仕組みとしては、以前からあるプリペイド式の電子マネー「au WALLET」のプラスチックカードの代わりに、スマホのコード決済を利用するものと考えるといい。そのため、au PAYも「au WALLET」アプリから使うようになっている。auユーザー以外は、アプリ初回起動時に「au ID」を取得する必要がある。

auユーザーだと、還元率をアップできるメリットがある

au PAYは、もともとauユーザー専用サービスだったが、2019年8月からauユーザー以外も利用できるようになった。

仕組みとしては、以前からあるプリペイド式の電子マネー「au WALLET」のプラスチックカードの代わりに、スマホのコード決済を利用するものと考えればいいだろう。

そのため、au PAYも「au WALLET」アプリから使うようになっている。

auユーザー以外は、アプリ初回起動時に「au ID」を取得する必要がある

■au PAYの使い方はこれ!
使うのは「au WALLET」アプリ

au Pay専用アプリは存在せず、既存の「au WALLET」アプリの「au PAY」タブで利用する。WALLETの残高がau PAYで使える。

画像1: auユーザーだと、還元率をアップできるメリットがある

プリペイド(前払い)専用のサービスなので、チャージが必須

もともとauのサービスなので、チャージの方法には、auの電話料金合算払いが可能。

それ以外の方法だとクレジットカード、じぶん銀行、セブン銀行ATMが選択できる。

銀行口座からのチャージがKDDI系列のじぶん銀行に限定されているので、auユーザー以外には使いにくい印象。

逆にauのユーザーならば、有料のauスマートパスプレミアム会員になることでau PAY還元率が1.5%になるメリットがある。

■支払いはプリペイド式

au PAYはプリペイド(前払い)のみのコード決済。au WALLETの残高範囲で、店舗での買い物の決済ができる。

画像2: auユーザーだと、還元率をアップできるメリットがある

■チャージ方法を選択

チャージの方法は銀行、クレジットカード、直接入金などがあるが、銀行口座はじぶん銀行しか対応していない

画像3: auユーザーだと、還元率をアップできるメリットがある

■チャージは1000円単位

じぶん銀行に口座を持っていれば、チャージ操作自体はアプリで簡単にできる。チャージ金額は1000円単位となる。

画像4: auユーザーだと、還元率をアップできるメリットがある

プラスチックカードのau WALLETは、VISA加盟店ならどこでも使えたが、au PAYはau PAY提携店でしか使えず、PayPayなどに比べると利用できる店が少ない。しかし、今後は提携店が増えてくるだろう。

au PAYの仕様と特徴

使い方コード提示/コード読み取り
チャージ・
決済方法
前払い
電話料金合算払い、じぶん銀行、
クレジットカード、セブン銀行ATMなど
即時払い
後払い
基本還元率0.5~1.5%
利用限度額1回5万円未満

auスマートパスプレミアム会員なら還元率アップ!

auスマートパスプレミアム(月額603円)の会員なら、au PAY利用時の還元率が0.5%から1.5%にアップする。

キャッシュレス還元への対応は?

au WALLETポイントで還元される。還元の上限額は1ヵ月に1万5000円分。

◆解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.