健康志向が高まるなか、京都・祇園で行列の絶えない米料亭「八代目儀兵衛」が、プレミアム玄米を使った新商品「ひめいなり」を開発。テイクアウト専門店「玄米 京都ぎへえ」の1号店が7月15日、京都駅地下ポルタにオープンします。発売に先駆けて開催された試食会に参加して、その美味しさとこだわり、開発秘話を取材しました。

「究極の銀シャリ」を提供する米料亭

八代目儀兵衛は、江戸寛政に京都の地にて創業。200年以上にわたり、米卸商として祇園の料亭やホテル、飲食店を中心に、厳選したお米を提供してきました。2009年10月、「美味しいお米を多くの人に食べて欲しい」という想いから、京都・祇園に米料亭を初めて開業。オリジナルの土鍋釜「Bamboo!!(バンブー)」を使い、職人が最高の状態で炊き上げた「究極の銀シャリ」は、お米本来の甘さが口の中に広がると評判を呼びました。2013年10月には東京・銀座店に2号店をオープンし、ともに行列の絶えない人気店として、数多くのメディアにも注目されています。

画像: 佐賀有田の窯元と3年以上の歳月をかけて開発した土鍋釜「Bamboo!!(バンブー)」。

佐賀有田の窯元と3年以上の歳月をかけて開発した土鍋釜「Bamboo!!(バンブー)」。

画像: 京都・祇園店は八坂神社の目の前に立地。夜は月替わりで「米ざんまいコース」を提供しています。

京都・祇園店は八坂神社の目の前に立地。夜は月替わりで「米ざんまいコース」を提供しています。

栄養価の高い玄米で作ったいなりずし

近年、特に若い女性を中心に「白米は太る」というイメージが浸透。糖質制限ダイエットや炭水化物抜きなどの偏った食生活による米離れが深刻化しています。八代目儀兵衛では、そんな人たちにもカロリーや糖質を気にせず、お米の美味しさを味わってほしいと考え、3年前から玄米を使った商品開発をスタート。噛むほどに甘みを感じ、栄養価の高いプレミアム玄米「金のいぶき」に、国産の雑穀8種をブレンドして炊き上げ、ミニサイズの酢飯を京風おあげに包んだ「ひめいなり」を完成させました。7月15日(木)にテイクアウト専門店「玄米 京都ぎへえ」の1号店を京都駅前地下街ポルタにオープンし、店内で作りたてを提供。今後は東京をはじめ、全国に出店する予定です。
▼玄米 京都ぎへえ(公式サイト)

画像: ひめいなり詰め合わせは8個入り1000円(税込)。 hachidaime.com

ひめいなり詰め合わせは8個入り1000円(税込)。

hachidaime.com
画像: 京都発のテイクアウト新業態「玄米 京都ぎへえ」が京都駅地下にオープン。 hachidaime.com

京都発のテイクアウト新業態「玄米 京都ぎへえ」が京都駅地下にオープン。

hachidaime.com

健康食「ひめいなり」のココに注目

プレミアム玄米「金のいぶき」を使った「ひめいなり」は、健康的で美味しい新しい食のスタイルを提案。おしゃれなパッケージは、手土産にもおすすめです。その魅力を詳しく紹介します。

栄養価が高い玄米に8種の雑穀をブレンド

「ひめいなり」で使う玄米は、八代目儀兵衛が主催する「お米コンテスト」で最優秀賞を受賞した「金のいぶき」。滋賀県の若井農園がつくっています。噛むほどに甘みが感じられ、「これが玄米!?」と思うほど。「玄米はヌカ臭い」というイメージが一掃されます。

栄養価が高いのも特長です。白米と比べると、食物繊維は8倍、ビタミンEは26倍、GABAは5倍。一般的な玄米と比べても、多種多様な栄養素がバランスよく豊富に含まれています。

画像: 一般的な玄米と比べても「金のいぶき」は栄養成分が多いのが特長です。 (玄米 京都ぎへえの資料より)

一般的な玄米と比べても「金のいぶき」は栄養成分が多いのが特長です。

(玄米 京都ぎへえの資料より)

