スマートフォンを始め、いろいろな機器に使えるUSB充電器。だれもがひとつやふたつは持っているはずだ。USB充電器の世界も進歩しており、いまはUSB-C端子でつなげるタイプが増えていて、iPhoneを以前より高速に充電したり、使っているパソコンによってはノートパソコンの充電にまで活用できるのだ。最新のiPhone12シリーズではUSB充電器が別売りとなったので、この機会に買おうと考えている人にもおすすめのUSB-C充電器を紹介しよう。

iPhoneもUSB-C充電器に

以前からiPhoneシリーズを使っている人ならひとつは持っているはずの、iPhoneに標準で付属してきたアップル純正のUSB充電器(電源アダプタ)。付属のUSB-LightningケーブルをつなげばiPhoneを充電できるが、ケーブルを挿し替えればたとえばワイヤレスイヤホンなど、他の機器を充電することも可能だ。コンパクトで邪魔にならない充電器なので、いまでも変わらず使っている人も多いだろう。

画像: 以前のiPhoneに標準で付属していたUSB-A充電器は5Wタイプ。

以前のiPhoneに標準で付属していたUSB-A充電器は5Wタイプ。

このUSB充電器は、以前から広く活用されてきたUSBコネクタ、正確にはUSB Type-A(以降USB-A)を使っている。USB-Aはもちろんいまでも現役で使われている規格だが、最近はより新しいUSB Type-C(以降USB-C)を採用したパソコンや周辺機器が増えてきた。

iPhone12ではUSB充電器が別売りに

実はiPhoneの世界でもゆるやかにUSB-AからUSB-Cへの変化が始まっており、2020年秋に発売された「iPhone 12」シリーズでは「iPhone 12 Pro」や「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 mini」なども含め、付属ケーブルがUSB-C-Lightningケーブルに変更されている。またUSB充電器とイヤホンも標準では付属せず、別売オプションとなった。もちろんアップルが発売している純正のUSB充電器も、USB-C充電器に変わっている。

USB-C充電器は充電が早い!

古い充電器やケーブルは充電が遅い

USB端子が変わったため、iPhone12に付属してきたケーブルを従来のアップル純正充電器に挿すことはできない。端末側の端子はLightningで変わっていないので、以前のiPhoneで使っていたケーブルとUSB充電器の両方が手元にまだあるならば、そのまま流用して充電することはできる。ただし最新のUSB-C充電器に比べるとデメリットがひとつあり、充電が遅いのだ。

iPhone8以降は高速充電機能がある

最新のiPhone12はもちろん、iPhone11やiPhoneXS、iPhoneXなど、具体的にはiPhone8以降のiPhoneは高速充電機能を備えていて、条件を満たしたときにはバッテリー切れの端末を約30分で最大50%まで高速充電できる。その条件とは「高速充電に対応したUSB-C-Lightningケーブルを使う」「USB PD(USB Power Delivery)に対応したUSB-C電源アダプタを使う」ことだ。

対応機器が増えているUSB PD

USB PDとはUSB-Cでスマホやパソコンに給電・充電するための規格で、最近のパソコンではUSB-Cケーブルを繋いで充電するものが増えているが、それはUSB PDに基づいた電源アダプタだ。iPhone12に付属するUSB-C-Lightningケーブルはもちろん高速充電対応タイプなので、あとはUSB PD対応のUSB-C充電器を用意すれば高速充電ができる。いまから買うなら、USB-C充電器にしたほうが便利だ。

USB-C充電器の選び方

iPhone12には20Wタイプがおすすめ

USB-C充電器は各社より非常に多くの製品が発売されている。現在は別売オプションとなったが、もちろんアップル純正品のUSB-C充電器もあり、こだわりがなければこちらを選んでもよいだろう。
たくさんのUSB-C充電器が存在する理由が、給電能力の違いだ。USB-C充電器には18Wや20W、30W、45Wなど給電能力が小さいもの、大きなものがある。USB PDは対応製品ならなにを繋いでも充電できるというわけではなく、たとえば大電力を要求するノートパソコンではそれなりの給電能力が必要で、最小18WクラスのUSB-C充電器を繋いでも充電されない。

iPhoneは18Wで対応できるため、コンパクトなUSB-C充電器から選んでもほぼ問題はない。ただし最新のiPhone12シリーズのみ「高速充電には20W以上が必要」と公式発表されているので、いまから選ぶなら20Wクラスにしておくと安心だ。

パソコンにも使いたいときは高出力タイプを

USB-C充電器には給電能力の大きい製品もあるが、USB PDではつないだ機器に合わせて最適な出力へ自動的に切り替わる。そのためiPhoneに45Wや60WクラスのUSB-C充電器を繋いでも、充電がさらに早くなるわけではない。つまりiPhone充電のためだけに買うならあまり意味がないのだが、パソコンやタブレットなど他の機器も充電したいなら高出力なUSB-C充電器を買っておくと共用できて便利だ。パソコンは製品によって必要な出力がかなり異なり、たとえばMacではMacbook Airは比較的低めでも使えるが、Macbook Proでは高出力が要求される。パソコンに標準で付属する電源アダプタのW数を確認してみると、参考になるはずだ。

