特選街の2020年3月号で特集されている「Wi-Fi(ワイファイ)」。Wi-Fiとは?という基本的な解説から、最新のWi-Fi情報まで幅広く網羅された内容となっている。しかし、やはり女性にとってはとっつきにくいカテゴリーではないだろうか。自称デジタル音痴な記者が、最新Wi-Fi6を搭載したネットギアの「Orbi WiFi6」を使ってみて、全くの初心者でもネット環境を改善できるか試してみた。

Wi-Fiの通信速度が遅い…今のネット環境は快適か?

Wi-Fiとは、スマホやパソコンなどのデジタル機器をインターネットにつなげる無線LANのこと。それだけの知識しかない私だが、最近自宅のネット環境に不満を持っている。

そもそも、デジタル機器の接続、セッティングなんて蕁麻疹がでるほど苦手なので、契約すればその日から簡単に使える「モバイルWi-Fi」を導入し、手持ちの端末に接続して使用している。

こんなデジタル音痴な私だが、わが家にあるデジタル機器をざっと数えてみても、スマホ2台/iPad/iMac/ノートPC/テレビ2台/ニンテンドースイッチ2台/PS4の8台はある。
これらの機器をつないで、オンラインゲームをしたり、動画を見たりしているのだが、厄介なのが「速度制限」。
わが家が導入しているものは、直近3日間で10GB以上のデータを使うと、その翌日18時頃~翌々日の2時頃まで1Mbpsに制限される。
制限がかかったとしても、Youtube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度とのことだが、子供たちがゲームや長時間の動画視聴によって10GBの枠を超えてしまった日は、地獄だ。

画像: 通信制限でいざというときに使い物にならない……

通信制限でいざというときに使い物にならない……

そろそろ、自宅に光回線を家に引こうと思った今日この頃、パラパラとめくった本誌『特選街』最新号が奇遇にも「Wi-Fi」特集だった。

Wi-Fiの基本的な解説、導入方法などは、誌面をご覧いただくとして…ここでは、Wi-Fiルーターを買い替える場合、初心者にも最新Wi-Fiルーターは必要なのかを考えていこうと思う。

最新のワイファイ「Wi-Fi6」って何?

そもそも家電が使用する電波には2種類の周波数があるそうだ。

それが、5GHz帯と2.4GHz帯だ。それぞれに特徴があり、スマホやパソコンは5GHz帯を、デジカメやプリンターは2.4GHz帯を使うのが良いとされている。
そして、今の主流は、5GHz帯を使用するWi-Fi5(規格名:IEEE802.11ac)だ。
詳しくは別記事『2.4GHzと5GHzの違い』を参考にしてほしい。

2019年に登場した「Wi-Fi6(規格名:IEEE802.11ax)」とは、2.4GHz帯・5GHz帯の両方を使用するもの。例えば、iPhone11は最新規格のWi-Fi6に対応していることで有名だ。接続する機器によって周波数帯を適切に処理できるため、より高速の通信が可能になるのだそう。

画像: 最新のワイファイ「Wi-Fi6」って何?

Wi-Fi6と5Gとの違いは?

Wi-Fi6は5G対応のスマホにも採用されているため、Wi-Fi6と5Gを混同してしまう人が多いようだ。

結論をいうと、5Gとは「次世代モバイル通信規格」のことを指し、Wi-Fi6と5Gは別ものだ。

なぜ、混同してしまう人が多いのかというと、Wi-Fi6も5Gもどちらも大容量データを超スピードで通信でできるという点で似ているからだ。

違う点は、5Gはキャリアなどの通信業者が提供する通信規格で、事業者だけが使用できる周波数帯を使って通信できるところ。

画像: Wi-Fi6と5Gとの違いは?

また、5Gは、2020年にサービス開始予定で、最新のスマホやタブレットやPCに導入されていく。通信料金はまだ発表されていないが、「4Gより少し高め」になるのではないかといわれている。

Wi-Fi6と5G、どちらか一方でいいのでは?と思うだろう。実際に5Gの方が、通信速度は速いとされている。
しかし、Wi-Fi6が屋内での通信に向いているのに対し、5Gは長距離の通信に向いている。

通信する際のコストの面では、Wi-Fi6は非常に安く5Gは高いといった違いもある。

動画やゲームをよく家で楽しむといった場合は、やはりWi-Fiの導入がお得だ。

5Gは、高速・大容量かつ安定した通信が見込めるため、今後はスマホだけでなく、クルマの自動運転や医療や災害現場での「遠隔操作」を可能にするなど、インフラや産業への応用も期待されている。

Wi-Fi6と5Gは、この先もそれぞれの長所を生かし、補完しあいながらどちらも成長していくとみられている。

Wi-Fi6に買い替えるタイミングは?

さて、2019年に導入されWi-Fi6対応機器も続々登場している。
iPhone11などのWi-Fi6対応機器を買ったら、Wi-Fi6対応ルーターを急いで買う必要があるのだろうか。

調べてみたら、慌てて買い替えなくもよさそうだ。

Wi-Fiの規格には「下位互換」があり、古い規格でも問題なく使える仕様になっているそうだ。予算や、手持ちのデジタル機器、家族構成や1カ月のデータの使用量等を検討して、導入するのがいいと思う。

最新のWi-Fiルーターの接続は難しい?

