若い世代を中心に絶大な人気を誇る「TikTok(ティックトック)」。一体どのようなサービスか気になりますよね。そこで本記事では、TikTokヘビーユーザーの私が詳細をわかりやすく解説します。YouTubeやInstagramとの違い、なぜここまで人気になったのかなど、TikTokに関する疑問が解決するはずです。ぜひ参考にしてください。

TikTokとは

TikTokとは、15秒程度の動画を作成・投稿できるSNSのことです。2017年に日本でもサービスを開始し、現在はYouTubeやInstagramと比較されるまで成長しました。リリース当初は若者を中心に広まりましたが、現在は幅広い年齢層の方が利用しています。

画像: 【TikTokとは】今一番人気のSNS!YouTubeやInstagramとの違いを初心者向けに解説

TikTok ティックトック

AppStoreからダウンロード Google Play で手に入れよう

何が違う?TikTokと他のSNSを比較

日本で勢いのあるSNSといえば「YouTube」と「Instagram」です。それぞれの特徴をまとめた表は以下の通り。

【各SNSの特徴】

特徴
YouTube・5~10分程度の動画が多い
・エンタメから教育までジャンルが幅広い
・自分で動画を検索する
Instagram・画像コンテンツ
・ファッションや美容、プライベート中心
・最適化されたおすすめ画像が表示される
TikTok・15秒~1分程度の動画が多い
・エンタメ系中心
・自動でおすすめ動画が表示される

YouTubeやInstagramとTikTokは何が違うのかチェックしていきましょう。

YouTubeとの違い

画像: YouTubeとの違い

TikTokとYouTubeの異なる点は大きく分けて以下の通り。

【TikTokとYouTubeの違い】

  • 1本の動画の長さ
  • 動画の検索方法
  • 動画アップロードのやり方

1本あたり10分以上の動画が多いYouTubeに対して、TikTokの動画の長さは15秒~1分程度です。動画のジャンルもTikTokはエンタメ系が多く、ちょっとした空き時間で楽しめるようにできています。

またYouTubeで動画を視聴する場合、多くの方が検索機能を利用するはずです。しかし、TikTokではスマホ画面をスワイプするだけで次々とおすすめ動画が流れてきます。

動画のアップロードに関してもTikTokは非常に手軽です。アプリで撮影した動画にエフェクトや曲を設定するだけで誰でも投稿できます。専用ツールで動画編集が必要なYouTubeと大きく異なるでしょう。

実は似ているInstagram

画像: 実は似ているInstagram

一見すると畑の違うSNSに感じられるInstagramとTikTokですが、実はかなり似ています。具体的には以下の通りです。

【TikTokとInstagramの類似点】

  • 個人アカウントが多い
  • AIによるおすすめ機能
  • 投稿したコンテンツが一覧で表示される

InstagramとTikTokには個人アカウントが多く、コミュニケーション目的のSNSとして機能しています。検索せずともコンテンツがおすすめ表示される点、ハッシュタグを活用する点など類似点がかなり多いです。TikTokのイメージが湧きにくいという方は、Instagramの動画版と認識すればいいでしょう。

TikTokが人気の理由は?

TikTokの最大の魅力は「手軽に動画を楽しめる」という点です。従来の動画サービスでは長尺(10分以上)のコンテンツが主流でしたが、TikTokは動画1本あたり15秒~1分程度に抑えられています。AIを活用したおすすめ機能も搭載されており、利用すればするほど自分好みの動画と出会いやすくなる点もポイントです。

また、TikTokには流行った動画を真似して投稿するといった文化があります。同じ音楽、同じ踊りを大勢の人が楽しむことでムーブメントとなり、いつの間にかTIkTokにハマっているという仕組みです。

ハイレベルな加工機能

画像: ハイレベルな加工機能

TikTokにはハイレベル加工機能が搭載されており、誰でも美男美女になることができます。実際に加工のすごさを検証した動画では、BeforeとAfterがあまりにも別人なので多くのユーザーに衝撃を与えました。つまりTikTokには、人間誰しもが抱えている承認欲求を満たしてくれるサービスという側面もあります。

次世代のインフルエンサーが生まれている

画像: 次世代のインフルエンサーが生まれている

TikTokで人気のある方々を「TikToker」と呼び、若い世代を中心に絶大な影響力を誇っています。知名度を利用して企業の広告活動を行ったり、自信のファッションブランドを立ち上げたり、その姿は次世代のインフルエンサーといえるでしょう。

ビジネスへの活用例も

また企業の公式アカウントも徐々に増えてきています。ただ単に情報を伝えるのではなく、社員がダンスを踊ったり、商品ができる過程を動画にしたり、エンタメ性に富んでいるのが特徴です。今後はさらにビジネス色が強くなっていくと予想されます。

TikTokアカウントの作成方法

TikTokの始め方は非常にシンプルです。具体的な流れは以下の通り。

【アカウント作成方法】

  1. TikTokをインストール
  2. 登録方法を選択
  3. 必要情報を入力
  4. 完了

登録方法は様々な種類が用意されており、メールアドレスや電話番号はもちろん、LINEやTwitter、Apple IDなども可能です。

画像: TikTokアカウントの作成方法

ご自身の好きな方法でTikTokアカウントを作成しましょう。

アカウントなしでも動画を視聴できる

TikTokはアカウントを作成しなくても動画を視聴できます。「メールアドレスを入力したくない」「個人情報が漏れるか心配」という方は、ログインせずにそのままTikTokをお楽しみください。ただ、動画をアップロードする際はTikTokアカウントが必要なので覚えておきましょう。

まとめ

今回は最近はやりの「TikTok」について解説しました。YouTubeと同じようなサービスと誤解されがちですが、どちらかというとInstagramに近い内容になっています。簡単に始められて手軽に楽しめるので、ちょっとしたスキマ時間におすすめです。

This article is a sponsored article by
''.