複数ポートタイプなら複数台を同時充電可能

複数のUSB-C端子を備えたり、USB-Cに加えてUSB-A端子も用意する充電器も発売されていて、そういった製品を選ぶとiPhoneと家族のスマホ、iPhoneとノートパソコンを同時に充電する、といった使い方も可能だ。なお最近のスマホはiPhoneに限らず、Android端末でもUSB-C対応が進んでいるので、もちろんそちらも充電できる。自宅の電源アダプタをまとめたいなら、こういったタイプの製品もチェックしてみよう。

おすすめのUSB-C充電器

Apple
20W USB-C電源アダプタ

アップル純正のUSB-C充電器。以前は18Wタイプが用意されていたが、現行製品はiPhone12の高速充電にも対応できる20Wタイプとなっている。

画像: Apple 20W USB-C電源アダプタ
画像1: 【USB充電器おすすめ】最新のiPhone12にも使える!USB-C(Type-C)充電器は高速充電にも対応
Apple
20W USB-C電源アダプタ
▼この電源アダプタはあらゆるUSB-C対応デバイスとの互換性がありますが、11インチiPad Proや12.9インチiPad Pro(第3世代)と組み合わせると最も優れた充電パフォーマンスを発揮します。(Amazon)

Anker
PowerPort III Nano 20W

とてもコンパクトなUSB-C充電器。アップル純正に比べても小さいため、日常的に持ち運ぶつもりがある人にも魅力的だろう。20WタイプでiPhone12の高速充電にも対応できる。

画像: Anker PowerPort III Nano 20W
画像2: 【USB充電器おすすめ】最新のiPhone12にも使える!USB-C(Type-C)充電器は高速充電にも対応
Anker
PowerPort III Nano 20W
▼iPhone 12 / 12 Proを最速で充電可能です▼一般的な5W出力の充電器に比べ、最大3倍速く充電できます。※iPhone 12を0%から30分充電した場合との比較(Amazon)

AUKEY
Omnia Mini PA-B1

iPjhone12の高速充電にも対応した20Wタイプで、挿すスペースも気にならないコンパクトなUSB-C充電器。カラーはホワイトも用意されている。

画像: AUKEY Omnia Mini PA-B1
画像3: 【USB充電器おすすめ】最新のiPhone12にも使える!USB-C(Type-C)充電器は高速充電にも対応
AUKEY(オーキー)
Omnia Mini
PA-B1
▼PD3.0対応のUSB-C急速充電器。▼最大20Wの高出力。▼従来の18W USB-C充電器と比較して50%のコンパクトボディ。場所を取らずにすっきり充電。▼持ち運びにも便利。(Amazon)

Anker
PowerPort III mini

出力に余裕がある30WタイプはiPad Proなどとの共用を考えている人におすすめ。プラグ部分が折り畳めてコンパクトになるため、持ち運びにも便利だ。

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp
画像4: 【USB充電器おすすめ】最新のiPhone12にも使える!USB-C(Type-C)充電器は高速充電にも対応
Anker PowerPort III mini (PD対応 30W USB-C 急速充電器)【PSE認証済/PowerIQ 3.0 / Power Delivery 対応/折りたたみ式プラグ】 iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max/XR、Galaxy S10 / S10+、MacBook Air、 iPad Pro、その他USB-C機器対応
PowerIQ 3.0:USB Power Delivery、Qualcomm Quick Chargeなどの充電規格と互換性があり、スマートフォンやタブレット端末、ノートPCなどの接続機器を、それぞれの機器に最適かつ最速のスピードで充電ができます。
ほとんどの充電をこれひとつで:Apple製品やタブレット端末、ノートPCなどのUSB-C対応機器へ幅広く対応し、 最⼤30Wの⾼出⼒によるフルスピード充電が可能です。
コンパクトサイズ:フルスピード充電の技術をそのままにノートPC付属の一般的な30W出力の充電器に比べて、約30%も小型化を実現しました。収納が簡単な折りたたみ式プラグを搭載...
¥2,999
2020-11-27 7:42
画像5: 【USB充電器おすすめ】最新のiPhone12にも使える!USB-C(Type-C)充電器は高速充電にも対応
Anker
PowerPort III 65W Pod (PD 充電器 USB-C)
▼PowerIQ 3.0 (Gen2):Anker独自技術PowerIQ 3.0が新しくなりました。▼USB Power Deliveryとの互換性をさらに高めながら、Qualcomm︎ Quick Chargeなどの充電規格にも対応し、より幅広い機器へのフルスピード充電が可能となりました。▼フルスピード充電:Anker PowerPort III 65W Podは、USB-Cポートから最大65Wでの出力に対応し、MacBook Proを含むお使いのノートPCやタブレット端末、スマートフォンなどほぼ全ての機器にフルスピード充電が可能です。▼MacBook Pro 13インチであれば約2時間で満充電します。(Amazon)

