「見せる収納」として活用していたリビングのクローゼットを、DIYでさらに使いやすくアレンジしてみました。その結果、収納スペースとしてはもちろん、スタンディングデスクとしても活用できる便利でおしゃれな棚が完成!作業工程や材料といった完成までの工程についてご紹介します。

完成!

タイルを埋め込むための溝を彫刻刀で整えたら、タイルに接着材をオン。溝に埋め込んで、天板部分が完成です。

ちょっとゴシックな装いで、かわいらしい出来栄え♪

後ろの木目模様の壁紙ともよく合っているように思えます。

画像: 天板部分が完成しました!

天板部分が完成しました!

不要になったチェストの引き出しをセットしてみると…

夫のクローゼットのリメイク計画は、どうやらまだこれでは終わりではない様子。

収納方法は、棚にそのままものを置くのかと思いきや……

画像: チェストを引っ張り出して・・

チェストを引っ張り出して・・

これまでこのクローゼット内で使用していた、微妙なサイズ感のチェストを引っ張り出し……

引き出しをセット!

画像: 引き出しをセット!

引き出しをセット!

これなら、チェストの引き出しに入れていたものを移動する必要なく、このまま使用できます。引き出しと棚のサイズもぴったりで、カラフルな見た目が天板部分のゴシックなタイルとマッチ。

ただし棚に対して引き出しの数が足りていないため、今後は同サイズで引き出し部分のみDIYが必要になります。

画像: こちらはシューズラックとして再利用予定です

こちらはシューズラックとして再利用予定です

引き出し部分がからっぽになったこちらのチェストは、シューズラックとして再利用予定です。完成したら、再び記事にしたいと思います。

スタンディングデスクとしても使用可能

DIYしたクローゼット内収納は、床から天板までの高さを90センチほどに設計しているため、スタンディングデスクとしても使える仕様です。

画像: スタンディングデスクとしても使えます

スタンディングデスクとしても使えます

Webライティングの仕事で丸1日座って過ごす筆者には、嬉しいアイデア!明るさを設定できるランプも置いたため、夜家族が寝静まったあともこっそり仕事ができます。ずっと欲しいと思っていた「ミニ書斎」が思わぬ形で実現して嬉しい限りです。

まとめ

リビングのクローゼットは扉を開けられるように家具の配置を考えなくてはならなかったり、来客時には開けるのに抵抗があったりと、使いやすいようで使いにくい存在ではないでしょうか。

リビングのクローゼットに使い勝手の悪さを感じたら、思い切って「見せる収納」に切り替えてみるのも1つの方法です。ぜひ、DIYで自分好みのクローゼットを仕上げてみてくださいね。

This article is a sponsored article by
''.