4度目の緊急事態宣言中でも相変わらず電車は混雑しており、辟易している人も多いのではないだろうか。7月14日(水)より、東京メトロは「東京メトロmy!アプリ」で出勤時の密を避けたい人にとって便利な機能「号車ごとのリアルタイム混雑状況」を追加した。現在は、丸の内線、銀座線のみの配信だが、2021年度内を目処にそれ以外の線でも実施される予定だという。

号車ごとの混雑状況がわかる!

改札や列車の混雑状況は過去データから推計

東京は7月12日から4度目の緊急事態宣言がスタートしている。
コロナ禍において東京都はテレワークを推奨しているが、テレワークができる環境であるにもかかわらず、出社してる人も多いような気がする。もちろん、出社しなければならない業務の人や、テレワークが完全に定着した会社もあるだろうが、4度目の緊急事態宣言中でも相変わらず電車は混雑しており、辟易している人も多いのではないだろうか。

列車や改札口のある程度の混雑状況については、これまでも「東京メトロmy!アプリ」や「東京メトロ公式HP」、地図アプリの経路検索等で確認することができた。それは、改札利用者数の実績データから時間帯ごと(30分単位)の混雑状況を推計したものなのだそう。(https://www.tokyometro.jp/info/207971.html)

画像: 改札の混雑状況は、過去の実績データから推計したもの。

改札の混雑状況は、過去の実績データから推計したもの。

カメラとAIでリアルタイムに算出

本日7月14日(水)より、東京メトロは「号車ごとのリアルタイム混雑状況」を確認できるサービスを「東京メトロmy!アプリ」で提供している。※鉄道業界初!デプスカメラと人工知能(AI)を用いた列車混雑計測システム概要

画像1: カメラとAIでリアルタイムに算出

列車混雑計測システムとは、デプスカメラをホーム端に設置し、駅を出発する列車内の混雑状況を撮影し、撮影された映像からエッジサーバで深度情報をテキストデータ化しクラウドサーバへ送信。そのクラウド上で、機械学習した人工知能(AI)により分析・解析させることで、駅を発車してから数秒で、列車内の混雑状況を号車ごとに算出するというもの。

画像2: カメラとAIでリアルタイムに算出

今のところ配信されているのは、銀座線と丸ノ内線だが、2021年度内を目途に全線のリアルタイム混雑状況の配信を目指すそうだ。
※丸ノ内線中野坂上~方南町駅間の折返し列車等一部列車はリアルタイム混雑配信に対応していない

画像: リアルタイムで号車ごとの混雑状況がわかる。

リアルタイムで号車ごとの混雑状況がわかる。

東京メトロmy!アプリ

画像1: 東京メトロmy!アプリ

東京メトロmy!アプリでは、混雑状況だけでなく、列車走行位置や経路検索、運行情報も確認できる。メトロに乗る人は入れておいて損はないだろう。すでに本アプリを利用している人は、リアルタイム混雑状況を利用するためには、必ず本日(7/14)以降のアップデートをしておきたい。

画像2: 東京メトロmy!アプリ

利用料金

無料(通信料はユーザー負担)

対応OS

・iPhone : iOS 12.0以降
・Android: Android OS  6.0以降

利用方法(インストール方法)

①初めて「東京メトロmy!アプリ」を利用
アプリ特設サイトより、インストールページへ移動
※App StoreやGoogle Playで「東京メトロmy」と検索でも可能

②すでに「東京メトロmy!アプリ」を利用
2021年7月14日(水)以降にアップデートが必要

まとめ

このコロナ禍で、私たちは「密」を避けることが当たり前となった。おそらく、この先ワクチン接種が進んでもこの密回避の生活は定着する。ポストコロナでは、天気アプリや地図アプリを確認するのと同様、電車アプリで混雑状況を確認することが当たり前になってくるのだろう。丸の内線、銀座線ユーザーはぜひ活用してほしい。

This article is a sponsored article by
''.