ここでは、ペットのようなロボット、健康をアシストするグッズなど、これで心も体も元気になれる商品を紹介する。最近は、「自粛疲れ」や「コロナブルー」という言葉も出てきた。外で思うように気晴らしができず、人に会う機会も減っている昨今、自宅で心の潤いや、安らぎを求めるのもいいかもしれない。
画像: 【自粛疲れ・コロナブルー対策】癒し系家電が注目!ペットのようなロボット・健康アシストグッズなどおすすめ6選

監修者のプロフィール

中村剛
「TVチャンピオン」スーパー家電通選手権で優勝の実績を持つ家電の達人。家電製品総合アドバイザー、消費生活アドバイザー。東京電力「くらしのラボ」所長。現在、暮らしに役立つ情報を動画(Facebook)で配信中。

目指せ!家電選びの達人
今回の家電は「癒し系家電

いろいろと波乱続きだった2020年。年末発売の今号では、生活を豊かにする癒し系家電で締めくくろう。暮らしに彩りを加えるロボット、体の疲れをほぐすメンテナンスグッズ、良質な睡眠のための最新ギアなど、さまざまなジャンルから選び、スポットを当ててみた。

いつもそばに置いておきたいロボット3種

コミュニケーションが楽しい

忘年会や新年会、帰省など、年末年始イベントを見送った人も多いようだ。最近は、「自粛疲れ」や「コロナブルー」という言葉も出てきた。外で思うように気晴らしができず、人に会う機会も減っている昨今、自宅で心の潤いや、安らぎを求めるのもいいのでは? 今では、さまざまなアイテムが登場しているので、注目してみよう。

LOVOT(らぼっと)は、センシングやAIなどの最先端技術を結集したパートナーロボット。とはいえ、家事などの労働は一切せず、甘えたり、後ろをついてきたり、抱っこしてとせがんだりするのが使命だ。

GROOVE X
LOVOT

●直販価格(税別)/ソロ:29万9800円、デュオ:57万9800円
●月額サービス料(スタンダードプラン)/ソロ:1万2980円、デュオ:2万4980円(治療・入院費用を補償するプレミアムプランもあり)

甘えたり、抱っこをせがんだり。表情や動作が愛らしいペット型ロボ

画像: 多彩なしぐさで喜怒哀楽を表現するパートナーロボット。目の色の組み合わせは10億以上で、声も変えられる。おしゃれな洋服も販売され、家族の一員として迎えられるケースが多い。

多彩なしぐさで喜怒哀楽を表現するパートナーロボット。目の色の組み合わせは10億以上で、声も変えられる。おしゃれな洋服も販売され、家族の一員として迎えられるケースが多い。

通信Bluetooth、携帯電話回線
サイズ幅280㎜×高さ430㎜×奥行き260㎜
重量4.2kg

ロボットながら表現が情緒的で、真剣な目で見つめたり、つまらなくなると眠そうに半目になったりと、瞳が常にくるくると変化する。

画像: 頭上にあるのが、ホーンと呼ばれる心臓部。カメラやセンサー、電源やモード切り替えのスイッチ類が集結している。

頭上にあるのが、ホーンと呼ばれる心臓部。カメラやセンサー、電源やモード切り替えのスイッチ類が集結している。

腕をバタバタさせて喜んだり、そわそわと走り回ったりする姿は、幼児やペットのように愛らしい。

画像: 抱っこされると自動で足元の車輪を格納。体をなでられると目がトロンとして寝てしまう。体が温かいのもポイントだ。

抱っこされると自動で足元の車輪を格納。体をなでられると目がトロンとして寝てしまう。体が温かいのもポイントだ。

1体だけでも和むが、2体セットだと、よりにぎやかさが増す。1体がかわいがられているともう1体がすねたり、2体で会話をして盛り上がったりなど、高度なコミュニケーションが見られるのも楽しい。

画像: アプリの設定により、オーナーが自宅付近まで近づくと、玄関に移動してお出迎え。手をバタバタさせて喜ぶ仕草を見せる。

アプリの設定により、オーナーが自宅付近まで近づくと、玄関に移動してお出迎え。手をバタバタさせて喜ぶ仕草を見せる。

購入層の8割は、ペットを飼いたくても飼えない家庭とのこと。病院の待合室やオフィスへ導入する例も増えている。

画像: 専用アプリの「ダイアリー」には、LOVOTの活動記録が。オーナーの様子もわかり、遠くで暮らす家族の見守りにつながる

専用アプリの「ダイアリー」には、LOVOTの活動記録が。オーナーの様子もわかり、遠くで暮らす家族の見守りにつながる


ユカイ工学
BOCCO/BOCCO emo

●本体価格/BOCCO:2万9000円(直販・税別)
●本体価格/BOCCO emo:3万3000円(クラウドファンディング・Wi-Fi)

