ネット通販は便利だ。夜中でも、電車の中でも、欲しいと思ったとき簡単に買うことができる。昔のように人気商品を探して店舗を歩き回る必要がないし、検索をかければ入手が困難なレア商品やチケットを探すこともできる。架空通販サイト、オークション詐欺、フェイク広告、偽レビューなどの手口をこの機会に知っておこう。

ネットショッピングの罠
架空通販サイト

人気商品が安く買える、レアな商品やチケットが手に入るなどの手口で誘導!

実際のところ、ネット通販は便利だ。夜中でも、電車の中でも、欲しいと思ったとき簡単に買うことができる。昔のように人気商品を探して店舗を歩き回る必要がないし、検索をかければ入手が困難なレア商品やチケットを探すこともできる。
しかし、誰でも簡単にサイトを作れる時代、架空や詐欺のサイトも横行している。最近は、本物のサイトからデータを流用するため、見分けがつきにくい。

被害は、主に三つ。まず、代金だけ取られて商品が送られてこないケース。次に、粗悪品やコピー商品が届くケース。そして、個人情報やクレジットカード情報を盗られるケース。ブランド品などの高額商品だけでなく、安価な日用品でも被害が発生している。

対策は、詐欺サイトを見抜く目を養うことに尽きる。まず、ほかのサイトに比べて異常に安かったり、レア商品や期間限定で購入をせかしてきたりするサイトは危ない。どんなに欲しくても、一呼吸置いて、次の点を確認しよう。

まず、URLに不自然な点がないか。末尾のドメインが、「.com」や「.jp」などではなく、「.top」や「.xyz」などの見慣れないものになっていると怪しい。

次に、サイト全体を見て、おかしな日本語表現がないか。海外で日本向けに作られた詐欺サイトも多いからだ。また、企業情報などが正しく公開されているか。不自然な点があれば、電話をかけたり、Googleマップのストリートビューで建物を確認したりしてみよう。

さらに、クレジットカードが使用不可で、前払いだけというのも、かなり信頼性が低くなる。

ショッピングサイトを利用するときは怪しいところがないか気をつけよう

偽通販サイトは、困ったことに以前よりも日本語が自然になり、サイトの見栄えもよくなる傾向にある。しかし、必ず不自然な点があるはず。

画像: 人気商品が安く買える、レアな商品やチケットが手に入るなどの手口で誘導!

ネットショッピングの罠
オークション詐欺

商品が来ない、注文と違うなど、オークションの失敗を避けるための重要ポイント

「ヤフオク!」や「メルカリ」といった個人間の取引でも、前ページのような詐欺が起きている。落札した商品が届かない、説明と違うものが届いたといった事例だ。

商品説明に「正規ノベルティ商品」「未発売商品」といった不自然な言葉や、「ノークレームで」といった記述があると危ない。

中には、商品の写真や外箱を売るといった詐欺のほか、直接取引を持ち掛けてだます手法もある。被害に遭ったら、まず出品者に連絡し、次に運営サイトを交えての交渉だが、法的手続きを取っても難航が予想される。

個人間の問題だけに、かえって解決が難しいオークション詐欺

画像: 代金が少額の場合、トラブルを解決するほうが高コストになることも多い。

代金が少額の場合、トラブルを解決するほうが高コストになることも多い。

ネットショッピングの罠
フェイク広告

「〇〇が絶賛!」「番組で紹介!」など、有名人やテレビをかたるSNS広告に注意!

SNSの画面に、商品紹介の投稿や記事が出ることは多い。気になってタップすると広告ページに飛んで、有名人が使っていたり、テレビで紹介されていたりするという。

思わず信じたくなるが、かなりの割合で嘘が混ざっている。テレビ番組の映像や芸能人の写真を勝手に合成した作ったフェイク広告だ。

しかし、だまされて買う人が多く、こうした手法でアフィリエイトの利益が増えるという。もちろん禁止されているが、メーカー、販売会社、広告会社、広告制作者がバラバラなので対応が追いつかない。

関心のない広告はSNSの機能で非表示にできる

画像: 「インスタグラム」では、広告画面右上の「…」をタップして「広告を非表示にする」を選ぶと、その広告が出なくなる。

「インスタグラム」では、広告画面右上の「…」をタップして「広告を非表示にする」を選ぶと、その広告が出なくなる。

ネットショッピングの罠
偽レビュー

ステマや不当な低評価など、信頼性が怪しいレビューはこの方法でチェック!

ネット通販の最大手「Amazon」で困った問題が起きている。本来はユーザーが書いているはずのレビュー(製品評価)に異常な高評価や低評価が混ざっているのだ。

これは、見返りをもらって嘘のレビューを書いている人がいるためで、その製品が本当にいいものか、正しく判断できない。

対策は、「レビュー探偵」や「サクラチェッカー」といったアプリでレビューを評価すること。レビューごとに信頼性が判定されるので、信頼性の高いレビューを信じて購入すれば、後悔するリスクを減らすことができる。

レビューの信頼性を判定するアプリを使ってみる

画像: 「レビュー探偵」をインストール後、画面の指示に従って製品を選び、「調査開始」で判定できる。「A 安心」~「 F 最低」の6段階評価だ。

「レビュー探偵」をインストール後、画面の指示に従って製品を選び、「調査開始」で判定できる。「A 安心」~「 F 最低」の6段階評価だ。

◆解説/下島朗(エントラータ)
◆イラスト/早川修

This article is a sponsored article by
''.