人に自慢したい超逸品図鑑「2019最新文房具おすすめ25選」をお届けする。筆記具、はさみ、のり、ノート、消しゴムなど、進化が止まらないユニークなアイテムを紹介していく。

ノート

ぺんてる
くみかえノート

「ノート」とあるが、9マスに並んだ付箋を利用して、アイデア出しをサポートする新感覚ツールだ。周囲に書き込んだプランを中央に集約したり、中央のテーマを実現するための案を周囲に書き込んだりすることで、アイデアが整理できる。付箋をホワイトボードに貼ってみんなで検討したり、専用スマホアプリで撮影して共有したりもできる。

画像: 9マスに並べた付箋を使って発想をサポートする新感覚文具。3×3のマス目が発想のポイント。

9マスに並べた付箋を使って発想をサポートする新感覚文具。3×3のマス目が発想のポイント。

画像: 思いついたアイデアを自由に書き込み、不要と判断すれば、はがして捨てればOK。これを繰り返すことで核心に近づける。

思いついたアイデアを自由に書き込み、不要と判断すれば、はがして捨てればOK。これを繰り返すことで核心に近づける。

画像: スマホアプリで撮影した付箋は、画面上で移動することができる。データは「パワーポイント」形式で書き出すことも可能。

スマホアプリで撮影した付箋は、画面上で移動することができる。データは「パワーポイント」形式で書き出すことも可能。

画像13: 【2019年版】まだまだ注目!おすすめ文房具25選 便利でアイデアが光る進化系文房具を一挙紹介
ぺんてる
くみかえノート
SMS9-9
▼9マスのふせんを使ってアイデア出し。いつでもどこでも、手書き発想。▼専用アプリでデジタルデータへ変換。▼アプリ内の撮影データは、PowerPoint形式で書き出し可能。▼グループ内でデータ共有。(Amazon)

コクヨ
ペーパーラップノート

ノートの概念を覆すユニークな製品。食品用ラップのような箱に、ロール型ペーパー(長さ15メートル)が入っており、必要な長さだけを引き出し、カットして使うのだ。利用法はいろいろありそうだが、「長い計算式を一行で書く」「年表を作る」「社内に掲示する理念を書き出す」など、1ページに収まらない長いことに使ってみたい。

画像: 食品用ラップそっくり!好きな場所でちぎれるユニークなノート。パッケージの見た目はラップそのもの。キッチンに置いてあったら、勘違いして開けてしまいそうだ。幅は20センチ。

食品用ラップそっくり!好きな場所でちぎれるユニークなノート。パッケージの見た目はラップそのもの。キッチンに置いてあったら、勘違いして開けてしまいそうだ。幅は20センチ。

画像: 食品用ラップのように引き出して、箱の端で必要な長さに切り取る。刃が付いているわけではないので、スパッとした切り口にはならない。

食品用ラップのように引き出して、箱の端で必要な長さに切り取る。刃が付いているわけではないので、スパッとした切り口にはならない。

画像14: 【2019年版】まだまだ注目!おすすめ文房具25選 便利でアイデアが光る進化系文房具を一挙紹介
コクヨ
ペーパーラップノート

ショウワノート
BETWEEN

水平開き製本を採用した大人向けのノート。一般的なノートは、開いたときに中央部が浮いて書きづらいが、水平開き製本なら180度フラットに広がるので、快適に利用することができる。左右の段差も出ないため、見開き全体を使ったイラストや図形もスムーズに描くことが可能だ。サイズは、持ち運びに便利なA5判を採用。

画像: 180度フラットに広げられる水平開き製本採用の高級ノート。水平に広げると、A4判になる。本文表示は、写真の6ミリ横罫のほかに、無地、5ミリ方眼、7ミリ横罫が用意されている(4種類)。全80ページ。

180度フラットに広げられる水平開き製本採用の高級ノート。水平に広げると、A4判になる。本文表示は、写真の6ミリ横罫のほかに、無地、5ミリ方眼、7ミリ横罫が用意されている(4種類)。全80ページ。

画像: ノートの中央をまたいでも、線や図形を違和感なく書けるのが魅力。水平に広がるので、コピーやスキャンもしやすい。

ノートの中央をまたいでも、線や図形を違和感なく書けるのが魅力。水平に広がるので、コピーやスキャンもしやすい。

画像15: 【2019年版】まだまだ注目!おすすめ文房具25選 便利でアイデアが光る進化系文房具を一挙紹介
ショウワノート
BETWEEN A5 6mm横罫
U9119C047
▼見開きパッケージで水平開きが一目瞭然! 中央に段差がないので、ストレスフリーで書けるノートです。▼ノートサイズ:A5(148×210mm)▼本文:6mm横罫30行/80ページ(Amazon)

メモ

コスモテック
WEMO

腕に巻き付けて使うウエアラブルメモ。板状の本体を手首に軽く当てると、瞬時に丸まってフィットし、しっかりと装着することができる。最大の売りは、素材に採用されたシリコンゴム。特殊コーティングが施されており、油性ボールペンで書き込んでも、指や消しゴムでこすれば消せるので、何度でも繰り返し利用できる。カラーは4色。

