ApplePencil(アップルペンシル)やAirPods、Appleウォッチをどこかに置き忘れて焦った経験はないだろうか。そんな時に知っておくといいアプリが「Wunderfind」だ。最近、ApplePencilを社内で紛失してしまった筆者は、このアプリのおかげで無事(?)に見つけることができた。この記事ではApplePencilやAirPodsなど自分のデバイスを探せるアプリ無料版「Wunderfind」の詳細や使い方を紹介する。

アップルペンシルは紛失しやすい?

iPadとセットで所有する人の多い「ApplePencil」。意外と多いのが、カバンの中での迷子や置き忘れではないだろうか。

画像: 筆者愛用のiPadProとApple Pencil2

筆者愛用のiPadProとApple Pencil2

ペンと言っても定価で1万4500円(税別)もするものなので、無くした場合はかなりの痛手だ。

Apple Pencil2はマグネットが内蔵されており本体の側面にくっつけることが可能で、そのままペンシルを充電できる。しかし、磁力は強くないため、すぐ本体から外れて行方不明になりがちだ。実際に純正のApple Pencilケースも売られているし、Amazonなどの通販サイトでも似たようなものが数多く販売されている。

Apple PencilおよびApple Pencil2を紛失したくない場合は、ケースごと本体に装着する接着シール式タイプのものがおすすめだ。

画像: 接着シール式タイプのApple Pencilケース www.amazon.co.jp

接着シール式タイプのApple Pencilケース

www.amazon.co.jp

残念ながら筆者は「ケースは不要」と思っていた。事件が起きるまでは…。

筆者のアップルペンシルが突如消えた

さて、この先は、筆者の体験談となってしまうが、先日Apple Pencil2が突如行方不明になる事件が勃発した。

同僚に聞いたところ、先ほどの会議で石島がペンシルを使っていたのを見たという。自分でも、先刻まで使用していた記憶があるのだが…カバンの中や床に落ちてないか血眼になって探しても見つからない。iPad の 「設定」→「Bluetooth」で確認してみたところマイデバイスの欄でApple Pencilが「接続済み」になっているので、近くにあるのは間違いない。

画像: 筆者のアップルペンシルが突如消えた

会議室から自分の席までわずか15メートル。必ずこの範囲内にあるはずなのに見当たらないという怪奇現象に動揺しつつ、もしもの時のために入れておいたアプリを思い出した。自分のデバイスを探索できるアプリ「Wunderfind」だ。アプリを入れた端末付近にあるBluetooth機器を探すというものなので、このアプリに望みを托すことにした。

Wunderfind

画像: Wunderfind: 紛失したデバイスを見つける - ヘッドフォンとフィットネストラッカー Hendrik Folkerts

Wunderfind: 紛失したデバイスを見つける - ヘッドフォンとフィットネストラッカー
Hendrik Folkerts

AppStoreからダウンロード Google Play で手に入れよう

Apple Pencilを探すのであれば、自分のiPadにこのアプリをインストールする。

Wunderfindは、基本的に自分のAppleIDに紐づいている機器なら自動的に認識するようだが、iPhoneからではなぜかApple Pencilを探索することはできない。
iPhoneにアプリをインストールしておけばiPadを探索でき、iPadにインストールしておけばApple Pencilだけでなく、Air Podsも(片耳だけなくした場合も)このアプリで探索が可能だ。

ちなみに、Air Podsのケースのみは信号を発してないため探索できない。

単一のAirpodを見つける

デバイスを探索するアプリ「Wunderfind」の使い方

iPhoneからアプリを起動すると、、自分のiPadとiMacが認識されているのがわかる。Apple Pencilは認識されていない。

iPhoneの画面。自分が所有しているデバイスが表示される。

iPadからアプリを起動すると、Apple Pencilが認識されている。

画像: iPadの画面。Apple Pencilが認識されている。

iPadの画面。Apple Pencilが認識されている。

ちなみに、所有者を特定するものではないため、近くにいる人のbluetooth接続しているデバイス情報も自動的に拾ってしまうようだ。見たことのないデバイス名はおそらく周囲にいる誰かさんのものだ。

まじか。こんなところに…

使い方は簡単。アプリを起動して動き回るだけ。対象物に近づけばパーセンテージが100に近くなる。また、対象物までのおおよその距離も表示される。

画像1: まじか。こんなところに…

「発見した!」、距離も1mと表示されているので、石島のApple Pencilはどうやらすぐ近くにあるようだが見当たらない…。現在地(石島のデスク)から離れると、2m、3mと遠くなるのでデスク周辺にあるはずなのに。

やっぱりアプリは信用ならないのか、と諦めた瞬間のこと「あっっった!!!」

画像2: まじか。こんなところに…

なぜかデスク板の裏の金属部分にApple Pencilがくっついていた!
灯台もと暗しとはまさにこのことですね(汗)。周りのみなさま、大変お騒がせしました…

まとめ

デバイス探索アプリ「Wunderfind」を使えば、自分の近くにあるはずのApple PencilやiPhone、AirPodsなどのデバイスを高確率で探すことができる。部屋の中でなくした場合などは特にこのアプリが力を発揮してくれるはずだ。

もし、設定から確認して未接続になっていたり、Wunderfindでデバイスが認識されない場合、離れた場所に置き忘れている可能性が高いので、最後に使った場所からしらみつぶしにあたってみるのがよいだろう。

This article is a sponsored article by
''.