現在、レンズ交換式カメラの主流は、一眼レフからミラーレスカメラへ移行しています。光学ファインダーとそこに映像を導く反射鏡(ミラー)がなく、一眼レフよりも小型軽量化が可能になっています。また、レリーズ時の可動部分が少ないため、故障の発生を減らせるばかりでなく、静音や無音の撮影も可能……。ミラーレスカメラにはそういったメリットがあり、ミドルクラスやハイエンドクラスの製品も続々登場しています。そんな高性能なミラーレスカメラの中から、カメラ中級者や上級者にお薦めしたい4製品を選んでみたいと思います。
(※各社の機種ラインナップや参考価格は、原稿執筆時のものです)

ニコン Z 9

画像: www.nikon-image.com
www.nikon-image.com

電子シャッターの可能性を追求した、次世代フラッグシップモデル

ニコンの最先端技術を結集させて、静止画・動画ともに"ニコン史上最高の機能・性能"を目指して開発。それが、Zシリーズ初のフラッグシップモデルとなる「Z 9」です。

新開発の有効4571万画素・積層型CMOSセンサーと、画像処理エンジン「EXPEED 7」により、ニコン史上最強のAF性能を実現。また、世界最多となる9種類の被写体(人物、犬、猫、鳥、自転車、バイク、車、列車、飛行機)の検出にも対応しています。

機構上の特筆すべき点に挙げられるのが、従来のメカニカルシャッターを廃止した"シャッターの完全電子化"という仕様です。これにより、シャッター機構の耐久性を気にすることなく大量の撮影が可能となり、レリーズ時の機械的な作動音や振動からも解放されます。

そして、RAW形式での記録も可能な約20コマ/秒の高速連続撮影や、JPEG形式で約30コマ/秒や約120コマ/秒の連続撮影が可能な「ハイスピードフレームキャプチャ+」も実現しています(いずれもAF/AE追従。約120コマ/秒の記録画素数は約1100万画素に固定)。また、従来モデル「Z 7Ⅱ」比、約12倍の高速読み出しにより、ローリングシャッター歪み(※)も極限まで抑制されています。

他にも、従来の見え方を超える新技術ファインダー「Real-Live Viewfinder」の搭載。8K UHD/30pで世界最長約125分の動画を、本体内のメモリーカードに記録可能。センサーのダスト対策に、ダブルコートやセンサーシールドを採用。こういった、ハイアマチュアやプロに訴求できる機能・仕様を備えた"ニコンの次世代フラッグシップ"です。

(※)ローリングシャッター歪み:画像の上から下に向かってラインでスキャンしながら記録する方式のローリングシャッター。その際、スキャン速度より被写体の動きの方が速いと、不自然に歪んで記録されてしまう。一般的に、この歪みはメカニカルシャッターより電子シャッターの方が目立ちやすい。

画像: 同一画像を表示する従来のブラックアウトフリー撮影とは異なり、実際の被写体の動きを常にそのまま表示する「Real-Live Viewfinder」を世界初搭載。だから、高速連写時でも、決定的瞬間を確認しながら撮影できる。 www.nikon-image.com

同一画像を表示する従来のブラックアウトフリー撮影とは異なり、実際の被写体の動きを常にそのまま表示する「Real-Live Viewfinder」を世界初搭載。だから、高速連写時でも、決定的瞬間を確認しながら撮影できる。

www.nikon-image.com
画像: デジタル一眼レフのフラッグシップモデル「D6」などでも高評価を得ていた「ボタンイルミネーション」の機能を継承。この機能により、夜景や星空の撮影などでも、設定や画像確認に必要なボタンが容易に見つけられる。 www.nikon-image.com

デジタル一眼レフのフラッグシップモデル「D6」などでも高評価を得ていた「ボタンイルミネーション」の機能を継承。この機能により、夜景や星空の撮影などでも、設定や画像確認に必要なボタンが容易に見つけられる。

www.nikon-image.com

ニコン「 Z 9」のおすすめポイント

●ニコン史上最強のAF性能と超高速撮影の機能を搭載
●APS-C設定やトリミング時でも高画素が得られる、4571万画素センサーを採用
●世界初「Real-Live Viewfinder」の搭載など、プロ機に相応しい仕様

SPECS
Nikon Z 9

●レンズマウント:ニコンZマウント
●撮像センサー/有効画素数:35mm判フルサイズ CMOSセンサー/4571万画素
●記録媒体:CFexpress(Type B)、XQD
●ファインダー倍率/視野率:約0.8倍/約100%
●モニター:チルト式、3.2型/約210万ドット
●ISO感度(拡張含む):32相当~102400
●手ブレ補正:センサーシフト式5軸(レンズとのシンクロVR時の補正段数 最大6.0段)
●動画撮影:8K UHD(7680×4320)など
●連続撮影速度:約20コマ/秒(高速連続撮影)など
●内蔵フラッシュ:-
●寸法(幅×高×奥)/質量:約149×149.5×90.5mm/約1340g(バッテリーとSDカード含む)
●発売年月:2021年12月
●参考価格(大手量販店):69万8500円(ボディ単体)

