注目の高まる動画コンテンツ。自分でも動画編集に挑戦してみたいと考えている方も多いのではないでしょうか? 動画編集ソフトは複雑で難易度が高いという印象があるかもしれませんが、ワンダーシェアーソフトウェアの「Filmora(フィモーラ)」なら、初心者でも簡単に使いこなすことができます。Filmoraを使った動画編集の手順と、Filmoraのメリット、FilmoraXからFilmora11へのアップデートのしかた、Filmora11の新機能についてご紹介します。

Filmoraで動画編集をはじめるには?

Filmora(フィモーラ)は、初心者でも手軽に使える動画編集ソフト。まずは基本的な操作手順をご紹介します。

プロジェクト作成が直感的にできる

編集する動画は「プロジェクト」と呼ばれます。起動直後の画面で「新しいプロジェクト」を選ぶとプロジェクト画面が開くので、左上のエリアに「元となる動画ファイル」を追加していきます。この際、ファイルはドラッグ&ドロップで追加できるので、初めてでも直感的に操作を進めることができます。

画像: パソコンに保存している動画ファイルをドラッグ&ドロップで簡単に追加できる

パソコンに保存している動画ファイルをドラッグ&ドロップで簡単に追加できる

続いて、画面下部の「タイムライン」と呼ばれるエリアに動画をドラッグ&ドロップしましょう。これが実際に編集する動画の元となります。

画像: 画面下部の「タイムライン」が実際の動画編集の作業スペースとなる

画面下部の「タイムライン」が実際の動画編集の作業スペースとなる

動画を分割する

撮影した動画に不要な部分がある場合は、その部分で動画をカットして、不要なところだけを削除します。タイムラインに表示された赤い線をカットしたい場所に移動させ、ハサミのマークをクリックすることでカットが可能。

分割した動画のそれぞれのパーツは、「クリップ」と呼ばれます。不要なクリップを削除する場合は、そのクリップが選択した状態でゴミ箱アイコンをクリックしましょう。

画像: 不要な部分をカットしたクリップをつなぎ合わせて動画を完成させていく

不要な部分をカットしたクリップをつなぎ合わせて動画を完成させていく

同様に、他のファイルもタイムラインにドラッグ&ドロップして不要部分をカット。クリップをつなぎ合わせて1本の動画にしていきます。

背景音を消してBGMを追加する

撮影した動画に入っている背景音が不要な場合は、クリップを選択した状態でメニューの「オーディオ」→「オーディオを分離する」をクリック。すると、映像とオーディオのクリップを別々に選択できるようになるので、オーディオのクリップだけを選んで削除します。

画像: 「オーディオを分離する」の操作をすると、オーディオのクリップだけを選択できるようになる

「オーディオを分離する」の操作をすると、オーディオのクリップだけを選択できるようになる

さらに、ここにBGMなどの別のオーディオを追加することもできます。画面上部の「オーディオ」タブから、あらかじめ用意されたBGMを選んで追加することが可能。カテゴリ別に分類されているので、動画のイメージに合うものを選びましょう。

画像: さまざまなBGMがあらかじめ用意されている

さまざまなBGMがあらかじめ用意されている

字幕や効果の追加方法

続いて、動画にタイトルや字幕などの文字を追加したり、各種の効果を追加したりしていきます。

タイトルと字幕を入れる

タイトルなどの文字は、「タイトル」タブから追加できます。使いたいデザインを選んだ後、表示される入力エリアに文字を入力していくだけでOK。色やサイズを変えたり、文字の表示位置を動かしたりも簡単です。同様の手順で字幕の追加も可能。表示する長さはタイムラインで調整できます。

画像: タイトルや字幕を入れることで、本格的な動画に仕上げることができる

タイトルや字幕を入れることで、本格的な動画に仕上げることができる

トランジションを追加する

トランジションとは、クリップが切り替わるタイミングに加える効果のこと。2つのクリップ間の切り替えがスムーズにする効果があり、動画全体を自然な仕上がりにできます。

「トランジション」タブから使いたいものを選び、追加したいクリップの境目にドラッグ&ドロップします。選択したクリップにトランジションをまとめて適用できる機能も用意されているので、クリップ数の多い動画でも効率的に作業できます。

画像: 画面の切り替えをスムーズにするトランジションの種類も豊富

画面の切り替えをスムーズにするトランジションの種類も豊富

エフェクトを追加する

さらに、特定の箇所にフィルターのような効果を加えたり、絵や文字の入ったフレームをつけたりできる「エフェクト」機能も用意されています。エフェクトを選んで、適用したいクリップにドラッグ&ドロップするだけで簡単に使うことができます。

