「思いついたアイデア」「会社の帰りに買うもの」「旅行に持っていくもの」など、「忘れないうちにメモっておこう」というのはよくあることだ。そのようなときも、常に持ち歩いているスマホを活用しよう。iPhoneには、Apple純正の「メモアプリ」が最初からインストールされている。単にメモを取るためのアプリだと思っている人もいるだろうが、実はいろいろな機能が備わっているのだ。そこで今回は、メモアプリの基本操作を前編と後編に分けて紹介する。

項目にチェックできるチェックリストを作成する

チェックリストを作成する

やることリストや買い物リストは、終わった項目にチェックを付けられるようにしておこう。メモの作成画面で、下部の「チェックリスト」のアイコンをタップすると「〇」が表示される。

〇が表示されたら項目を入力し、「改行」キーで次の項目を入力する。項目の入力を終わりにするときは「改行」キーを2回タップすると、通常の入力に戻る。

画像: 「チェックリスト」をタップすると〇が入力されるので1つ目の項目を入力し、キーボードの「改行」キーをタップ。

「チェックリスト」をタップすると〇が入力されるので1つ目の項目を入力し、キーボードの「改行」キーをタップ。

画像: 2つの項目を入力。最後は「改行」キーを2回タップする。

2つの項目を入力。最後は「改行」キーを2回タップする。

〇をタップするとチェックが入るようになっているが、一度にすべてのチェックを入れることも可能だ。チェックボックスのいずれかの項目をタップしてカーソルを置き、再度タップするとメニューが表示されるので、「右向き三角」をタップし、「チェックリスト」をタップして「すべてにチェックを付ける」をタップする。

画像: チェックリストの項目を2回タップし、右向き三角をタップして「チェックリスト」タップ。

チェックリストの項目を2回タップし、右向き三角をタップして「チェックリスト」タップ。

画像: 「すべてにチェックを付ける」がある。

「すべてにチェックを付ける」がある。

チェックリストを並べ変える

チェックリストの項目は、並べ替えることができる。移動したい項目の〇の部分を長押しする。すると文字が浮いた状態になるので、そのままドラッグする。ドラッグを始めると〇の下に黄色の線が表示されるので、正しい位置にあることを確認してから指を離そう。

また、項目を右方向にドラッグすると、階層化することもできる。たとえば、営業部の下に第1営業部、第二営業部、第三営業部を配置するようなときだ。

画像: 〇を長押ししてドラッグする

〇を長押ししてドラッグする

画像: 項目を右にドラッグして階層化することも可能。

項目を右にドラッグして階層化することも可能。

完了した項目を移動させる

デフォルトでは、チェックを付けてもそのままの位置だが、完了してチェックを付けた項目を下部に移動して、未完了の項目を上部に表示させることも可能だ。「設定」アプリを開き、「メモ」をタップする。「チェックした項目を並べ替え」をタップし、「自動」をタップする。

画像: 「設定」アプリの「メモ」で「チェックした項目を並べ替え」をタップし、「自動」にする。

「設定」アプリの「メモ」で「チェックした項目を並べ替え」をタップし、「自動」にする。

画像: チェックした項目が下に移動し未完了が上に来る。

チェックした項目が下に移動し未完了が上に来る。



This article is a sponsored article by
''.