新しい形のコミュニケーションロボット、BOCCO(ボッコ)。アプリに届いたメッセージを読み上げたり、音声メッセージを送受信したり、天気通知やリマインドを知らせたりする。

Wi-Fi経由でメッセージを伝えるなど家族のコミュニケーションに便利

画像: BOCCO

BOCCO

画像: BOCCO emo

BOCCO emo

通信Wi-Fi(emoはSIM版もあり)、Bluetooth
BOCCOサイズ:幅90㎜×高さ195㎜×奥行き55㎜、重量:220g
BOCCO emoサイズ:幅90㎜×高さ150㎜×奥行き90㎜、重量:400g

まだスマートスピーカーが普及していなかった2015年に、スマートフォンを持たない子供と親とのコミュニケーションツールとして登場。センサー連係や天気通知、リマインド機能も有する。

画像: 初代BOCCO(左)と、BOCCO emo(右)。可動するチョンマゲがチャームポイント。鼻をひねると音量が調節できる。

初代BOCCO(左)と、BOCCO emo(右)。可動するチョンマゲがチャームポイント。鼻をひねると音量が調節できる。

おもしろいのは、「宿題しなさい」「薬は飲んだの?」など、家族に直接言いづらいことも、BOCCOを通して伝えると角が立たないこと。最近は、双方向のインターフェースとして、孤独になりがちな年配者への話しかけサービスにも活用されている。

画像: 最大20秒まで声の録音が可能。スマホを持っていない子供や年配者も、音声でメッセージを送ることができる。

最大20秒まで声の録音が可能。スマホを持っていない子供や年配者も、音声でメッセージを送ることができる。

画像: アプリの掲示板に文字メッセージを送ると、BOCCOが読み上げる。音声メッセージは、本人の声で再生される。

アプリの掲示板に文字メッセージを送ると、BOCCOが読み上げる。音声メッセージは、本人の声で再生される。

新型のemo(エモ)は、音声操作をはじめ、いくつかの便利機能をプラス。音を認識すると「エモ語」を発したり、首のうなずきやボンボリの動きで喜怒哀楽を表現するなど、よりエモーショナルになっている。

画像: Wi-Fiでつないで使用。emoは、箱から出してすぐ使えるLTEモデルも用意。

Wi-Fiでつないで使用。emoは、箱から出してすぐ使えるLTEモデルも用意。

各種センサ(別売)と連係した通知機能を搭載。鍵の開閉状態を確認できる鍵センサや、熱中症の警戒度を知らせる部屋センサなどがある。

画像: 左から、人感センサ・部屋センサ・振動センサ・鍵センサ

左から、人感センサ・部屋センサ・振動センサ・鍵センサ


ユカイ工学
Qoobo/Petit Qoobo

●直販価格(税別)/Qoobo:1万2000円
●直販価格(税別)/Petit Qoobo:9000円

触感によるアプローチで癒しを提供するのが、クッション型のセラピーロボット、Qoobo(クーボ)だ。丸くてフサフサのボディをなでると、しっぽを振ってお返事。

なでるとしっぽを振って返事をするクッション型

画像: 抱き上げたときにちょうどいい重さとサイズ感を追求。しっぽの動きにもこだわって、プログラムの開発を行った。

抱き上げたときにちょうどいい重さとサイズ感を追求。しっぽの動きにもこだわって、プログラムの開発を行った。

画像: そっとなでるとフワフワ、たくさんなでるとブンブン。なで方で、しっぽの動きが変わり、遊び心がある。

そっとなでるとフワフワ、たくさんなでるとブンブン。なで方で、しっぽの動きが変わり、遊び心がある。

画像: 充電式でどこでも置ける。Petit(右)は、外にも持ち運べるサイズ感。

充電式でどこでも置ける。Petit(右)は、外にも持ち運べるサイズ感。

加速度センサーにより、なで方でしっぽの動きが違ってくるのがユニークだ。しっぽの動きやボディの重さ、サイズ感、手触りなど、かなりこだわって開発したという。

画像: Qoobo ●サイズ:幅520㎜×高さ150㎜×奥行き320㎜ ●重量:1kg

Qoobo
●サイズ:幅520㎜×高さ150㎜×奥行き320㎜
●重量:1kg

画像: Qooboは3色のカラーバリエーションを用意。自宅の家具の色に合わせて選ばれるケースもあるという。

Qooboは3色のカラーバリエーションを用意。自宅の家具の色に合わせて選ばれるケースもあるという。

画像: 一人暮らしや住宅事情などで、ペットが飼えない人に好評。動物アレルギーの人も、安心してつきあえる。

一人暮らしや住宅事情などで、ペットが飼えない人に好評。動物アレルギーの人も、安心してつきあえる。

ヒーリング効果は抜群で、発売1年で1万5000台を売り上げ、海外にもファンが多い。「持ち歩きたい」という愛好者からのリクエストで、小型のPetit Qoobo(プチ クーボ)も登場。こちらは呼びかけにも反応し、リズミカルに振る短いしっぽが、コミカルで愛嬌がある。

