シャープが最新型IH炊飯器「KS-WM10B」を発売。"おひつ"をイメージした上品で個性的なデザインが最大の特徴。本体とふたをつなぐ部品をなくしたスッキリとした外観で、コードも底面収納できる。炊飯機能は、二重ぶた構造と「極熱厚まる対流釜」の組み合わせだからムラのないふっくら炊き上がりを実現。おいそぎコースや10分単位で設定できる予約タイマーも搭載。炊飯容量は5.5合だ。

シャープ
KS-WM10B

おひつのように食卓に置ける個性的なデザインのIH炊飯器

シャープが、最新型のIH炊飯器「KS-WM10B」を発売した。最大の特徴は、"おひつ"をイメージした上品で個性的なデザイン。本体とふたをつなぐ部品をなくしたスッキリとした外観で、コードも底面に収納できるから、食卓に違和感なく置ける。

画像1: おひつのように食卓に置ける個性的なデザインのIH炊飯器

炊飯機能についても、二重ぶた構造と「極熱厚まる対流釜」の組み合わせにより、ムラのないふっくらした炊き上がりを実現している。

画像2: おひつのように食卓に置ける個性的なデザインのIH炊飯器

このほか、忙しいときに便利な「おいそぎコース」、10分単位で設定できる予約タイマーなども搭載。炊飯容量は5.5合。なお、保温機能は備えていない。

●問い合わせ先:シャープ 0120-078-178

This article is a sponsored article by
''.