近年、簡単な手順で料理を楽しめるレシピを紹介してくれるアプリが数多く配信されています。クックパッドやDELISHKITCHEN(デリッシュキッチン)、クラシルなどのアプリが人気ですが、その中でもDELISHKITCHENは約1分間の動画で料理の流れが把握できる「時短」と「手軽さ」を兼ね備えたアプリとして人気を博しています。そこで今回は、ユーザー数1,900万人を超えるDELISHKITCHENの使い方やメリットをご紹介。実際にDELISHKITCHENに掲載されているレシピを参考に調理してみたので、利用する時の参考にしてみてくださいね。

DELISHKITCHENはどんなことができる?

DELISHKITCHENでは、主に5つの機能を使うことができます。
①「ホーム画面」でのおすすめ・新着・特集・ランキング閲覧
②「ブックマーク」で気になったレシピを保存
③「みつける」機能で材料やカテゴリーからのレシピ検索
④「特売情報」から近所のスーパーのお得情報を入手
⑤「プレミアムレシピ」からオレンジページやレタスクラブの雑誌情報が見放題

「ホーム画面」

①のホーム画面は、アプリを開くと最初に出てくる画面。

この画面では、DELISHKITCHENおすすめのレシピ動画や、新着レシピ、日替わりのおすすめレシピ閲覧ができます。おすすめのレシピはその日の気候や食べ物の旬によって変化するので、献立を考えたくない日に重宝できます。さらにランキング上位に入っている人気のレシピも一目で把握することができるため、簡単かつ作りやすいレシピ動画をすぐに見ることができますよ。

画像: ホーム画面

ホーム画面

「ブックマーク」機能

②の「ブックマーク」機能は、気になったレシピをストックしておける機能。

フォルダに「メイン」「副菜」「スイーツ」などとラベルを付けることもできるので、ユーザー自身で分かりやすくまとめておくことができます。

画像: ブックマーク機能

ブックマーク機能

「みつける」機能

③の特徴である「みつける」機能では、「お肉のおかず」「献立」などのカテゴリーに分かれており、文字を入力しなくても材料や料理ジャンルから気になるメニューを検索できます。

レシピの検索画面には料理の完成写真が大きく出てくるので、文字ではなく視覚でレシピ動画をセレクトすることができますよ。

画像: 「みつける」機能

「みつける」機能

「特売機能」

④の特徴である「特売機能」は、位置情報を利用して近所のスーパーやショッピング施設の特売情報が閲覧できるサービス。

その都度検索することもできますが、近所のスーパーを「フォロー」して繰り返し特売情報を閲覧することもできます。

画像: 特売機能

特売機能

「プレミアムレシピ」

⑤の「プレミアムレシピ」は、月額480円で低カロリー・糖質オフなどのレシピを制限なく閲覧できる有料会員特典。他にも人気料理本のレシピ閲覧や、栄養成分の表示などが見られます。

ISOとandroid版のアプリインストールはコチラ

現在の利用者数は?

DELISHKITCHENは2016年9月にリリースされてから現在までで、ダウンロード数1,900万を誇っている国内最大級のレシピアプリ。2万4000件以上のレシピが掲載されており、月間動画再生回数は6億回を超えています。ユーザーの7割が女性で、20~30代の若い世代を中心に支持されています。
レシピ動画を簡潔に見られる上に料理の見栄えが美しいので、一人暮らしの方や、料理初心者の方、インスタ映えする料理を作りたい方におすすめですよ。

DELISHKITCHENのメリット

全ての動画が約1分で完結

DELISHKITCHENのレシピ動画は、下ごしらえから盛り付けまでが約1分で完結しています。そのためじっくりと動画を見る時間がない人や、流れを頭に入れてから料理をしたい人にはうってつけ。YouTubeの料理動画やTwitterで出回っている動画よりも完結かつ、分かりやすい編集となっていますよ。

画像: レシピ動画の画面

レシピ動画の画面

初心者でも作りやすい簡単料理が盛りだくさん

DELISHKITCHENで紹介されている全てのレシピ動画は、管理栄養士や料理研究家など食のプロたちが考案したもの。栄養や見栄え、手順の簡潔さなども考慮されているので、これから料理を本格的に始めたい人や普段料理をしない人でも気軽に挑戦できます。

調理にかかる時間やカロリーが一目で分かる

メリットの3つ目は、調理時間とカロリー記載がされている点。時間がない時やチャチャッと料理を済ませたい時に重要となってくる調理時間は、全てのレシピに記載されています。10分刻みの細かい目安時間なので、同時進行で料理を作る時に重宝できそう。
カロリーは有料会員でなくても確認することができるので、ダイエット中の方や1食あたりのカロリーを気にしている方に嬉しいサービスです。

