ここでは、エレコムのWi-Fi中継機「WTC-C1167GC」を紹介する。本機は、法的に求められた帯域のみを使う「離れ家モード」を搭載。庭や離れなどで、屋外や一度屋外に出た電波のWi-Fiを使う場合は2.4Gヘルツ帯を利用するか、本機のような製品を介するなど一工夫が必要だ。

通信
自宅に設置してあるWi-Fiを庭で使うのは違法って本当?

電波法では、Wi-Fiに使われる5Gヘルツ帯の電波の一部は使用範囲が屋内に限定されており、その電波帯のWi-Fiを庭や、庭を通過して「離れ」などで使用すると違法となってしまいます。屋外に分類される駅のホームなどで利用できる公共Wi-Fiで、5Gヘルツ帯が使われていないのは、この法律のためです。

庭や離れなどで、屋外や一度屋外に出た電波のWi-Fiを使う場合は2.4Gヘルツ帯を利用するか、エレコム中継機「WTC-C1167GC」シリーズのように、屋外利用できる電波を自動選択する「離れ家モード」を搭載した製品を介するなど、一工夫する必要があります。

エレコム
Wi-Fi中継機
WTC-C1167GC

法的に求められた帯域のみを使う「離れ家モード」を搭載。

画像: 通信 自宅に設置してあるWi-Fiを庭で使うのは違法って本当?

◆解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.