いずれは私も最新iPhoneに機種変更したいし、冒頭で述べた通り、通信速度へのイライラを解消すべく自宅のネット環境をアップデートしたいと考えている。

ただ、Wi-Fiを自分で設定したり、接続したりするのはデジタル音痴にとっては不安なものだ。

今回は、アプリ等を使って簡単にセットアップできるというWi-Fi6対応ルーターを試用させていただいた。
速度の検証などは詳しい方にお任せするとして、「初心者・デジタル音痴」を代表して、女一人でも最新のハイスペックWi-Fiルーターを設定・接続できるか試してみようと思う。

使用したWi-Fiルーターはコレ

ネットギア
Orbi Wi-Fi6

画像: Orbi WiFi 6 トライバンドメッシュWiFiシステム スターターキット 2台セット

Orbi WiFi 6 トライバンドメッシュWiFiシステム スターターキット 2台セット

画像: 【Wi-Fi6とは】最新ルーターに買い替えは必要?初心者の私がネットギア「Orbi WiFi6」を使って分かったこと
ネットギア
Orbi WiFi 6 メッシュ ルーター
RBK852-100JPS
▼WiFi速度は2400Mbps+2400Mbps+1200Mbps合計6000Mbps。▼1ユニットあたり175㎡をカバー。▼サテライトの追加でさらに拡張可能。▼2.5G対応のインターネットポートで高速回線の性能を余すことなく活かします。(Amazon)

さっそく開封!

「一人で設定してみせるので、手助け不要です!」

画像: なんとお値段 11万339円(税込)※参考価格

なんとお値段 11万339円(税込)※参考価格

画像: 左上から時計回りにOrbiルーター×1、Orbiサテライト×1、電源アダプター×2、LANケーブル×1、※インストールガイド付き

左上から時計回りにOrbiルーター×1、Orbiサテライト×1、電源アダプター×2、LANケーブル×1、※インストールガイド付き

画像: B5判の特選街本誌サイズとほぼ同じ。25.4×7.1×19.1cm

B5判の特選街本誌サイズとほぼ同じ。25.4×7.1×19.1cm

シンプルで、リビングに置いても邪魔にならないデザインで、想像していたWi-Fiルーターのイメージ(黒くてゴツい…)と違う!

設定&接続をやってみた!

①付属のインストールガイドからQRコードを読み取る

画像1: 設定&接続 をやってみた!

②自分のスマホにOrbiアプリをインストールする。

画像2: 設定&接続 をやってみた!
画像: アプリの指示に従ってセットアップをしていく。

アプリの指示に従ってセットアップをしていく。

③ルーターの裏側のインターネットポート(黄色の部分)と、回線業者から無料レンタルしているONU(光回線の終端装置)をLANケーブルでつなぐ。

画像: ルーターの裏側下部。赤枠にLANケーブルを差し込む。 ※サテライトにはインターネットポートはついていない。

ルーターの裏側下部。赤枠にLANケーブルを差し込む。
※サテライトにはインターネットポートはついていない。

画像: LANケーブルの一方はONUに接続!

LANケーブルの一方はONUに接続!

④電源アダプターを接続し、電源プラグをコンセントに差し込む。

画像3: 設定&接続 をやってみた!

⑤サテライト機を設置。サテライト機にも電源アダプターを接続する。

画像4: 設定&接続 をやってみた!

⑥しばらく待ってたら、セットアップ完了!
初心者でも、所要時間15分程度で設定できました!!

画像5: 設定&接続 をやってみた!
画像: アプリから設定の確認や変更ができる。

アプリから設定の確認や変更ができる。

使ってみた!

動画を視聴する際の通信速度の目安としてはHD画質で約5Mbps、4K動画で約24Mbpsのダウンロード速度が必要とされている。

Orbi Wi-Fi6は、最大約6Gbps(理論値)転送が可能なので、同時に大容量VRゲーミングや、4K/8Kビデオストリーミングが遅延なく楽しめるということで、とにかく何台つないでも動画がサクサク。
息子の友達が大量に遊びに来て隣の部屋で「フォートナイト会」を開催された場合でも、低解像度のHuluを視聴しなければならなかったり、Youtubeがなかなか読み込まないとイライラしなくてよくなる。

画像: iPhoneやiPadを複数台接続してYoutubeを一気に見ても安定!

iPhoneやiPadを複数台接続してYoutubeを一気に見ても安定!

まとめ

スマホやゲームだけではなく、最近では、エアコンや洗濯機、掃除ロボット、見守りカメラ、スマートテレビなど、Wi-FiにつながるIoT家電が登場している。

とうぜん、接続可能な台数が少ないようなスペックが合わないWi-Fiルーターでは、それらの家電の性能を発揮させることは難しい。

ネットが遅い、つながりにくいといった場合や、最新のスマート家電を購入する際は、自宅のWi-Fi環境を見直してみてはいかがだろうか。

This article is a sponsored article by
''.