海外品には日本製品にはないユニークでおもしろいものが多く、低価格なのも魅力。海外輸入アプリを使ってみたいけど、どんなものが届くかわからないし、と不安に思っている人も多いのではないでしょうか。この記事では海外輸入アプリ「Wish」を実際に使い、届いた製品と商品レビュー画面との差を比較。今回購入した10品中、筆者が満足したものは何品だったでしょうか?

購入したもの6.シートベルトカバー

画像: シートベルトカバー

シートベルトカバー

子供がシートベルトをすると、胸を抑えるベルト部分が首にあたって窮屈そうだったため、購入してみました。

届いたものは……残念ながら手元には残っていません。

わが家はダイハツの車に乗っているのですが、ベルトの太さとカバーのサイズが合わず、ボタンをとめるのに手間取ってしまいました。そうしてとめたにもかかわらず、子供が少しひっぱったら「ブチッ!」と再びボタンがオープン。

苦労して取り付けたのにどうせまた外れると思うと、再度使う気は起きず……。縫製は悪くはなかったと思いますが、日本車には扱いづらかった印象です。

とはいえ送料込みで400円前後の安さだったため、仕方ないかなというのが本音でした。

購入したもの7.フェイクグリーン

画像: おしゃれなフェイクグリーン

おしゃれなフェイクグリーン

お部屋に飾りたいと思い購入した、華やかなフェイクグリーン。
一目惚れしてしまったため2色購入しました。

画像: 届いたものもなかなかかわいい

届いたものもなかなかかわいい

届いたときには先っぽの部分がいくつか切れていましたが、気にならないレベルです。フェイク感は強いですが、色味が日本ぽくなくてきれいなのも高ポイント。「外国のインテリア」感のあるカジュアルな雰囲気が気に入っています。

購入したもの8.お風呂で使えるスピーカー

画像: お風呂で聞けるスピーカー

お風呂で聞けるスピーカー

お風呂でも音楽を聴きたいと思い購入し、届いたのがこちらです。

画像: 普通に使えるスピーカー

普通に使えるスピーカー

音も悪くなく、吸盤がずれることはありません。電池の持ちも良く、1回充電を満タンにすれば1週間くらいは毎日聞けます。

しかしあとで聞いた話では、ダイソーで同じようなものが500円で売っているそう。送料込みで全部で1000円はしたので、少しショックです。

購入したもの9:タイルシール

画像: 部屋を彩るタイルシール

部屋を彩るタイルシール

洗面所をおしゃれにしたいと思って買ったタイルシールです。
最近のタイルシールは本物そっくりで凹凸もリアルなため、期待して待っていました。

画像: タイルシールというより普通のプリントシール

タイルシールというより普通のプリントシール

届いたものはものプリント感が強く、「THEシール」といった感じ。

角度を変えればあるいは……と思ったのですが、やはりフェイク感が残ります。「トリックアート美術館にこういうのあるよね」と夫に言われ、なるほどと思いました。

購入したもの10:衣装ケース

画像: 鮮やかなグリーンの衣装ケース

鮮やかなグリーンの衣装ケース

色のかわいさとキルト調のデザインに惹かれて購入。これでクローゼット掃除がはかどります。

画像: 悪くない衣装ケース

悪くない衣装ケース

届いたものは生地がイメージよりも薄い印象です。しかし色はそのままでかわいく縫製も悪くなかったため、こちらは現役で活躍中です。

結果…使ってみた感想

Wishを使ってみた感想は、

・布製品は微妙
・プラスチック製品は賭け
・電化製品は値段相応

といった印象です。やはり値段が安いものはそれなりであり、電化製品など値段が1000円前後のものはクオリティも悪くないと感じました。

海外輸入アプリの注意点は?

Wishに限らず、海外輸入アプリは製品が届かないことも珍しくありません。

「届くまでの期間は1週間~無限」がセオリーだとか。しかしお金を払っている以上、泣き寝入りはくやしいものです。届かない場合は、迷わず運営に連絡をして返金処理をしましょう。

また海外らしい虚偽広告が多くあるため、こちらも注意が必要です。たとえばiPhoneが5,000円で売られていると思い購入したら、じつはiPhoneケースのみだったといった被害もあります。

英語でも説明が書いてあれば親切なほうで、最悪の場合、何も触れずにしれっと「iPhoneが格安で手に入るよ」といった内容しか書いていないこともあります。面倒でもレビューをしっかり翻訳し、被害にあった人がいないかを確認した方が良いでしょう。

まとめ

今回、Wishで購入したもので買ってよかったと思えるものは10品中5品です。破格なものほどがっかりする場合が多かったため、低価格が魅力のWishでも、安すぎるものは要注意!
「安物買いの銭失い」にならないよう、レビューをしっかり見たり他サイトでの画像紹介はないかを確認したりしてからの購入がおすすめです。

This article is a sponsored article by
''.