毛足の長いじゅうたんやラグなどが多い家庭では、パワフルなモーターを搭載していて吸引力の高いキャニスター型のほうが向いている。

掃除 疑問と悩み
スティッククリーナーが大人気らしいけど、家中の掃除に使える? キャニスター型はもう不要?

毛足の長いじゅうたんやラグなどが多い家庭では、パワフルなモーターを搭載していて吸引力の高いキャニスター型のほうが向いています。ただし、フローリングが中心の家庭であれば、コードレススティック掃除機でも十分に家中を掃除できます。

コードレススティック掃除機の魅力は、いちいちコンセントにコードを差すことなく、いつでも手軽に掃除できることです。数時間の充電で、機種によっては20分程度から1時間程度の連続掃除が可能。充電台が付属するモデルなら、必要なときにサッと取り出して掃除できるため、連続掃除時間が長くなくても問題ありません。複数のバッテリーが付属し、長く掃除できるモデルなどもあります。

最近ではパワフルモーターに大容量バッテリーを搭載するモデルや、吸引力はそこそこながらも軽くて取り回しのしやすいモデルなど種類も多く、用途に合わせて選びやすくなっています。数多くのアタッチメントが付属するモデルなら、布団や家具の上なども含めて家中を掃除できるのが魅力です。

パナソニック「MC-SBU640K-T」

画像: 高電圧かつ大容量のリチウムイオン電池を採用し、安定したハイパワーを実現。最長約90分の長時間使用が可能。延長管部分を外してハンディクリーナーとしても使える。

高電圧かつ大容量のリチウムイオン電池を採用し、安定したハイパワーを実現。最長約90分の長時間使用が可能。延長管部分を外してハンディクリーナーとしても使える。

■解説/安蔵靖志(家電・ITジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.