メッセージを読んだが、送信相手のスマホの画面に「既読」と表示させたくない場合は、通知で内容を把握できるように設定しよう。「設定」→「通知」に進み、「メッセージ通知の内容を表示」をオンにすると、通知だけでメッセージが読めるようになり便利だ。

<疑問と悩み>
「既読」をつけずにトークを読むことはできる?

LINEのトークは、メッセージが読まれると「既読」と表示されることが大きな特徴だ。ただし、「既読」と表示されないからといって、相手が読んでいないとは限らない。例えば、ロック画面にトークの受信が表示されて、それを見ただけでは「既読」とは表示されない。LINEアプリを起動して、該当するトークルームを開いた場合のみ「既読」が表示される仕組みになっている。

メッセージを読んだが、送信相手のスマホの画面に「既読」と表示させたくない場合は、通知で内容を把握できるように設定しよう。「設定」→「通知」に進み、「メッセージ通知の内容を表示」をオンにすると、通知だけでメッセージが読めるようになる。

逆に、相手に読んだことを知らせたい場合は、トークルームを開いて確認しよう。または、通知からダイレクトに返信することができるので、「読みました」などのメッセージを送るといい。

●「通知」でメッセージを読めるようにする

❶「設定」→「通知」→「メッセージ通知の内容表示」をオンにする。iPhoneは「サムネイル表示」をオンにすると、受信した写真も表示可能。

画像1: ●「通知」でメッセージを読めるようにする

❷通知でメッセージを読んだ場合は、相手の画面には「既読」と表示されない。ただし、長押しすれば、返信メッセージを送ることができる。

画像2: ●「通知」でメッセージを読めるようにする

※本特集の画面写真は、一部Androidであることを明記しているもの以外は、基本的にiPhoneの画面です。

解説/村元正剛(ITライター)、今西絢美(ライター)

This article is a sponsored article by
''.