さらに国内産の8種の雑穀をブレンドすることで、香ばしさや甘さ、食感がさらにアップ。この相乗効果で冷めても硬くならず、翌朝でも美味しくいただけます。

画像: 黒米、緑米、米粒麦、丸麦、もち麦、はだか麦、たかさび、ひきわり小豆の8種類をブレンド。 hachidaime.com

黒米、緑米、米粒麦、丸麦、もち麦、はだか麦、たかさび、ひきわり小豆の8種類をブレンド。

hachidaime.com

濃厚な出汁で炊いた「おあげ」は甘さ控えめ

京風のきめ細かないなり揚げを使用。うるめ、いわし、サバ、宗田節、かつおの5種類をブレンドしたお出汁を使い、砂糖は35%カット。通常の約3倍の出汁の量で炊いたおあげは、酢飯やそれぞれの具材を引き立てる上品な味わいが特長です。

画像: ミニサイズの「ひめいなり」。口の中に入れた瞬間、京風の優しいお出汁の味わいが広がります。

ミニサイズの「ひめいなり」。口の中に入れた瞬間、京風の優しいお出汁の味わいが広がります。

しば漬けやおじゃこなどの京都の味が全6種類

おいなりさんの味わいは、京都ならではの厳選素材を使った6種類。どれから食べようか迷ってしまいそう。

画像: ひめいなりは6種類の味わい。 hachidaime.com

ひめいなりは6種類の味わい。

hachidaime.com

【ごま】
希少な国産ごまの産地として有名な山口県萩市の塩ごまに、煎りごまの香ばしさをブレンド。玄米と雑穀にごまの風味とプチプチ食感が加わり、クセになる美味しさです。

【しば漬け】
しば漬けは京都を代表する漬物のひとつ。酸味が強く、食感がしっかりとした名店・ニシダやさんのしば漬けは、玄米いなりとの相性抜群です。

【わさび】
シャキシャキした食感と、鼻にツーンとくる茎ワサビに、香り高い大葉を組み合わせたインパクトのある爽快な味わい。

【おじゃこ】
八代目儀兵衛に代々伝わるちりめん山椒は、市販品よりも優しい味づけ。大きめの実山椒が、ピリッと味を引き締めてくれる大人の風味です。

【ゆず】
マリネ風に漬け込んだ国産柚子と生姜のすっきりした味が特徴。食べる前から、ふんわりと香る柚子の風味がたまりません。

【牛しぐれ】
国産牛の旨みとおあげの出汁が、口の中にジュワッと広がります。食べ応えのあるおいなりさんは、男性にも好まれそう。酢と牛肉の組み合わせが新感覚です。

雅なパッケージは手土産にも最適

「ひめいなり」は、1個18gの“ひめ”サイズ。これは、一般的なおいなりさんの半分以下です。自分自身や家族の健康のために、朝食や昼食、間食に取り入れるのにピッタリな一口サイズです。

また、十二単の姫君が描かれたバッケージは、古式ゆかしい世界観を演出。箱を開けると色とりどりの透明フィルムに包まれた「ひめいなり」が愛らしく並んでいます。このフィルムは手を汚さずに食べられるように工夫されているので、差し入れや手土産にもおすすめ。健康食「ひめいなり」は、お子さんから若い女性、高齢者まで幅広い年代の方に喜ばれるはずです。

画像: 姫君が持つ扇と「ひめいなり」の透明フィルムには、八代目儀兵衛の家紋が入っています。 hachidaime.com

姫君が持つ扇と「ひめいなり」の透明フィルムには、八代目儀兵衛の家紋が入っています。

hachidaime.com
画像: 先端2か所をつまんで引っ張ると、斜めにフィルムが切れるので手が汚れません。

先端2か所をつまんで引っ張ると、斜めにフィルムが切れるので手が汚れません。

商品&お店情報

「ひめいなり」について

■セット販売
ひめいなり詰め合わせ(8個入り)1000円(税込) 
※箱・手提げ袋付き
■単品販売
ごま、ゆず 各110円(税込)
しば漬け、わさび、おじゃこ 各130円(税込)
牛しぐれ 150円(税込)
※好きな組み合わせを4個から購入可能

「玄米 京都ぎへえ」京都ポルタ店について 

■住所 〒600-8216京都市下京区東塩小路町 京都駅前地下街ポルタ 
■電話 075-365-8181
■営業時間 10:00~20:30(年中無休)※ビルの定休日に準じて変更あり
■アクセス JR・地下鉄京都駅北改札口に直結 
■URL https://hachidaime.com/business/himeinari/

This article is a sponsored article by
''.