Webライター歴5年目にしてやっと出会えた、文章作成のサポートツール「MOJI-KA(モジカ)」の、おすすめポイントと便利さをご紹介します。文章のこまかいミスをチェックしてくれるアプリやツールがあったら文章作成がもっとラクになるのに……と思っていたら、ありました。その名も「MOJI-KA」。MOJI-KAはライターでなくても、ディレクター業や会社員、学生さんにもおすすめの文章作成サポートツールです。

おすすめ理由③
文法表現のチェック

MOJI-KAはWebライターの厳しいチェッカーです。校閲ボタンをクリックすると、レギュレーションミス以外にも、こまかい文法表現や漢字表現のミスを指摘してくれます。

画像: 細かいケアレスミスも見逃さずにキャッチしてくれます

細かいケアレスミスも見逃さずにキャッチしてくれます

リアルのチェッカーにお任せしたかのような精度で、ベテラン・初心者どちらのWebライターにも嬉しい機能です。

おすすめ理由④
読み上げ機能で誤字脱字チェック

MOJI-KAには作成した文章の読み上げ機能がついています。目視だけでは気づけないミスも、音声にすることでおかしな部分に気づけます。

読み上げのスピードの調整や、男性・女性ボイスの選択も可能です。

これまで文章作成後は隅々までくまなく読み返していた作業をなくし、音声チェックに切り替えてから、見落としもなくなりました。

おすすめ理由⑤
ポモドーロタイマーで字速チェック

画像: 便利なタイマー機能も付随しています。

便利なタイマー機能も付随しています。

MOJI-KAにはライターが集中力を途切れさせないように、ポモドーロタイマーがついています。

ポモドーロとは、25分作業と5分休憩を繰り返したもの。人間の集中力が持続しやすい時間の区切りだとされています。

これまで、ポモドーロタイマーはわざわざ別のアプリを起動させていましたが、MOJI-KAは記事作成と一緒になっているため手間が減らせます。また、ポモドーロタイマーを起動すると、同時に字速も測れる仕様です。

画像: 字速も測れちゃいます

字速も測れちゃいます

Webライターにおける字速は、とても大切。たとえば、1記事5,000円の記事を5時間かけて制作するのと2時間で作り上げるのとでは、お金を稼ぐうえでの効率性に差が出ます。

自分がどのくらいのスピードで文章を作れるのかを知っておくと、仕事を請け負う際、1時間でどのくらい稼げるのかがわかります。

おすすめ理由⑥
機能に無駄がない

ひそかに嬉しいのが、MOJI-KAには無駄な機能がない、という点です。たいていのソフトやサービスには、「これはあっても使わない」というツールが紛れ込んでいます。しかしMOJI-KAに搭載されているツールは、すべてWebライターにとって嬉しいものばかり。

ごちゃごちゃと余計なものがなく、必要なものを必要な分だけ搭載しているため、すっきりと使いやすいです。

画像: 機能が簡潔で、わかりやすいです

機能が簡潔で、わかりやすいです

おすすめ理由⑦
あちこちにやる気アップ要素

クスリと笑ってしまう機能が、「チャリーン」と鳴る機能です。「売り上げ通知機能」という名前ですが、何文字書けたら音が鳴るかを設定できます。設定した金額ぶん文章を書けたら、小銭の音が聞こえてくる仕様です。「お、〇〇円稼げたんだな」と実感ができるため、やる気アップにつながります。

また「作業部屋モード」という機能があり、こちらをONにしておくと、現在MOJI-KAを使っているユーザー同士の挙動がぼんやりとわかります。挙動といっても誰かが文章作成を終えたことがわかる程度のものですが、どこかで誰かが今同じようにがんばっている、と思えます。顔も知らない誰かに、不思議と親近感が湧いてしまう機能です。

おすすめ理由⑧
管理者のレスポンスが早い

MOJI-KAの管理者自身もWebライターです。Webライターはレスポンスの速さが命。管理人に問い合わせをすると、スピーディーに返事をくれます。欲しい機能を問い合わせると、ほとんどの対応を前向きに検討し、実行に移してくれるのも嬉しいポイントです。

MOJI-KAは学生・社会人・学校や園の先生も使えるツール

MOJI-KAはWebライターのためだけのツールではありません。文章作成に携わるすべての人に、おすすめできます。

たとえば、Webライターから送られてきた文章を校正チェックするディレクター業の人。オフィスでプレゼン用の文章作成をしなくてはいけないビジネスパーソン、論文を作らなくてはならない学生。学校や保育園でおたよりを作る先生にもおすすめです。

パソコンで文章を作る機会のある人なら、文章作成の手間を大きく減らせます。

無料でも使える範囲は豊富

MOJI-KAはサブスクサービスですが、無料でも使用可能です。無料でも使える範囲は広いため、不便さを感じることは少ないでしょう。有料サービスの月額は980円ですが、1週間は無料でお試しもできます。まずは無料で使ってみて、もう少し使えるサービスの幅を広めたいと思ったら有料に切り替えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

日常の中で文章作成に少しでも携わる人は、MOJI-KAの活用をおすすめします。きれいな文章が書けるのをサポートしてくれるのはもちろん、知らなかった・気づかなかった文章のミスも指摘してくれます。Webライターなら稼げた金額もおしらせしてくれるため、文章作成がまるでゲームのように思えて、今までよりも楽しくなるはず。ぜひ、まずは無料で試してみて、その便利さを実感してみてください。

This article is a sponsored article by
''.