画像: エフェクトを使えば映像のイメージを簡単に変えることができる

エフェクトを使えば映像のイメージを簡単に変えることができる

編集した動画のエクスポート方法

編集が完了したら、一般的な動画ファイルの形式で動画を書き出す「エクスポート」の作業を行います。Filmoraなら、パソコン本体にエクスポートするだけでなく、直接YouTubeに投稿することも可能です。

直接YouTubeに投稿する

編集した動画をそのままYouTubeに投稿したい場合は、「エクスポート」ボタンから書き出し先に「YouTube」を選択します。

初めて使う場合は、YouTubeにログインして、タイトルや説明、公開範囲などを設定して「エクスポート」ボタンをクリックすれば、書き出しとアップロードが開始されます。

画像: 完成した動画をすぐにYouTubeで公開することが可能

完成した動画をすぐにYouTubeで公開することが可能

パソコンへの保存も簡単

パソコン本体に動画を保存したい場合は「ローカル」を選びます。ファイルの品質や解像度、フレームレートといった設定も項目を選ぶだけで簡単に行えるので、動画ファイルについての知識があまりないという場合も安心です。また、エクスポート完了時に「通知オン」を鳴らす設定も用意されています。

▼公式サイトで詳細を見てみる

Filmoraのここがすごい!

ここまで、基本的な動画編集の流れを解説しましたが、改めてFilmoraの優れている点についてご紹介したいと思います。

知識がなくても使いやすい親切な画面表示

初心者にとって、動画編集の専門用語はハードルが高いものです。Filmoraの場合、「見れば理解できる」工夫がなされているので、知識がなくても直感的に操作できるのが魅力。

たとえば、トランジションの選択画面には「動きの方向」が矢印で示されているので、適用したときに、画面がどのように切り替わるのかをすぐにイメージできます。

画像: 名称だけではイメージしづらいトランジションの動きが可視化されている

名称だけではイメージしづらいトランジションの動きが可視化されている

また、タブやメニューの項目名も、「タイトル」「エフェクト」「エクスポート」などシンプルでわかりやすい表記になっているので、初めて動画編集ソフトを使う人でも戸惑うことなく作業を進められそうです。

YouTube投稿時の作業効率をアップできる

また、先にご紹介したとおり、完成した動画を直接YouTubeにアップロードすることができるので、動画の編集から公開までの作業をスムーズに進められる点も魅力です。一旦パソコンにエクスポートした後、YouTubeの管理画面にログインしてアップロード作業を行う場合に比べて、作業効率を大きく向上させることができます。

画像: YouTubeへのアップロードが完了すると、URLが表示される

YouTubeへのアップロードが完了すると、URLが表示される

価格がリーズナブル

しかも、Filmoraは価格がとても手頃なのが嬉しいところ。新しいバージョンへの自動更新が可能な「1年間プラン」は年額6,980円、一度購入すればずっと使える「永続ライセンス」は8,980円となっています。

また、無料版でも有料版と同じ機能をすべて使うことが可能です。ただし、無料版で作成した動画にはウォーターマーク(電子透かし)が入るので、ウォーターマークなしで使いたい場合は、有料版へ切り替えましょう。無料版から有料版への切り替えは、画面内の「購入」ボタンから簡単に行えます。

▼公式サイトで詳細を見てみる

Filmoraなら高度な編集もラクラクできる

初心者に優しい、使い勝手の良さが魅力のFilmoraですが、高度な編集作業もしっかり行えます。操作もシンプルで直感的なので、人の目を引くインパクトのある動画も簡単に作ることができますよ。

分割表示は一覧からエフェクトを選ぶだけ

1つの画面を分割して、別々に撮影した複数の動画を同時に表示する「分割表示」は、分割の種類を一覧から選んだ後、それぞれの枠に表示する動画をドラッグ&ドロップで追加するだけで作成できます。

複数の人物を同時に表示したり、同じ場所で撮影した風景の全景とクローズアップを出すなどの演出を加えたいときに役立ちます。

画像: 映画のような演出を簡単に行える

映画のような演出を簡単に行える

動く被写体に自動でモザイクをかけることも可能

「モーショントラッキング」は、動く被写体に文字や画像、モザイクなどを重ね、被写体が移動しても自動追跡できる機能です。

たとえば、モザイクを追加する場合なら、最初に動画内の追跡したい部分を選んで追跡可能な状態にした後、モザイクを追加。モザイクのタイプやぼかし具合いを選択するだけで完了します。

