今回はオリジナルLINEスタンプの作り方について解説します。手作りスタンプが作成できるアプリ「LINEスタンプメーカー」では、自分のペットやお気に入りの写真を使ったスタンプや、オリジナルのイラスト・文字を入れたスタンプを簡単に作成することができます。手作りのLINEスタンプは、自分の愛用スタンプとして使うのはもちろん、プレゼントにもぴったりです!ここではLINEスタンプの作り方や販売審査の方法について説明していきます。

LINEスタンプの販売申請を行う

LINEスタンプが完成したら、販売申請を行います。販売申請を行わないとLINEスタンプとして使用することができません。販売をしない場合でも申請をする必要があります。

画像: 販売をしない場合でも販売申請が必要。

販売をしない場合でも販売申請が必要。

画面下の「販売申請」(8個以上作成した時点で押せるようになる)をタップしたら、

・表示名やメールアドレスなどの基本情報の記入

・販売するスタンプの個数を決める

・メインのスタンプを1つ決める

以上のことを、表示に沿って行ってください。

そして最後に、販売情報を入力します。

中でも重要な設定は、プライベート設定、売上分配設定、LINEプレミアム設定の3つです。プライベート設定では、「ショップ公開」と「ショップ非公開」を選ぶことができ、公開にするとLINEのスタンプストアに表示されます。

「ショップ非公開」の設定にしてもストアに並ばないだけなので、自分がトークで使った自作スタンプを友達がタップして、購入画面に進むこともできます。

続いて売上分配設定です。「有料ダウンロード:分配金あり」にすると、スタンプが誰かに売れた際に分配金を受け取ることができます。しかし、作った本人もお金を払って自作スタンプをダウンロードする必要があります。

一方「無料ダウンロード:分配金なし」を選択すると、売れた際に分配金を受け取ることはできませんが、自作スタンプを自分だけ無料でダウンロードできます。

身内や友達の間だけで手作りスタンプを楽しみたい場合は、「無料ダウンロード:分配金なし」の設定にしましょう。

画像: 「無料ダウンロード:分配金なし」の設定に。

「無料ダウンロード:分配金なし」の設定に。

最後の設定が「LINEスタンプ プレミアム」です。LINEスタンプ プレミアムは、LINEスタンプが無制限で使える有料サービスです。「参加する」を選ぶと、サービスを使っている人が自由に自分の手作りスタンプを使えるようになります。

スタンプを公にしたくない場合は、「参加しない」の設定にしましょう。

画像: スタンプを公にしたくない場合は、「参加しない」の設定に。

スタンプを公にしたくない場合は、「参加しない」の設定に。

販売申請はここまでです!

申請が完了すると、公式LINE「LINE Creators Market」から、審査のリクエストに関するメッセージが届きます。

画像: 販売申請が完了しました。

販売申請が完了しました。

このメッセージが届けば、販売申請の完了です。

申請が通ったら使用可能

1日~1週間後にスタンプ審査が完了します!

LINE Creators Marketからのメッセージで「スタンプの審査の完了」と「販売の開始」の連絡が届きます。これで審査完了です!手作りスタンプのダウンロードができるようになります。

画像: 「スタンプの審査の完了」と「販売の開始」の連絡が届く。

「スタンプの審査の完了」と「販売の開始」の連絡が届く。

ぜひ手作りスタンプを愛用してください!

まとめ

今回は、LINEスタンプの作り方を紹介しました。LINEスタンプメーカーを使えば、とても簡単にオリジナルLINEスタンプを作ることができます。自分だけの特別なスタンプとして使うのはもちろん、家族や友達へのちょっとしたプレゼントにもぴったりです。ぜひ試してみてください。

This article is a sponsored article by
''.