ジックは、電動アシスト自転車の新製品として、普及価格のエントリーモデル「TRANS MOBILLY E-BASIC CITY」を発売した。小回りの利く20型の小径タイプで、多彩な用途に使えるのが特徴。低床フレームを採用しているから、小柄な人でもスムーズに乗り降りできる。

ジック 
TRANS MOBILLY E-BASIC CITY

●価格:8万300円

ジックは、電動アシスト自転車の新製品として、普及価格のエントリーモデル「TRANS MOBILLY E-BASIC CITY」を発売した。小回りの利く20型の小径タイプで、多彩な用途に使えるのが特徴。

画像1: ジック TRANS MOBILLY E-BASIC CITY

低床フレームを採用しているから、小柄な人でもスムーズに乗り降りできる。バッテリーは36V×5.0Ahで、最大約40キロのアシスト走行が可能だ。操作しやすいプロムナードハンドル、暗くなると自動点灯するフロントライト、盗難に強いリング錠など、装備も充実している。

画像2: ジック TRANS MOBILLY E-BASIC CITY

車体重量は約20キロ。カラーは、ネイビーとグリーン。

●問い合わせ先:ジック 06-6686-6800

※この記事は『特選街』2020年7月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.