新型コロナウイルスの影響で延期されていた「おいしい浮世絵展~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~」が7月15日(水)から、東京・六本木「森アーツセンターギャラリー」で開幕する。著名な浮世絵師が描いた食の風景から今や海外からも注目される「江戸の食」を紐解いていく。

「おいしい浮世絵展~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~」がついに開幕

新型コロナウイルスの影響で、2020年4月17日(金)~ 6月7日(日)に予定されていた「おいしい浮世絵展~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~」が開幕延期となっていたが、7月15日(水)から、東京・六本木「森アーツセンターギャラリー」で開催されることが決定した。

江戸らしい食といえば、寿司、うなぎ、天ぷら、蕎麦などだろう。今や海外でも注目されるこれらの食だが、浮世絵の中でもたびたび「食の風景」が描かれている。

葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳などの著名な浮世絵師の作品にある「食の風景」を通じて、今に通じる江戸の食文化を紐解く。

画像: 春の虹蜺(こうげい) 歌川国芳 個人蔵

春の虹蜺(こうげい) 歌川国芳 個人蔵

また、浮世絵作品だけでなく、現代のレシピ本にあたる江戸時代の料理書なども展示され、江戸の料理を再現した写真やレシピ解説なども楽しむことができる。

展覧会会場裏隣接のカフェ&レストランでは、再現料理が用意されており、目だけでなく五感で江戸の食を体感することができる。

開催概要

【展覧会名】おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~
【会期】2020年7月15日(水)~9月13日(日) ※会期中、展示替えあり
【休館日】8月14日(金)
【開館時間】10時~20時
※入館は、閉館30分前まで
※7月21日(火)、7月28日(火)、7月30日(木)、8月28日(金)のみ17時まで
【会場】森アーツセンターギャラリー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)
【お問い合わせ】ハローダイヤル 03-5777-8600

※一部変更になる可能性あり

入館料

一般1800円、大学生・高校生1300円、中学生・小学生800円。

チケットの予約・購入方法

密を避けるために、「日時指定入館券」の購入・予約が必要となっている。専用予約サイトでのみ購入可能なので事前に公式HPを確認しておこう。

新型コロナウイルス感染症対策への取り組み

本展では、新型コロナウイルス対策として、入館時の体温測定や赤外線サーマルカメラによる体温モニタリングおよび検温が実施される。(37.5℃以上の発熱が確認された方は、入館不可)
他にも以下のような感染予防対策が実施されているので、必ず事前に読んでから来館して欲しい。

来館者へのお願い

・フィジカルディスタンスを確保し、となりの方と2メートルの距離をあける。
・マスクは必ず着用。
・手洗い、手指消毒の徹底を。
・エレベーターは最大8名以内で利用し、会話は控える。壁に触ったり、もたれたりしないこと。
など

施設の取り組み

・入館は事前予約による日時指定制とし、入場者数を制限。整理券の配布を行う場合もある。
・入館口に消毒液の用意あり。
・対面カウンターには、飛沫感染防止パーテーションを設置。
・施設内ではタッチレス会計を推奨、金銭・チケットの授受にはコイントレーを使用。
・スタッフはマスクを着用。(一部スタッフはフェイスシールドを装着)
・アルコール拭き取り清掃等の強化。トイレのハンドドライヤーの使用を中止。
など

詳しくは新型コロナウイルス感染症対策への取り組みについて(必ずお読みください)を確認。

7月に入り、延期されていたイベントが、徐々に開催されつつある。挙げられている感染症対策を行いながら楽しく鑑賞したいものだ。

This article is a sponsored article by
''.