今回は、動画配信系のサブスクの中でも「アニメ」に特化した人気のサービス、「dアニメストア」の魅力や使い方、オススメの配信作品などを取り上げます。NetflixやPrime Videoに始まった動画観放題サービスの勢いは留まるところを知らず、テレビから完全移行した方も多いのではないでしょうか。その中でも、アニメ好きにはたまらないアニメ特化型のサブスクである「dアニメストア」の魅力をご紹介します。

dアニメストアで視聴できるコアなオススメ作品

スムーズに登録でき、幅広いデバイスに対応した国内最大級のアニメ専門チャンネル「dアニメストア」で配信中の作品から、ライターおすすめの作品をご紹介します。アニメ専門サービスならではの、コアな名作に絞ってピックアップしました。利用開始の参考にしてみてください。

GAINAX~TRIGGERファンなら必見の短編!「宇宙パトロールルル子」(2016)

「ふしぎの海のナディア」「新世紀エヴァンゲリオン」「天元突破グレンラガン」などの名作を多数輩出したスタジオといえばGAINAXですが、その製作陣が独立して2011年に立ち上げたアニメ制作会社が、TRIGGERです。同社は設立以来「キルラキル」「プロメア」「SSSS.GRIDMAN」などのヒット作を多数手がけていますが、中でもGAINAXからTRIGGERに連なる「らしさ」が存分に発揮されている作品が、「宇宙パトロールルル子」です。

この作品は、TRIGGER設立5周年記念作品として、2016年に制作・放映されたショートアニメ。自社タイトルのセルフパロディやオマージュなどが随所に取り入れられた、SFコメディとして仕上げられています。5分枠という短さを逆手に取り、情報量満載の予測不可能な展開、非常にクオリティの高い作画などが楽しめる隠れた名作です。しかし、dアニメストア以外で見放題対象としているのは、hulu・U-NEXT・バンダイチャンネルといったサービスに限られます。dアニメストアは、他社と比べて月額利用料が格段に安いので、ぜひ一度チェックしてください。

子供向けとは思えない作画クオリティ!「カードキャプターさくら」(1998-9)

NHKの子供向けアニメといえば、「カードキャプターさくら」シリーズを思い出す方も多いのではないでしょうか?ベストセラー漫画を原作としたTVシリーズですが、作画など技術面のクオリティが高く、特に光の着彩などには目を見張るものがある名作です。

この年代のアニメ作品は、セル画によるアナログ作画からデジタル環境へと移行する最後の時期になります。セルアニメの集大成とすら言える美しい映像が、色褪せない魅力をたたえています(中野や秋葉原の中古ショップでは、同作のセル画が数十万円ものプレミア価格で店頭に並ぶことも……)。

ストーリーも、子供はもちろん大人までしっかりと楽しめる内容に仕上がっており、心が疲れている方にオススメしたい作品です。

Netflixなどでも視聴することができますが、dアニメストアでは当時と同じ4:3のアスペクト比で高画質な映像を楽しめます。やはりセルアニメと言えば4:3にこだわりたいところなので、マニアの方はぜひdアニメストアでの視聴をご検討ください。

知る人ぞ知るカルトなOVA作品「エイリアン9」(2001)

「エイリアン9」は、2001年にOVAとしてリリースされた全4話からなるSFアニメです。原作となった漫画は、ポップにデフォルメされた絵柄とハードでシリアスなストーリーの対比が、00年代頃に話題を集めた作家・富沢ひとしによるもの。村上隆「スーパーフラット」など、各所で取り上げられ当時大きな話題を呼びました。

エイリアンが襲来する世界の小学校を舞台に、「エイリアン対策係」に任命された3人の少女たちの活躍や葛藤などを描いた作品です。キュートなキャラクターデザインとグロテスクなエイリアンの対比や、「セカイ系」の一種とも言えるシリアスな世界観は、一見の価値ありです。

いわゆる「鬱展開」とも言えるストーリーに分類されるSFであるため、人を選ぶ作品ではあるものの、その突出した個性的な内容やクオリティの高い作画などからカルトな人気を集めています。

また、劇伴音楽は「世にも奇妙な物語」のテーマなどを手がけた蓜島邦明によるもので、BGMに関しても高い評価が寄せられています。サウンドトラックも含め、国内外から一定の評価を獲得している稀有な作品と言えるでしょう。

まとめ

筆者も日常的に活用しているアニメ専門の動画サブスクリプションサービス「dアニメストア」について、メリットや登録方法、コアなおすすめ作品などを中心にご紹介しました。破格のコストパフォーマンスから、アニメ好きはもちろん、Netflixなどを機にアニメに興味を持ち始めた方にもおすすめしたいサービスです。有名ではないものの熱狂的な支持を受けるマニアックな作品や、懐かしのアニメもカバーしているため、利用すれば必ずお気に入りの作品に出会えるでしょう。

This article is a sponsored article by
''.