2020年8月13日(木)から16日(日)の4日間、バーチャルリアリティ(VR)空間上にて、同人誌即売会「ComicVket 1」(コミックブイケット ワン)が開催される。その舞台は「バーチャル秋葉原」だ。同人誌の購入や、参加者同士の交流はもちろん、実際の秋葉原の街に店舗を構える事業者なども参加し、お店の紹介やクーポンの配布なども行う。VRに詳しい人はもちろん、知識がなくてもスマホやパソコンで気軽にイベントに参加できる。

ComicVketとは

画像: ComicVket1の開会は8/13 11:00、閉会は8/16 23:00。 www.comic.v-market.work

ComicVket1の開会は8/13 11:00、閉会は8/16 23:00。

www.comic.v-market.work

ComicVketは、バーチャル空間上の同人誌即売会のこと。参加者は、現実の世界と同じように各ブースを巡りながら、同人誌を買ったり、参加者同士で交流したりすることができる。

VR機器はもちろんスマホやPCからも来場することが可能。今までVRに触れたことのない方でも気軽に参加できる。作品は、「電子書籍ダウンロード販売」又は「紙の本の通販」の形で買うことができる。各ブースで見本誌を見て、気に入ったものを各販売サイトに飛んで購入する仕組みだ。

2020年4月10日~12日には、「ComicVket 0」をテスト開催しており、延べ約2万5千人が参加している。

画像: 前回のComicVlet0の会場。 prtimes.jp

前回のComicVlet0の会場。

prtimes.jp
画像: 現実の同人誌即売会と同じく、ブースに立って接客をしたり、参加者同士がボイスチャット等で交流したりすることも可能。会場内には写真を撮るスポットも用意され、記念撮影を楽しむことができる。 prtimes.jp

現実の同人誌即売会と同じく、ブースに立って接客をしたり、参加者同士がボイスチャット等で交流したりすることも可能。会場内には写真を撮るスポットも用意され、記念撮影を楽しむことができる。

prtimes.jp

会場は「バーチャル秋葉原」

2020年8月13日(木)から16日(日)の4日間で行われるのが「ComicVket1」。その舞台となるのが、秋葉原の街を再現した「バーチャル秋葉原」だ。

◆公式HP: https://www.comic.v-market.work/

画像: バーチャル秋葉原の様子(制作中)。 prtimes.jp

バーチャル秋葉原の様子(制作中)。

prtimes.jp

新型コロナウイルス感染拡大防止のため多くのイベントが中止を余儀なくされている。同人誌イベントも例外ではない。

バーチャル空間なら、コロナ禍であっても、家にいながら世界的なカルチャー発信都市である秋葉原にアクセスし、イベントやウィンドウ・ショッピングを楽しむことができる。

バーチャル秋葉原の街並みは、地図情報の調査・制作・販売を行う株式会社ゼンリンの3D都市モデルデータを元に再現されている。

画像: バーチャル秋葉原の様子(制作中) prtimes.jp

バーチャル秋葉原の様子(制作中)

prtimes.jp

また、「バーチャル秋葉原」の街中では、実際に秋葉原に存在している60の飲食店や家電量販店などが軒を連ね、お店の紹介やショッピングクーポンを配るサービスなどを実施する。
新型コロナウイルスの影響で外出が難しい状況でも、バーチャル空間を通して現実世界の店舗と客が接点を持つことができるというメリットもある。

画像: ドンキだ!ツクモだ!

ドンキだ!ツクモだ!

382サークル・60企業が参加

今回の「ComicVket1」では382サークルの一般出展ブースと60社の出展企業ブースが軒を連ね、ショッピングやアトラクションを楽しむことができる。

街の中央では、凸版印刷株式会社が運営する「ComicVket 公式ショップby MEET MY GOODS」ブースを展開。この「MEET MY GOODS」ブースでは、ComicVket参加クリエイターの作品が印刷されたTシャツ、マグカップ、プリマグラフィ®※などのグッズが紹介される。また、ComicVketロゴをグッズの絵柄に入れることができ、来場者はウィンドウ・ショッピングをする感覚で、販売サイトから購入することができる。
※「プリマグラフィ®」:凸版印刷の登録商標で、ジクレー版画技法とトッパンカラーマネージメント技術を融合させた、高品位なデジタルアートプリントの総称。

その他にも、株式会社 日本HP、株式会社ゼンリン、株式会社ドン・キホーテ、株式会社メロンブックス、株式会社虎の穴、株式会社壽屋、TSUKUMO、Kaiten Books LLC、モクリプロジェクト、また、合同会社AKIBA観光協議会の協力のもと集まったメイドカフェ、飲食店、家電量販店、企業など、実際の秋葉原の街に店舗を構える事業者なども参加している。
秋葉原に行ったことがある人はもちろん、訪れたことがない人も楽しめるはずだ。

【出展企業一覧】
秋葉原カリガリ、スマイリークレープ秋葉原店、JT STUDIO akihabara、ドスパラ、AKIHABARA JAPAN、和Style.Cafe AKIBA、和茶屋娘、朧月館、新世代壁紙研究所、ACOS、プレミアムアニメショップらしんばん、AKIHABARAゲーマーズ本店、アシスト秋葉原店、Akiba.TV / Akiba Deep Travel、K-BOOKS、書泉ブックタワー、杜の鈴音、横浜家系ラーメン壱角家、1st PLACE、だるまのめ、鉄板王国、情熱のすためしどんどん、ケイゴイノウエ、肉寿司、DLsite(ディーエルサイト)、カードキングダム オンラインショップ、ジャングル秋葉原店、ヨーヨーショップスピンギア、アクティブAKIBAバッティングセンター、バーチャルあっとほぉーむカフェ、アキバパレットタウン、リギルド秋葉原店、めいどりーみん、秋葉原メイドカフェCandyLand、メルトアスリープ、Rabbit Lovers Café、パソコンショップアーク、声優のたまご、Ci-en(シエン)、Hey、ギフトショップ ザ・アキバトゥッカーノグリル秋葉原、CosFit、とんこつラーメン 博多風龍、CARDMAX、アルバカレー、LILIAN PLIAN、ロボットロボット、カールスジュニア秋葉原中央通りレストラン

開催概要

◆開催日程:2020年8月13日(木)11:00から16日(日)23:00までの4日間
◆出展サークル:382サークル
◆出展企業:60社
◆販売方法:電子書籍ダウンロード販売 又は 紙の本の通販
◆その他:対象作品は全年齢のみ
※二次創作物の場合、原典となった創作物の知的財産権を保有している団体又は個人の、二次創作物に関する規約・ガイドライン・声明等にのっとった上で、自己責任で展示・頒布してください。

【参加方法】

VR空間上のイベントに参加するには、「VRプラットフォーム」と呼ばれるサービスを利用する。
ComicVketは、参加者の目的や所有する機器等に合わせて、複数の中から好きなプラットフォームを選ぶことができる。

<会場>
・VRChat https://vrchat.com
・cluster https://cluster.mu/
・STYLY https://styly.cc/ja/
各会場の特徴や参加方法は、ComicVketのHPを要確認。

まとめ

GoToキャンペーンの東京除外などで、東京の主な観光地の一つである秋葉原にとって本当に厳しい状況は変わらない。
しかし、バーチャル秋葉原なら感染症の心配なく、アキバカルチャーに触れ、リアルでは経験できないような新たな体験もできるだろう。気軽に参加してみてはいかがだろうか。

This article is a sponsored article by
''.