画像: 油性ペンで書いても簡単に消せるシリコン製の手首装着型メモ。手首に書いておけば、大事な用件も忘れない。もともとは医療現場向けの製品だが、他業種や日常生活でも活用できる。

油性ペンで書いても簡単に消せるシリコン製の手首装着型メモ。手首に書いておけば、大事な用件も忘れない。もともとは医療現場向けの製品だが、他業種や日常生活でも活用できる。

画像: 堅い板状で、重量は40グラム。しっかりと巻き付くので、手首の太さに関係なく使えるのもありがたい。

堅い板状で、重量は40グラム。しっかりと巻き付くので、手首の太さに関係なく使えるのもありがたい。

画像16: 【2019年版】まだまだ注目!おすすめ文房具25選 便利でアイデアが光る進化系文房具を一挙紹介
コスモテック
WEMO
バンドタイプ
▼腕に巻き付けて使用するシリコンバンドタイプのウェアラブルメモです。▼油性ボールペンで書いて、指や消しゴムで擦って消すことができますが、一部のペンは消しゴムで消しても痕が残り、アルコールでも消えないことがあります。▼日本文具大賞機能部門優秀賞、グッドデザイン賞など、数々のアワードを受賞しています。(Amazon)

ハイモジモジ
TAGGED LIFE GEAR

持ちやすいくびれた形を採用し、グッドデザイン賞も受賞したのが、この「TAGGED LIFE GEAR」。クリーニングタグにも使われている特殊な“耐洗紙”を採用しており、水や汗で濡れても破れないだけでなく、その状態で普通に書き込むことだってできる。つまり、キッチンなどの水回りやアウトドアでも、安心して利用できるというわけだ。

画像: 水に濡れても引っ張られても破れない紙を使ったメモパッド。クリーニングタグと同じ素材を使用!

水に濡れても引っ張られても破れない紙を使ったメモパッド。クリーニングタグと同じ素材を使用!

画像: スケッチなどをしやすいように、5ミリ方眼を採用。切り取りやすいミシン目も入っている。枚数は100枚。

スケッチなどをしやすいように、5ミリ方眼を採用。切り取りやすいミシン目も入っている。枚数は100枚。

画像: キッチンなどでも安心して利用できる。サイズは、S(67ミリ×112ミリ)とL(79ミリ×131ミリ)の2種類。

キッチンなどでも安心して利用できる。サイズは、S(67ミリ×112ミリ)とL(79ミリ×131ミリ)の2種類。

画像17: 【2019年版】まだまだ注目!おすすめ文房具25選 便利でアイデアが光る進化系文房具を一挙紹介
ハイモジモジ
タグド ライフギア
TALG-1207
▼水に濡れても破れにくい耐洗紙製。▼1枚ずつカットできるミシン目入り。▼表は方眼(5mm)裏は無地、どちらからでも書き込めます。▼2016年度グッドデザイン賞受賞(Amazon)

キングジム
Boogie Board BB-12

電子メモパッド「ブギーボード」シリーズは、自由に文字やイラストを書き込め、用が済んだらボタン一つで簡単に消せるのが特徴。そんなシンプルな操作性はそのままに、超小型化(縦86ミリ×横86ミリ)したのが、この「BB-12」だ。必要なことを書き留めたり、伝言を残したりと、付箋やブロックメモのような感覚で気軽に使えるのがいい。

画像: 付箋のような感覚で利用できる超コンパクトな電子メモパッド。本体カラーは5色。

付箋のような感覚で利用できる超コンパクトな電子メモパッド。本体カラーは5色。

画像: 裏面のマグネットで、冷蔵庫などに貼り付けられる。家族への伝言や買い物リストを書くのに最適だ。

裏面のマグネットで、冷蔵庫などに貼り付けられる。家族への伝言や買い物リストを書くのに最適だ。

画像: 専用スタイラスや爪などで自由に書き込める。付箋やメモ用紙と違い、ゴミが出ないのもうれしい。

専用スタイラスや爪などで自由に書き込める。付箋やメモ用紙と違い、ゴミが出ないのもうれしい。

画像18: 【2019年版】まだまだ注目!おすすめ文房具25選 便利でアイデアが光る進化系文房具を一挙紹介
キングジム
Boogie Board
BB-12
▼ふせんサイズの電子メモパッド!▼軽くて、薄くて、マグネットで貼れるから、ふせんのように手軽に使えます。▼まるで紙に文字を書くように、スイスイ書ける。▼筆圧を感知し、線の太さが変更できます。▼ハイコントラスト液晶で、書いた線がクッキリ見えます。▼何度でも繰り返し使える。▼電池1個で約3万回消去可能。(Amazon)解説/生島保(フリーライター)撮影/河野公俊

解説/生島保(フリーライター)撮影/河野公俊

This article is a sponsored article by
''.