ツイッターは、ウェブ検索と同じようにキーワード検索が可能。キーワードの後に「since:(年月日)」を付けて検索したり、「until検索」をするとツイートを絞ることができる。また、虫眼鏡のアイコンをタップすると表示される検索画面では、最新ニュースが読めてトレンドがわかる。

<疑問と悩み>
ツイッターを情報源として活用したい。どうすればいい?

ツイッターは、今話題になっていることを中心に、自分が興味のある分野の最新情報を入手するツールとしても役立つ。虫眼鏡のアイコンをタップして、検索画面を開くと、ジャンル別に最新の話題が検索できる。
最新情報をチェックすると、フォローしたいアカウントが見つかることもあるだろう。特定の情報を入手するために、メインで使うものとは別のアカウントを追加するのもおすすめだ。

●情報収集用アカウントの追加もおすすめ

「新しいアカウントを作成」をタップすると、同じアプリで切り替えて使えるアカウントを追加できる。

画像1: 最新情報のチェックに!ツイッターの検索「since検索」や「until検索」を使ってみよう

虫眼鏡のアイコンをタップすると表示される検索画面では、最新ニュースが読めて、トレンドがわかる。

画像2: 最新情報のチェックに!ツイッターの検索「since検索」や「until検索」を使ってみよう

<疑問と悩み>
いろいろな検索機能があるみたいだが……

ツイッターは、ウエブ検索と同じようにキーワードで検索が可能。その際、特定のコマンドを追加することで、条件を絞り込んだ検索ができる。

例えば、キーワードの後に「since:○(年)-○(月)-○(日)」を付けて検索すると、指定した日以降のツイートに絞られる。「until:○-○-○」では、指定した日以前に絞った検索が可能。「filter:images」を付けると、画像付きツイートだけを検索できるのだ。

since検索やuntil検索を試してみよう

画像: キーワードに「since:○-○-○」または「until:○-○-○」を付けて検索することで、投稿された時期を絞り込んで検索できる。

キーワードに「since:○-○-○」または「until:○-○-○」を付けて検索することで、投稿された時期を絞り込んで検索できる。

画像: since検索やuntil検索を試してみよう
画像3: 最新情報のチェックに!ツイッターの検索「since検索」や「until検索」を使ってみよう

ウエブ検索と同様、複数のキーワードでの検索も可能!

※本特集の画面写真は、一部Androidであることを明記しているもの以外は、基本的にiPhoneの画面です。

解説/村元正剛(ITライター)、今西絢美(ライター)

This article is a sponsored article by
''.