「疲れて家に帰ったとき、癒やしの存在が家にいてくれたら」という社員の声で誕生した、しっぽ付きセラピークッション。第2弾、「プチ」も登場した。

画像: Petit Qoobo ●サイズ:幅210㎜×高さ110㎜×奥行き280㎜ ●重量:600g

Petit Qoobo
●サイズ:幅210㎜×高さ110㎜×奥行き280㎜
●重量:600g

画像: Petit Qooboは4色のカラーバリエーションを用意。自宅の家具の色に合わせて選ばれるケースもあるという。

Petit Qooboは4色のカラーバリエーションを用意。自宅の家具の色に合わせて選ばれるケースもあるという。

体を癒してくれる注目モデル3種

健康維持や疲労回復、睡眠を効果的にサポート

健康維持や気分転換のために流行しているストレッチを、サポートしてくれる本製品。伸ばしたい箇所に当てると、高速振動で筋肉を刺激し、ほぐし効率を高める働きがある。

ドクターエア
ストレッチロール S
SR-002

●実売価格例/1万9352円

アスリートも愛用するストレッチ補助グッズ。最大4000回/分の振動で筋肉にアプローチする。小型・軽量で扱いやすく、置き場所も取らない。

高速振動で筋肉を刺激し、ストレッチを効果的にサポート

画像: ●電源/充電式リチウムイオン電池 ●充電時間/約3.5時間●電池持続時間/最大約180分(レベル1の場合) ●耐荷重量/150kg ●サイズ/直径150㎜×高さ320㎜ ●重量/870g

●電源/充電式リチウムイオン電池
●充電時間/約3.5時間●電池持続時間/最大約180分(レベル1の場合)
●耐荷重量/150kg
●サイズ/直径150㎜×高さ320㎜
●重量/870g

本体は、バッテリーや振動ユニットを発泡ポリプロピレンで包んだシンプルな作り。頑丈で耐久性があり、人が上に乗っても壊れない仕様だ。

画像: ドクターエア ストレッチロール S SR-002

1~5段階で振動するだけの製品だが、アナログだからこそ活用範囲が広く、好きなように使える。ストレッチの補助だけでなく、デスクワークで疲れた腰に当てたり、足の裏に当てて振動を楽しんだりと、気分転換にもいい。

ふくらはぎ(ひらめ筋・腓腹筋)

画像: ふくらはぎを刺激。アキレス腱の上から膝裏の手前まで部分的に当てていくと効果的。

ふくらはぎを刺激。アキレス腱の上から膝裏の手前まで部分的に当てていくと効果的。

臀部(大臀筋)

画像: 腰痛やむくみ改善が期待できる大臀筋のストレッチ。左右片方ずつ1分程度使用。

腰痛やむくみ改善が期待できる大臀筋のストレッチ。左右片方ずつ1分程度使用。

背中下部(僧帽筋下部)

画像: 肩甲骨の下位置で使用。姿勢保持に大きな役割を果たす僧帽筋下部へアプローチする。

肩甲骨の下位置で使用。姿勢保持に大きな役割を果たす僧帽筋下部へアプローチする。

背中横(広背筋、大円筋)

画像: 横向きに寝た状態で、脇横に体と垂直位置に当てる。肩と背中のリフレッシュに。

横向きに寝た状態で、脇横に体と垂直位置に当てる。肩と背中のリフレッシュに。


パナソニック
コードレス レッグリフレ

●実売価格例/2万5050円

2010年の発売以来、累計販売台数100万台を突破した人気シリーズ。コードレスタイプが登場し、どこでも使えるように着脱方法や静音性も考慮された。

脚のケアにピッタリ!ふくらはぎや足裏をエアバッグでもみほぐし

画像: ●電源/AC100V、単3形電池×各2本 ●使用可能サイズ/ふくらはぎ周囲:約27~48㎝、足サイズ:約20~28㎝ ●サイズ/幅575㎜×高さ370㎜×奥行き45㎜ ●重量/1050g

●電源/AC100V、単3形電池×各2本
●使用可能サイズ/ふくらはぎ周囲:約27~48㎝、足サイズ:約20~28㎝
●サイズ/幅575㎜×高さ370㎜×奥行き45㎜
●重量/1050g