今日のおすすめレシピから献立を選んでもOK

アプリのホーム画面には、日替わりで「今日の人気ランキング」「今日の特集」「今日の新着レシピ」「日付ごとのおすすめ」が掲載されます。季節や気温、食べ物の旬に合わせておすすめが変化するので、「他のユーザーは今日、どんな料理を作っているのかな?」「献立を考えるのが面倒だな」と思っている人でも無料でおすすめレシピを学ぶことができます。

画像: 今日の人気ランキング

今日の人気ランキング

また、自分で検索しなくてもレシピが自動的に出てくるため、料理のバリエーションも偏りがなく、レパートリーが自然と増えていく工夫もされていますよ。

画像: 今日の特集

今日の特集

レシピの保存ができる

最後に紹介していくおすすめポイントは、レシピの保存機能。もう一度作りたいなと思った動画をファイルに入れておくと、無料会員でも検索せずに何度も同じレシピ動画を見ることができます。さらに自分で「和食」「メイン料理」「スイーツ」などとファイリングできるので、後からレシピを見返す時も時間をかけずに動画が見られます。

実際に「バラのアップルパイ」を作ってみた

ここからは実際にDELISHKITCHENに掲載されている「バラのアップルパイ」を作って、レビューしていきましょう。

画像1: バラのアップルパイ完成図

バラのアップルパイ完成図

材料

画像: バラのアップルパイの材料

バラのアップルパイの材料

りんご 1個
冷凍パイシート 1枚(18×18cm)
グラニュー糖 大さじ1
無塩バター 10g
シナモン 適量
メープルシロップ 適量

①りんごは皮を剥かずに薄くスライス

作り始める前に、パイシートを常温に戻しておきます。5~10分ほどで伸ばせる柔らかさになるので、りんごをカットするタイミングで冷凍庫から出しておくと丁度いいかも。

画像: スライスしたリンゴ

スライスしたリンゴ

りんごは巻く時にごわごわしてしまい花びらがキレイに焼き上がらないので、できるだけ薄くスライスしていくと◎4mmほどの厚さにスライスしていくと、ぴったり使い切ることができました。

②ボウルに材料を投入、レンジで加熱

ボウルにりんご、バター、グラニュー糖、シナモンを投入。ラップをかけて600wで4分30秒加熱。

画像: 加熱したリンゴ

加熱したリンゴ

ラップはふんわりとかけることで、加熱中にりんごが固くなってしまうことを防ぐことができます。

③軽く混ぜて、粗熱がとれたら水気を切っておく

加熱中にパイシートを伸ばしていくと、時間短縮に繋がるので試してみてくださいね。材料は加熱した後に混ぜ、粗熱を十分にとっていきましょう。

④パイシートを伸ばして、縦に8等分にカット

画像: パイシートを伸ばす

パイシートを伸ばす

⑤パイにりんごを並べ、端から巻いていく

画像: リンゴを巻いていく

リンゴを巻いていく

りんごの加熱中にパイシートを伸ばす作業に移ります。この時、まな板に「うち粉」をしておくとパイシートがまな板に付かずに伸びてくれますよ。
⑤のパイシートとりんごを巻く手順の時は、りんごの皮が上にくるように並べていきます。りんごが2/3ほど重なるくらいで巻いていくと、くるっと巻いた時にバラの花びらがキレイに仕上がります。仕上げはパイシート同士をぴったりとくっつけ、離れないようにしておきましょう。

⑥天板にパイを並べ、オーブンで焼き上げる

クッキングシートを敷いた天板にパイを並べ、200度に加熱したオーブンで15分焼き上げる。

画像: 焼く前のバラのアップルパイ

焼く前のバラのアップルパイ

食べてみて

できあがった後は、お好みでメープルシロップをかけていただきます。
りんごにシナモンの香りがしみ込んでいるので、食べた瞬間に鼻からシナモンの香りがふわっと抜けてくれます。冷凍のパイシートでも焼き上げるとしっかりと層を作ってくれるので、サクサク食感がたまりません!
調理時間は30分と記載されていましたが、実際に初めて作ってみても30~35分ほどで作ることができました。手順が簡潔にまとめられているので、2、3度動画を見るだけで調理に必要な情報を全て覚えてからアップルパイを作ることができますよ。

画像2: バラのアップルパイ完成図

バラのアップルパイ完成図

まとめ

DELISHKITCHENは、有料会員にならなくても自由に使える工夫やクオリティの高いレシピが見られるサービスが充実しています。約1分の動画で下ごしらえ~盛り付けまでが動画で確認できるので、時間がない時や片手間で調理したい時に使いやすいアプリです。実際に時間や見栄えの誤差なく作れるので、料理のレパートリーを増やしたい方や料理初心者の方におすすめですよ。

This article is a sponsored article by
''.