画像: モザイクのほかに、字幕やイラストを追跡させることも可能

モザイクのほかに、字幕やイラストを追跡させることも可能

キーフレームで地味なシーンを大胆に演出

動きの少ないシーンに演出を加えたいときは、「キーフレーム」が便利です。まず、クリップを右クリックして「アニメーションを追加」を選びましょう。

クリップ内の2か所以上の任意のポイントをキーフレームとして指定した後、それぞれのキーフレームに加えたい効果を設定します。たとえば、1つ目のキーフレームは標準のままで、2つ目のキーフレームに拡大の効果を加えれば、カメラがズームしたような演出を加えることができます。

画像: 2つ目のキーフレームで「スケール」の倍率を上げることで、小さく写っている被写体をクローズアップできる

2つ目のキーフレームで「スケール」の倍率を上げることで、小さく写っている被写体をクローズアップできる

Filmora11へのアップデートと新機能紹介

2022年2月には、最新バージョンの「Filmora11」がリリースされました。過去バージョンのFilmoraからのアップデート方法と、Filmora11で追加された新機能についてご紹介します。

FilmoraXからFilmora11にアップデートする方法

FilmoraXなど、過去のバージョンのFilmoraを所有している場合は、追加料金なしでアップデートを行えます。まずは、Filmora公式サイトの「無料ダウンロード」から、Filmora11をダウンロードしましょう。

続いて、それまで使っていた古いバージョンのFilmoraをパソコンからアンインストールします。その後、Filmora11を開けば、過去のプロジェクトファイルを開いて編集したり、新しいプロジェクトを作成したりできます。

Filmora11の新機能でできること

Filmora11の新機能「スピードランプ」は、再生スピードを調整することで、部分的にスローモーションのようにするなどの効果を加えることができる機能です。これにより、決定的瞬間だけをスロー再生して強調するなど、映画のような演出を行うことができます。

画像: 画面の折れ線グラフのような表示が再生速度。部分的に速度を落とすなどの演出ができる

画面の折れ線グラフのような表示が再生速度。部分的に速度を落とすなどの演出ができる

また、「マスク」は、さまざまな形状に切り抜いた動画を、別の動画に重ねた映像を作ることができる機能。マスクの位置やサイズ、ぼかしの強度を変えることもでき、動画にユニークな効果を加えることが可能です。

画像: マスクの形状とマスクする部分を選ぶだけで簡単に使うことができる

マスクの形状とマスクする部分を選ぶだけで簡単に使うことができる

そして、「オートモンタージュ」では、動画とオーディオクリップを自動的に組み合わせたり、ビートを分析して動画エフェクトを追加したりすることで、音楽に合わせて変化する視覚効果を簡単に作成できます。

このほかに、イントロやエンドスクリーンなどのプリセットテンプレートをタイムラインにドラッグ&ドロップし、必要に応じてクリップを置き換えることで動画を作成できる「テンプレートプリセット」、Vlog、ビジネス、旅行など、カテゴリ別に用意されたテンプレートを利用して動画を作成できる「インスタントモード」など、動画作成をよりスムーズにするための機能も用意されています。

画像: ※オートモンタージュ、インスタントモード、テンプレートプリセット、クリエイターアカデミーはWindowsのみ

※オートモンタージュ、インスタントモード、テンプレートプリセット、クリエイターアカデミーはWindowsのみ

また、UnsplashやGiphy、Pixabayといった共有コミュニティサイトのロイヤリティフリーの写真や動画を検索できる「ストックメディア」も追加されました。アプリ内から必要な素材をすばやく探せるので、作業時間の効率化に役立ちます。さらに、プロジェクトドキュメントやエクスポートした動画を保管し、複数のデバイス間での編集を用意にする「Wondershare Drive」や、プロのような動画を作成できる有料のエフェクトプラグイン「OpenFX プラグイン」、Filmoraのチュートリアルや動画編集テクニックなどを共有する「クリエイターアカデミー」も利用可能になりました。

これらの新機能を活用することで、よりスムーズにクオリティの高い動画作成を行えるようになります。クラウド上にファイルを保存できる「Wondershare Drive」をはじめとした多彩な新機能が追加されています。

まとめ

Filmoraは、シンプルで直感的に操作できる、初心者に優しい動画編集ソフト。動画編集に初めてチャレンジするという人でも、スムーズに作業を進められるはずです。

価格が手頃で、すべての機能を試すことのできる無料プランも用意されているので、これから動画編集にチャレンジしてみたいという方にはおすすめのソフトです。

▼公式サイトで詳細を見てみる

文◆酒井麻里子(ITライター)
スマホ、PC、ガジェットなどのデジタル製品レビューや、アプリ・サービスの解説記事などを執筆。Twitter(@sakaicat)では、デジタル関連の気になる話題や、ちょっと役立つ小ネタを発信。

This article is a sponsored article by
''.