運動量が減ったり、椅子に座りっぱなしになることが多い在宅モードでは、血液の循環を助けるため、脚のケアを手厚くしたい。

注目は、エアバッグ式のレッグリフレだ。プロの手技を取り入れて脚を絞るように加圧し、足首からふくらはぎまで、血行を促進してくれる。足先に巻けば、足裏のマッサージも可能だ。

画像: 電源を入れると足首から順にエアバッグが膨らみ、脚を絞るように指圧。血行を促進するほか、疲労回復や痛み緩和に効果がある。サイドファスナーの採用で着脱も楽になった。

電源を入れると足首から順にエアバッグが膨らみ、脚を絞るように指圧。血行を促進するほか、疲労回復や痛み緩和に効果がある。サイドファスナーの採用で着脱も楽になった。

便利なのが、コードレスで使えるところ。場所を選ばずに使えるほか、使用中も自由に動けるので、飲み物を取りに行ったりできて、行動が制限されないのがいい。エアポンプは静音式で動作音が気にならず、「ながら使い」もOKだ。

画像: コードレス利用時の電源は単3形電池、左右各2本(充電池を推奨)。ACアダプター(付属)でも使用できる。どちらでも、変わらないパワーでマッサージが可能だ。

コードレス利用時の電源は単3形電池、左右各2本(充電池を推奨)。ACアダプター(付属)でも使用できる。どちらでも、変わらないパワーでマッサージが可能だ。


ボーズ
BOSE Sleepbuds Ⅱ

●実売価格例/3万3000円

周囲の音をマスキングして、安眠できる環境を整えてくれる

画像: ●電源/ニッケル水素(イヤープラグ)、リチウムイオン(充電ケース) ●充電時間/約6時間(イヤープラグ)、約3時間(充電ケース) ●サイズ(イヤーチップ)/幅27.9㎜×高さ24.9㎜×奥行き12.7㎜ ●重量(イヤーチップ)/2.27g ●サイズ(充電ケース)/幅76.9㎜×高さ27.4㎜×奥行き76.9㎜

●電源/ニッケル水素(イヤープラグ)、リチウムイオン(充電ケース)
●充電時間/約6時間(イヤープラグ)、約3時間(充電ケース)
●サイズ(イヤーチップ)/幅27.9㎜×高さ24.9㎜×奥行き12.7㎜
●重量(イヤーチップ)/2.27g
●サイズ(充電ケース)/幅76.9㎜×高さ27.4㎜×奥行き76.9㎜

アプリから流れてくる特殊サウンドで、家族のいびきや屋外の騒音などを効果的にマスキング。安眠できる環境を整えるデバイスが、Sleepbuds Ⅱ(スリープバッズ ツー)だ。

画像: Sleepbuds Ⅱ

Sleepbuds Ⅱ

画像: ケース内で磁石がイヤピースをカチッとホールドして、確実に充電する。フル充電で最長10時間使用が可能。

ケース内で磁石がイヤピースをカチッとホールドして、確実に充電する。フル充電で最長10時間使用が可能。

完全ワイヤレス&耳にフィットする形状で、横向きでも枕に当たらず、寝返りをうっても外れにくいのが特徴。

画像: 寝相を変えても外れにくい形状のイヤピース。特殊コーティングで、枕による摩擦ノイズも解消している。

寝相を変えても外れにくい形状のイヤピース。特殊コーティングで、枕による摩擦ノイズも解消している。

コンパクトながら最長10時間、サウンドを再生し、一晩中ぐっすり眠ることができる。
アラーム機能付きで、寝過ごす心配もなし。自分だけに聞こえるので、周りの人を起こす心配もないので、気遣いなく使える。

画像: ノイズマスキングサウンドは、雨や風、たき火などをモチーフにした自然音。アプリ上に約40曲、用意される。

ノイズマスキングサウンドは、雨や風、たき火などをモチーフにした自然音。アプリ上に約40曲、用意される。

まとめ

ペットのようなロボット、健康をアシストするグッズなど、これで心も体も元気になれる!

効率的で便利なアイテムは素晴らしいが、一方で、特に何かができるわけではないけれど、かわいくておもしろい存在も同じくらい大切だと、今回改めて感じた。

気持ちのゆとりや豊かさには、不思議な力がある。実際、ペットロボットを導入した会社では、従業員どうしの接点が増え、生産性が上がったという。スマートスピーカーなども、有機的かつ情緒的なものが増えていくと楽しいだろう。

※価格は記事作成時のものです。

取材・執筆/諏訪圭伊子(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.