時間のスタミナも高く評価したい。

LGエレクトロニクス
LG Gram
14Z990-GA56J

14型で1キロ以下はスゴイ!

画像2: 【最新PC比較 2019】評判のパソコン18機種を採点レビュー おすすめはコレだ!

デスクトップは、アップルのiMacが魅力的。4Kディスプレイの美しさに加え、基本性能も不足なく、ストレスフリーで使える。Windows機では、HPのPavilionが好印象。

アップル
iMac
MRT42J/A

4Kディスプレイが美しい!

画像3: 【最新PC比較 2019】評判のパソコン18機種を採点レビュー おすすめはコレだ!

2in1ジャンルは、富士通のMH75/D2。タブレット端末としても、モバイルノートとしても、まとまった即戦力モデルだ。

富士通
LIFEBOOK
MH75/D2

軽量ノートとしてもオススメ!

画像4: 【最新PC比較 2019】評判のパソコン18機種を採点レビュー おすすめはコレだ!

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.