「思いついたアイデア」「会社の帰りに買うもの」「旅行に持っていくもの」など、「忘れないうちにメモっておこう」というのはよくあることだ。そのようなときも、常に持ち歩いているスマホを活用しよう。iPhoneには、Apple純正の「メモアプリ」が最初からインストールされている。単にメモを取るためのアプリだと思っている人もいるだろうが、実はいろいろな機能が備わっているのだ。そこで今回は、メモアプリの基本操作を前編と後編に分けて紹介する。

手書きのメモを作成する

文字を手書きする

メモアプリは、手書きもできる。メモの作成画面の下部にある「ペン」のアイコンをタップすると、下部に「マークアップツールバー」というペンや定規などのアイコンが並んだ画面になる。このアイコンが並んでいるときは、自由に手書きができる。

まず、どのペンで描くかを選択する。一番左が標準の線、左から2番目がマーカー、左から三番目がクレヨンのような線だ。

再度ペンをタップすると線の太さと色の濃淡も変えられる。

色は、右端にある〇をタップして選べる。

画像: 「ペン」をタップ。

「ペン」をタップ。

画像: ペンの種類を選ぶ。もう1度タップすると太さと濃淡を選べる。右端の〇をタップして色を選択する

ペンの種類を選ぶ。もう1度タップすると太さと濃淡を選べる。右端の〇をタップして色を選択する

画像: 画面上をドラッグして自由に手書きができる。

画面上をドラッグして自由に手書きができる。

図形を描く

図形もドラッグで自由に描ける。〇や□などの図形を描くときには、ドラッグして、終点が始点に結びついたときに、しばらく指を画面から離さないようにすると、自動的にきれいな〇や□に修正してくれる。

同様に、三角、矢印、雲、ハート、星、五角形、吹き出しなどもきれいに描ける。

画像: 〇を描いた終点で押しっぱなしにする。

〇を描いた終点で押しっぱなしにする。

画像: きれいな〇を描ける。

きれいな〇を描ける。

定規で線を引く

直線を引く場合も、終点で押しっぱなしにするとまっすぐに引けるのだが、定規も用意されている。下部の「定規」をタップすると表示されるので、ドラッグで移動しよう。二本指で定規をくるくるっと回転させると角度も変えられる。

位置を決めたら、鉛筆で線を引くのと同じように、定規に沿ってドラッグするとまっすぐな線を引けるようになっている。

さらに、画面に罫線や方眼を表示させると描きやすくなる。右上の「三点リーダー」をタップし、「罫線と方眼」をタップする。ノートのような横線や方眼用紙のような線から選ぶことが可能だ。

画像: 定規に沿って線を引ける。二本指で定規を回転できる。

定規に沿って線を引ける。二本指で定規を回転できる。

画像: 方眼があれば線も図形も描きやすい

方眼があれば線も図形も描きやすい

描いた図形を削除する

マークアップツールバーには、ペンと一緒に「消しゴム」も並んでいる。描いた図形を削除したいときは、左から4つめの「消しゴム」をタップし、ドラッグで消すことができる。

図形ごとに削除する場合は、「消しゴム」を2回タップし、「オブジェクト消しゴム」をタップする。消したい図形をタップあるいは少しドラッグすると、すべてをなぞらなくても一発で図形を消すことができる。

画像: 「消しゴム」を2回タップで「オブジェクト消しゴム」をタップすると、図形をほんの少しドラッグする(赤枠のあたり)だけで削除できる。

「消しゴム」を2回タップで「オブジェクト消しゴム」をタップすると、図形をほんの少しドラッグする(赤枠のあたり)だけで削除できる。

描いた図形を移動・コピーする

描いた図形のコピーや移動が可能だ。下部にある「投げ縄ツール」をタップし、必要な部分をドラッグで囲む。少しでもかかっていればその図形が含まれる。

点滅線で囲まれたらドラッグすると移動できる。

コピーする場合は、点滅線で囲まれた状態で、図形をタップするとメニューが表示されるので、「複製」をタップする。「コピー」をタップした場合は、別のメモに「ペースト」して貼り付けることも可能だ。

画像: 「投げ縄ツール」をタップし、図形をドラッグして囲む。

「投げ縄ツール」をタップし、図形をドラッグして囲む。

画像: 点滅線が表示されたらドラッグして移動できる。

点滅線が表示されたらドラッグして移動できる。

画像: 点滅線が表示されている状態でタップし、「複製」をタップするとコピーできる。

点滅線が表示されている状態でタップし、「複製」をタップするとコピーできる。

手書きの領域を広げる

手書きを終了するときは、右上の「完了」をタップすると、文字入力の画面に戻る。再度手書きする場合は、「ペン」のアイコンをタップして、手書きの領域をタップしてから始める。少し使いづらいと思う人は、手書きの領域と文字入力の領域が別になっていると考えるとよい。
また、手書きをして、文字を入力して、また手書きをして、という操作を繰り返してメモを作成していく場合、手書きの領域を広げたい時もあるだろう。

そのようなときは、手書きの領域をタップし、黄色の線の左端を上方向にドラッグすることで広げることができる。

画像: 黄色の線の左端を上方向にドラッグして、手書きの領域を広げる。

黄色の線の左端を上方向にドラッグして、手書きの領域を広げる。

写真に手書きする場合

メモに添付した写真に手書きする場合は、マークアップツールバーの右に「+」があるので、タップすると〇や□、吹き出しを選ぶことができる。

描いた図形の周囲には、青い丸が表示され、ドラッグで好きなサイズを変更できるようになっている。

また、左下のアイコン(●と■が重なっているアイコン)をタップし、「●」をタップすると、色で塗りつぶした〇や□を描くことが可能だ。

画像: 写真の上に手書きする場合は、塗りつぶしの図形も可能。

写真の上に手書きする場合は、塗りつぶしの図形も可能。



This article is a sponsored article by
''.