RAVPower
USB-C急速充電器 RP-PC112

スマホだけではなくノートパソコンの充電にも使いたいなら、パソコンに標準で付属するUSB充電器のW数を確認しよう。標準より給電能力が低い製品を選んでしまうと充電速度が遅くなったり、場合によっては充電不可な組み合わせもある。

画像: RAVPower USB-C急速充電器 RP-PC112
画像6: 【USB充電器おすすめ】最新のiPhone12にも使える!USB-C(Type-C)充電器は高速充電にも対応
RAVPower
USB-C急速充電器
RP-PC112
▼【新素材 GaN (窒化ガリウム)採用】人工衛星等の産業用機械に用いられていた次世代パワー半導体素材「GaN」に加え、米Pi社のチップセットを充電器に採用、従来のシリコン半導体に比べて電力損失と発熱量が小さくなり、小型化・高効率化を実現しました。▼Macbook付属の純正充電器に比べてもおよそ50%小さくなります。(Amazon)

RAVPower
TypeC急速充電器 RP-PC136

家族のスマホも含めて2台同時に充電したり、パソコンは常時電源につないでおきたいというときは、複数ポートを備えたタイプのUSB充電器が便利。出力W数は各ポートの合計容量で、繋いだ機器の要求に合わせて最適な組み合わせで自動的に充電してくれる。

画像: RAVPower TypeC急速充電器 RP-PC136
画像7: 【USB充電器おすすめ】最新のiPhone12にも使える!USB-C(Type-C)充電器は高速充電にも対応
RAVPower
TypeC急速充電器
RP-PC136
▼コンパクトサイズでありながら、単ポート最大65Wの高出力を実現した、RAVPower自慢の急速充電器。▼USB-C単ポート利用時は、iPhone 12/iPhone 11/11 Pro Max/iPhone 8を最短30分で50%まで充電可能。▼さらに、60W以上の出力が必要な高性能ノートPCでも短時間で急速充電できます。▼eMarker内蔵のケーブルを使用し、USB-C単ポートで充電すれば、お持ちのMacBook Pro(15.4インチ)をたった2時間程度で完全復活。(Amazon)

高速充電に対応したUSB-C-Lightningケーブル

Apple
USB-C - Lightningケーブル

現行のiPhone12シリーズにも標準で付属する、高速充電対応のUSB-C-Lightningケーブル。iPhone8以降の製品は高速充電に対応しているので、USB充電器を買い替えて充電を早くしたいという場合はケーブルも忘れずに用意しよう。

画像: Apple USB-C - Lightningケーブル
画像8: 【USB充電器おすすめ】最新のiPhone12にも使える!USB-C(Type-C)充電器は高速充電にも対応
Apple
USB-C Lightningケーブル
▼このUSB-Cケーブルがあれば、Lightningコネクタを持つiPhone、iPad、iPodをコンピュータのUSB-Cポートにつないでシンクや充電を行えます。▼Apple 29W USB-C電源アダプタと一緒に使って、12.9インチiPad Proの高速充電機能を活かすこともできます。(Amazon)

Anker
PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル

高速充電対応のUSB-C-Lightningケーブルはもちろん純正品以外にも発売されており、長さや色を選びたいという人にはそちらもおすすめ。MFi認証を受けた製品なら安心して選べる。

画像: Anker PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル
画像9: 【USB充電器おすすめ】最新のiPhone12にも使える!USB-C(Type-C)充電器は高速充電にも対応
Anker
PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル
▼Power Delivery対応のUSB-C急速充電器と一緒に使用することで、iPhone 12 / 12Proを含む最新のiPhoneへフルスピード充電が可能です。▼iPhone、iPad、iPodをUSB-CポートまたはThunderbolt 3 (USB-C)ポートに対応したMac、iPad Proにつないでデータ同期が可能。▼USB-C搭載のMacBook ProやMacBook AirでもUSBハブを使用することなく、お使いのiPhone、iPadにデータ転送や同期が可能です。(Amazon)

まとめ

最新のiPhone12はUSB充電器が別売で、付属ケーブルもUSB-Cに変わったため、新たに充電器を購入するならUSB-C充電器がおすすめ。20W以上のUSB-C充電器を選べば、iPhone12の高速充電が可能となる。大容量のUSB-C充電器なら、タブレット端末やノートパソコンの充電にも共用でき、同時に複数の機器をつなげる製品も発売されている。iPhone12だけに限らず、iPhone8シリーズ以降ならケーブルと充電器を変えれば高速充電が可能だ。

◆文・大坪 知樹
オーディオやPCといった記事を多く手がけてきたが、ガジェットはもちろん白物家電、クルマ・バイク、模型や玩具、時計に服・靴など基本的にモノが好きな物欲系フリーランスライター。

This article is a sponsored article by
''.