ソニー α7 IV

画像: www.sony.jp
www.sony.jp

センサー高画素化やAF性能の進化など“魅力的な次世代ベーシックモデル

ソニーα7シリーズは、35ミリ判フルサイズミラーレスカメラの先駆けであり、そのカテゴリーの普及と発展に貢献してきました。

中でも、2018年3月に発売された「α7 III」は、ベーシックモデルでありながら、広範囲・高密度・高速・高精度なAF性能を備え、AF/AE追従「最高約10コマ/秒」という高速連写も実現。そういった優れた仕様や機能により"フルサイズミラーレスの新基準"として評価され、ロングセラーモデルになりました。

2021年12月に発売された「α7 IV」は、そのα7 IIIの後継機であり、α7シリーズの4代目ベーシックモデルです。有効約3300万画素の新開発センサーと、フラッグシップモデルα1譲りの画像処理エンジンを採用。それにより、画質やAF性能などがさらに向上しています。高画素化と低ノイズのバランスを保ちながら、色再現や質感描写も向上。そして、人物と動物の「リアルタイム瞳AF」は検出精度が向上され、α1と同様に「リアルタイム瞳AF」で鳥の瞳の検出にも対応。こういった進化を遂げているのです。

また、高速連写の速度は「約10コマ/秒」と変わりませんが、記録媒体はSDXC/SDHCメモリーカード(UHS-I/UHS-II)に加えて、CFexpress Type Aメモリーカードにも対応(2スロット中の1スロット)。その優れた高速書き込み性能により"データ書き込み待ち"のストレスを感じずに、大量の高速連続撮影が可能になります。

多くのベーシックモデル(各センサーサイズ)には、2000万画素や2400万画のセンサーが採用されています。ですが、本製品のセンサー画素数はワンランク上です。それだけでも、おきて破り感がありますが、前述のように全体的にもレベルアップ。"次世代のベーシックモデル"として、非常に魅力的なカメラに仕上がっています。

画像: 2つのメディアスロットのうち、上のスロット(スロット1)は、SDXC/SDHCメモリーカーに加えて、CFexpress Type Aメモリーカードにも対応。また、画質設定とメディア設定の画面のメニュー構成の見直しやイラストの追加などで、より直感的に操作できるよう改善されている。 www.sony.jp

2つのメディアスロットのうち、上のスロット(スロット1)は、SDXC/SDHCメモリーカーに加えて、CFexpress Type Aメモリーカードにも対応。また、画質設定とメディア設定の画面のメニュー構成の見直しやイラストの追加などで、より直感的に操作できるよう改善されている。

www.sony.jp
画像: 電源を切ったときにシャッターを閉じる機能も追加された。これにより、レンズ交換時にゴミやほこりがイメージセンサーに付着する危険性を減らすことができる。 www.sony.jp

電源を切ったときにシャッターを閉じる機能も追加された。これにより、レンズ交換時にゴミやほこりがイメージセンサーに付着する危険性を減らすことができる。

www.sony.jp

ソニー「7 IV」のおすすめポイント

●ベーシックモデルながら、有効約3300万画素の高画素センサーを採用
●新開発センサーとα1譲りの画像処理エンジンで、画質とAF性能がさらに進化
●「静止画/動画/S&Q切り替えダイヤル」の新搭載などで、静止画と動画の操作性を追求

SPECS
SONY α7 IV

●レンズマウント:Eマウント
●撮像センサー/有効画素数:35mm判フルサイズ Exmore R CMOSセンサー/約3300万画素
●記録媒体:CFexpress(Type A)、SD,SDHC(UHS-I/Ⅱ),SDXC(UHS-I/Ⅱ)
●ファインダー倍率/視野率:約0.78倍/100%
●モニター:バリアングル式、3.0型/103.68万ドット
●ISO感度(拡張含む):50~204800
●手ブレ補正:センサーシフト式5軸・補正段数 5.5段
●動画撮影:4K(3840×2160)など
●連続撮影速度:最高約10コマ/秒
●内蔵フラッシュ:-
●寸法(幅×高×奥)/質量:約131.3×96.4×79.8mm/約658g(バッテリーとSDカード含む)
●発売年月:2021年12月
●参考価格(大手量販店):32万8590円(ボディ単体),35万900円(ズームレンズキット)

まとめ

自分の撮影ジャンルや被写体などに応じたモデル選択を

ミドルクラスやハイエンドモデルなど、中・上級者向きのミラーレスカメラでは、先進のAF機能の搭載や、高速連写の性能(速度や連続撮影可能枚数)の高さをアピールする製品が多く見られます。それらの機能・性能が優秀なカメラほど、動きや変化の激しい被写体の"決定的な瞬間"が、確実に捉えることができるからです。

しかし、ミドルクラスやハイエンドモデルに求められるのは、そういった高速性能だけではありません。雨や雪が避けられない悪天候時や極寒の環境下でも、快適かつ確実に操作でき撮影できること。そんな仕様や機能も求められます。そういう意味では、電源オフ時にシャッター幕が閉じられる機能は、搭載していて欲しいですね(EOS R5もこの機能を搭載。電子シャッター方式のZ 9はセンサーシールド機構。オリンパスの製品は、伝統的にゴミやほこりのトラブル対策に定評あり)。

画像: 特選街web/吉森信哉

特選街web/吉森信哉

そして、自分の撮影ジャンルや被写体なども念頭に置く必要があるでしょう。例えば、高画素センサーのモデルが必要なのか?(細密描写の追及や、フルサイズ機をAPS-Cサイズでも使用、など) 予算的にどの程度まで許せるのか? そういった点を考慮しながら、自分に相応しい高性能ミラーレスカメラを選択しましょう。

文/吉森信哉



This article is a sponsored article by
''.