サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」が最新OS「watchOS 6」に対応し、10月2日(水)より「Apple Watch」で視聴できるようになった。たとえば、電車の中や歩いている時など、スマホを出さずにApple Watchを操作して聴きたい音楽をコントロールすることができる。

定額制音楽ストリーミングサービス「AWA」が「Apple Watch」に対応

最新OS「watchOS 6」に対応!

サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」が最新OS「watchOS 6」に対応し、10月2日(水)より「Apple Watch」に対応した。

画像: 最新OS「watchOS 6」に対応!

ちなみに、Apple WatchでAWAの音楽を楽しむには下記の条件がある。

・「AWA」STANDARDプラン(月額 税込980円)契約中の方
・「Apple Watch Series 3」以降
・「watchOS 6」以降
※「Apple Watch専用App Store」は未対応。使用の際には事前に「AWA」と「Apple Watch」の同期が必要となる

「Apple Watch」から「AWA」アプリ本体の操作が可能に

これまで「AWA」ではカーナビや、テレビデバイス、ウェアラブルデバイス、スマートスピーカー、AIアシスタント(Siri)など、最新デバイスへの対応を行ってきた。

今回、Apple Watchから「AWA」アプリ本体を操作することができるようになったことで、下記のような使用シーンが想定できる。

たとえば、電車の中や歩いている時など、スマホを出さずに、「Apple Watch」から聴きたい音楽をコントロールすることが可能で、「MY PLAYLISTS」や「FAVORITES」、そして「LIBRARY(ライブラリー:端末にダウンロードしている楽曲)」から、好きな音楽を再生・停止・スキップすることができる。

「Apple Watch」対応 詳細ページはコチラ
https://guide.awa.fm/hc/ja/articles/360000545962-Apple-Watch

画像: 「Apple Watch」から「AWA」アプリ本体の操作が可能に

サブスク型音楽ストリーミングサービス
「AWA(アワ)」

価格:STANDARDプラン(月額 税込980円)/ FREEプラン(月額 無料)

「AWA(アワ)」とは、国内最大規模の音楽ストリーミングサービスで、配信楽曲数は5,800万曲、著名人およびユーザーが作成したプレイリスト数は約1,100万件に上る。
2016年11月には「オフライン再生」を除くすべての機能が月額無料で利用できる新「FREEプラン」を発表。楽曲のショートバージョンをクロスフェードで再生できる新機能「ハイライト再生」も追加し、累計ダウンロード数は1,900万ダウンロードを突破した(2019年7月13日時点)。
また、2017年12月に発表された、Google Play発表「ベスト オブ 2017」日本版にて、アプリの中で頂点となる「2017年 ベストアプリ」を受賞。2018年10月には、ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」と、音楽事業において業務提携している。

【推奨環境】
<スマートフォン版>iOS 10.0以降、Android 6.0以降
<PC版>Windows 7, 8, 8.1, 10 (32/64bit)、Mac OS X 10.9 Mavericks以上
<埋め込みプレイヤー> Google Chrome (最新版)、Microsoft Edge (最新版)、
Safari (最新版), Internet Explorer 11以降

This article is a sponsored article by
''.