ツインバード工業は、全自動洗濯機の最新モデル「WM-EC70W」(洗濯容量7キロ)を発売した。標準洗濯時間36分というスピード運転を実現し、外出前などの慌ただしい時間でもストレスなく洗濯できる。小柄な人にも使いやすい、高さ845ミリのロースタイル設計を採用。便利な24時間タイマーも搭載している。

ツインバード
WM-EC70W

標準36分、快速コース10分の時短運転が可能な全自動洗濯機

●発売日:8月上旬
●実売価格:4万8600円程度

ツインバード工業は、全自動洗濯機の最新モデルとして、洗濯容量7キロの「WM-EC70W」を発売した。標準洗濯時間36分というスピード運転を実現したのが特徴で、外出前などの慌ただしい時間でもストレスなく洗濯を済ませられる。

少量1キロを約10分で洗い上げる「快速コース」も装備しているから、色移りや汚れ移りが気になる物(色物、運動着など)も効率的に洗うことが可能だ。

画像1: 標準36分、快速コース10分の時短運転が可能な全自動洗濯機

また、小柄な人でも洗濯物を取り出しやすいように、高さ845ミリのロースタイル設計を採用している。便利な24時間タイマーも搭載。

画像2: 標準36分、快速コース10分の時短運転が可能な全自動洗濯機

●問い合わせ先:ツインバード工業 0120-337-455

This article is a sponsored article by
''.