「思いついたアイデア」「会社の帰りに買うもの」「旅行に持っていくもの」など、「忘れないうちにメモっておこう」というのはよくあることだ。そのようなときも、常に持ち歩いているスマホを活用しよう。iPhoneには、Apple純正の「メモアプリ」が最初からインストールされている。単にメモを取るためのアプリだと思っている人もいるだろうが、実はいろいろな機能が備わっているのだ。そこで今回は、メモアプリの基本操作を前編と後編に分けて紹介する。

メモアプリでPDFを作成する

紙の書類をスキャンする

メモアプリでは、紙の書類を撮影してPDFにできる。メモアプリの下部にある「カメラ」アイコンをタップし、「書類をスキャン」をタップしよう。

するとスキャン画面が表示される。右上の「自動」または「手動」をタップして、自動的にスキャンするか、手動でスキャンするかを選択することができる。

「手動」を選択した場合は、書類を写しだしたら、シャッターボタンをタップする。続いて、周囲の〇をドラッグして必要な部分を囲み、「スキャンを保持」をタップする。

スキャン画面に戻り、他のもPDFにしたい書類があればスキャンする。すべてスキャンしたら「保存」をタップしよう。

メモに貼り付けられたら、スキャンした書類をタップする。右上にある「共有」ボタンをタップして「"ファイル"に保存」またはメールやクラウドなどのアプリに送ればPDFとして保存される。

画像: 「カメラ」アイコンをタップし、「書類をスキャン」をタップ。

「カメラ」アイコンをタップし、「書類をスキャン」をタップ。

画像: 右上をタップして「手動」にし、「撮影」アイコンをタップ。

右上をタップして「手動」にし、「撮影」アイコンをタップ。

画像: 周囲の〇をドラッグして読み取る部分を指定し、「スキャンを保持」をタップ。

周囲の〇をドラッグして読み取る部分を指定し、「スキャンを保持」をタップ。

画像: 「保存」をタップ。

「保存」をタップ。

自動にした場合は、カメラを書類に向けると自動的に撮影される。

もし、重複して読み取ったり、予定外のものを読み取ったりした場合は、左下のサムネイルをタップし、不要なファイルをタップし、「ゴミ箱」をタップすると削除できる。

なお、写真と同じく、文字を読むときの妨げになる場合は、長押しして「小さなイメージ」をタップして縮小しておこう。

画像: 「自動」の場合は、撮影アイコンを押さずにスキャンできる。

「自動」の場合は、撮影アイコンを押さずにスキャンできる。

画像: うまく読み取れなかった場合は、「サムネイル」をタップ。

うまく読み取れなかった場合は、「サムネイル」をタップ。

画像: 不要なファイルをタップし、「ゴミ箱」をタップ。

不要なファイルをタップし、「ゴミ箱」をタップ。

画像: メモに貼り付けられたらタップし、右上の「共有」アイコンをタップして、「"ファイル"に保存」またはメールやクラウドに送る。

メモに貼り付けられたらタップし、右上の「共有」アイコンをタップして、「"ファイル"に保存」またはメールやクラウドに送る。

文字を書き込む

スキャンした書類には、文字を書き込むことができる。スキャンした書類をタップし、右上の「共有」アイコンをタップし、「マークアップ」をタップする。すると、下部にマークアップツールバーが表示され、ペンや定規を使って書き込むことができる。

右端の「+」をタップすると、テキストとして文字を入れることも可能。「署名」もあるので、Acrobatを使わずにサインができるのは便利だ。

画像: 読み取った書類をタップ。

読み取った書類をタップ。

画像: 右上の「共有」をタップして、「マークアップ」をタップ。

右上の「共有」をタップして、「マークアップ」をタップ。

画像: 手書きができる。右端の「+」から署名の入力も可能。

手書きができる。右端の「+」から署名の入力も可能。

スキャンした書類を印刷する

スキャンした書類を印刷したいときには、タップして開き、右上の「共有」アイコンをタップして、「プリント」をタップする。使用するプリンタを選択し、用紙サイズや方向(向き)を選択して「プリント」をタップすればよい。

画像: スキャンした書類をタップし、右上の「共有」をタップし、「プリント」をタップ。

スキャンした書類をタップし、右上の「共有」をタップし、「プリント」をタップ。

画像: プリンタが正しいことを確認し、部数や方向を設定して、「プリント」をタップ。

プリンタが正しいことを確認し、部数や方向を設定して、「プリント」をタップ。

まとめ

ここまで、メモアプリの入力方法や書式設定など、基本的な操作方法を説明した。まずはこのあたりをマスターして、次のステップへ進もう。[後編]では、タグやフォルダの使い方、ロックのかけ方などを紹介する。



This article is a sponsored article by
''.