車でショッピングモールなどに買い物に行った際は、広い駐車場のどこに自分の車を駐めたかを忘れてしまう心配がある。そんなときは、駐車するときに「駐車場所として設定」機能を使い、Googleマップに駐車位置を保存しておこう。

広大な駐車場で自分のクルマの駐車位置を保存する

車でショッピングモールなどに買い物に行った際は、広い駐車場のどこに自分の車を駐めたかを忘れてしまう心配がある。そんなときは、駐車するときに「駐車場所として設定」機能を使い、Googleマップに駐車位置を保存しておこう。

操作は、自分の現在位置を示す青いアイコンをタップし、「駐車場所として設定」を選択するだけ。保存した位置には「P」アイコンが表示され、タップすると、現在位置から車までの経路を確認できる。似たような車がたくさんあるときでも、迷わずに済む。

■現在地を駐車場所として設定

駐車したらアプリを開き、現在位置を示す青いアイコンをタップ。「駐車場所として設定」を選択する。

画像1: 広大な駐車場で自分のクルマの駐車位置を保存する

指定した場所に「P」アイコンが表示され、駐車位置が一目で確認できる。

画像2: 広大な駐車場で自分のクルマの駐車位置を保存する

■駐車位置までの経路を検索

「P」をタップすると、徒歩での所要時間を確認できる。道案内をしてほしいときは「経路」をタップ。「クリア」でアイコンを削除可能。

画像3: 広大な駐車場で自分のクルマの駐車位置を保存する

現在位置から駐車位置までの経路が表示された。

画像4: 広大な駐車場で自分のクルマの駐車位置を保存する

また、iOS端末の場合は、ブルートゥース機能のあるカーナビやオーディオとペアリングすると、駐車位置が自動で保存される。

■解説/今西絢美 (ライター)山﨑理香子(ライター)

This article is a sponsored article by
''.