「Keep」に保存した情報や画像は、トーク画面から削除しても消えないため大事な情報を保存しておくといい。保存した情報や画像は、ファイルの種類別に分類、日付順で表示されるから検索するのも楽。ただしデータ保存先は「LINE」のアプリ内。スマホのストレージではないため注意が必要だ。

<疑問と悩み>
「Keep」って何のためにあるの?

LINEには、トークでやり取りしたメッセージや写真などを保存できる「Keep(キープ)」という機能がある。トークの画面で、保存したいメッセージや写真を長押しし、iPhoneは「Keep」Androidは「Keepに保存」をタップすると保存できる。

「Keep」に保存したメッセージや写真は、「ホーム」画面を表示して、自分の名前の下にある「Keep>」という表示をタップすると確認できる。

トーク画面から削除しても、「Keep」に保存した情報や画像は消えないので、後で振り返りたいような大事な情報を保存しておくといい。また、保存した情報や画像は、ファイルの種類別に分類され、日付順で表示されるので、検索しやすいことも利点だ。

なお、「Keep」は、あくまで「LINE」のアプリ内にデータを保存する機能で、スマホのストレージに保存されるわけではないので注意しよう。

後から確認したい情報を保存しよう

❶トークルームで開いて、保存したいメッセージや画像を長押しする。「Keep」または「Keepに保存」をタップすると、「Keep」に保存される。

画像1: ● 後から確認したい情報を保存しよう

❷Keepに保存したメッセージや画像を見たい場合は、「ホーム」画面を表示させて、自分の名前の下にある「Keep>」という表示をタップする。

画像2: ● 後から確認したい情報を保存しよう

※本特集の画面写真は、一部Androidであることを明記しているもの以外は、基本的にiPhoneの画面です。

解説/村元正剛(ITライター)、今西絢美(ライター)

This article is a sponsored article by
''.