腰痛を根本的に解消するには「痛みが発生するメカニズム」を理解し、腰の構造を改善することが不可欠です。そのために最も重視すべきなのが、腰周りの筋肉のバランスを整えること。つまり、サボリ筋をピンポイントで刺激することなのです。腰痛には「腰が反るタイプ」と「腰が丸くなるタイプ」があります。それぞれのタイプ向け「サボリ筋」コンディショニングについて、著者で理学療法士の笹川大瑛さんに解説していただきました。

腰が丸くなるタイプ向け 多裂筋・腹横筋コンディショニング

腰・股関節を後ろ側で支える「多裂筋」「腹横筋」を働かせ、腰痛・お尻の張り・脚のしびれも一掃する!

*写真は左側を刺激する場合

①床に横向きに寝て、手のひらを上に向ける

体の左側を上にして、胸を張りながら横になり、両脚のひざを軽く曲げる。左腕は前方に伸ばし、手のひらを上に向ける。

画像: ①床に横向きに寝て、手のひらを上に向ける

②上半身を持ち上げる

下半身の位置・左手のひらの向きは動かさずに、脇と骨盤を縮めるイメージで上半身をできるだけグッと真上に持ち上げ、その状態を10秒間キープする。
左右を入れ替え、反対側でも同様に行う。

画像: ②上半身を持ち上げる

お腹の側面・腰周りから背骨にかけて

腹横筋はお腹の左右を広く覆うようにあり、多裂筋は背骨の後ろ側にある。
この範囲に意識して力を入れること。

画像: ▼お腹の側面・腰周りから背骨にかけて

▼NG こうなると正しく力が入らない!

画像: ▼NG こうなると正しく力が入らない!

胸を張って背すじを伸ばして行わないと、多裂筋と腹横筋は刺激できない。
目線はひざや下に向けず、真っ直ぐ前を見ること。

◇◇◇◇◇

なお、本稿は書籍『腰の痛みが10秒で解消!サボリ筋コンディショニング 体操やストレッチより効果絶大!』(KADOKAWA)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。腰から股関節を支えている筋肉の中には、これまで繰り返してきた動作や姿勢のクセ、加齢などの影響から「働きづらくなる筋肉」が存在します。それは、ひとことでいえば働いていない=サボっている筋肉。つまり「サボリ筋」なのです。こうした腰周りのサボリ筋こそが、腰痛をはじめとした腰トラブルの根源になっています。「サボリ筋コンディショニング」は、このような腰周りの筋肉の「アンバランスな状態」を瞬時に解消し、「理想的・健康的な腰の状態」に整える方法です。本書は、そのメソッドを簡潔な文章と写真を使って、わかりやすく説明しています。

画像: 〈腰の痛み・しびれに効果〉サボリ筋コンディショニング 腰が反るタイプ・腰が丸くなるタイプ向けに解説
腰の痛みが10秒で解消!サボリ筋コンディショニング 体操やストレッチより効果絶大!
¥1,540
2022-07-28 9:07


This article is a sponsored article by
''.