明治の人気チョコレート「アポロ」が生誕50年周年を記念して発売する「アポロヨーグルト」。思わずパケ買いしてしまうほどの可愛さと、チョコとヨーグルトという新しい組み合わせに注目が集まっている。私もこの組み合わせは未経験…。果たして美味しいのだろうか検証するため、特選街web編集部が実食してみた!

人気チョコ「アポロ」のヨーグルトが限定発売

明治の人気チョコレート「アポロ」が生誕して50年を迎えた。昭和世代の筆者も、幼少の頃は、よくおやつにこのピンクの円錐型の小粒チョコを買ってもらったものだ。
少々コツがいるのだが、ピンクの部分と茶色の部分を歯で分離して食べるのが好きだった。

ちなみに「アポロ」は、1969年7月に、人類初の月面着陸に成功したあの宇宙船「アポロ11号」の形をイメージして誕生したらしい。
そんな懐かしのアポロだが、今もなお愛され続け、なんと生誕50周年。50周年記念として期間限定発売されているのが「アポロヨーグルト」だ。

画像: 期間限定の「アポロヨーグルト」。1月27日(月)には、2個入りタイプ(70g×2)が店頭に並んでいるが、2月4日(火)からは1個タイプ(80g)も登場する。

期間限定の「アポロヨーグルト」。1月27日(月)には、2個入りタイプ(70g×2)が店頭に並んでいるが、2月4日(火)からは1個タイプ(80g)も登場する。

明治によると、アポロヨーグルトも、チョコとのアポロ同様に、2層仕立て構造。
上層部はいちごヨーグルト(ピンク)、下層部はチョコレートソース(茶色)でまさにアポロカラーになっているのだとか。

画像: 人気チョコ「アポロ」のヨーグルトが限定発売

しかし、チョコとヨーグルトという組み合わせは、正直食べたことがないので、果たして美味しいのだろうか…。。
編集部で実食してみようと思う。

画像: 話題のヨーグルトを食べてみた!

話題のヨーグルトを食べてみた!

編集部が実食レビュー

外観

まず、パッケージが、レトロ可愛いすぎる!アポロの世界観がそのまま再現されている。
小さい子供から昭和世代のオトナ女子の心をもくすぐる可愛さだ…!

画像: アポロヨーグルト (2個タイプ ) 参考価格:210円 (税別) 成分組成:無脂乳固形分:8.7% 乳脂肪分:4.1% 植物性脂肪分:0.5%

アポロヨーグルト (2個タイプ )
参考価格:210円 (税別)
成分組成:無脂乳固形分:8.7% 乳脂肪分:4.1% 植物性脂肪分:0.5%

画像: 「製品にアポロチョコレートは入っておりません」

「製品にアポロチョコレートは入っておりません」

開封&すくってみた

一口目。チョコレートソースは底の方にあるようだ。

画像: ③ 開封&すくってみた

食べてみた!

画像1: ④ 食べてみた!

編集部Hさん
チョコレートソースに苺の果肉が入っていてリッチな気分に。ヨーグルトと言えば、朝食べるイメージだけど、アポロヨーグルトはおやつにピッタリでおいしいと思う。見つけたら娘にも買ってあげよう…!

編集部Iさん
意外とヨーグルトが濃厚。でも後味スッキリ。酸味がチョコレートの甘みとベストマッチ!アポロと違う新しい感覚の美味しさが味わえる。

編集部Nさん
香りがアポロそのもの!!アポロの形にすくうのが難しい…。これは、何個か買ってパッケージ通りの画が撮れるまでチャレンジしてみたくなる。

画像2: ④ 食べてみた!

デザイナーYさん(スイーツに詳しい)
パッケージが可愛すぎてインスタ映えしそう。ただ、チョコレートのアポロとは全く別物のスイーツ!
いちごヨーグルトが本格的だし、チョコソースはしっかり甘いが、カロリーがなんと83kcal!ダイエット中の方で甘いものを我慢している人におすすめしたい!

50周年記念キャンペーンも実施中

また、他にも50周年記念で、大人の女性向けのアポロ「アポロマイスタイル」も新発売。
通常のアポロに比べて砂糖を25%カットされているので、甘さ控えめ。さらに、少し大きめの形状や、手につきにくい加工をしているので、
仕事の休憩タイムにもピッタリ。

画像: 2月4日発売予定の「アポロマイスタイル」(41g) は程よい甘さ。 参考価格:150円 (税別)

2月4日発売予定の「アポロマイスタイル」(41g) は程よい甘さ。
参考価格:150円 (税別)

他には、洋菓子専門店「クラブハリエ」とコラボした「meijiアポロ×CLUB HARIEボンボンショコラアポロ」が当たるキャンペーンも実施される。
詳しくはキャンペーン特設サイト(2月4日10時公開予定)を要チェック。

★プレゼントキャンペーン特設サイト
https://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/apollo/cmp/close2002/

画像: 50周年記念キャンペーンも実施中

まとめ

朝食として食べられることの多いヨーグルト。アポロヨーグルトは、どちらかというとオヤツや食後のデザートにピッタリ。
さらに、たった83キロカロリー!今流行の「ギルティフリー(罪悪感のない)スイーツ」なので、夜中に小腹が減ったダイエッターにもおすすめ。
昭和世代も平成世代も、令和に登場した新しいアポロの味に挑戦してみてはいかが?

This article is a sponsored article by
''.