iPhoneには、Apple純正の「メモアプリ」が最初からインストールされている。単にメモを取るためのアプリだと思っている人もいるだろうが、実はいろいろな機能が備わっているのだ。タグ付けや共有などの機能を活用すれば、よりスマホライフが便利になる。前回の記事の続編として、引き続き、メモアプリの基本操作を紹介していく。

メモをフォルダにまとめて管理する

フォルダを作成する

メモが増えてくると、メモリストがいっぱいになるので、同じ種類のメモはフォルダにまとめておこう。

フォルダを作成するには、「フォルダ」リストの画面で、左下にある「フォルダの追加」アイコンをタップし、iCloudまたはiPhoneのどちらに作成するかを選択する。次に「新規フォルダ」をタップして、わかりやすい名前でフォルダ名を入力し、「保存」をタップする

画像: 「フォルダ」リストで左下の「フォルダの追加」アイコンをタップして、作成場所を選択。

「フォルダ」リストで左下の「フォルダの追加」アイコンをタップして、作成場所を選択。

画像: 「新規フォルダ」をタップ。

「新規フォルダ」をタップ。

画像: フォルダの名前を入力し、「保存」をタップ。

フォルダの名前を入力し、「保存」をタップ。

メモを別のフォルダに移動する

メモを別のフォルダに移動することもできる。「メモ」リストでメモを左方向へスワイプし、「フォルダ」アイコンをタップする。そして、移動先のフォルダをタップすると移動する。iPhoneに保存したメモをiCloudに移動することも可能なので、これまでiPhoneに保存しておいたメモを、パソコンで使えるようにしたいときに役立つ。

画像: 「メモ」リストでメモを左方向へスワイプして「フォルダ」アイコンをタップ。

「メモ」リストでメモを左方向へスワイプして「フォルダ」アイコンをタップ。

画像: 移動先を指定する。

移動先を指定する。

一度に複数のメモを移動したい場合は、「メモ」リストで、右上の「三点リーダー」をタップし、「メモを選択」をタップ。移動するメモをタップして選択し、左下の「移動」をタップして移動先のフォルダを指定する。

画像: 「三点リーダー」をタップし、「メモを選択」をタップ。

「三点リーダー」をタップし、「メモを選択」をタップ。

画像: チェックを付けて「移動」をタップして移動先を指定する。

チェックを付けて「移動」をタップして移動先を指定する。

メモの作成画面からフォルダを指定する場合は、右上の「三点リーダー」をタップし、「メモを移動」をタップして移動先を指定すればよい。

画像: メモを開いている状態で「三点リーダー」をタップし、「メモを移動」をタップして移動先を指定できる。

メモを開いている状態で「三点リーダー」をタップし、「メモを移動」をタップして移動先を指定できる。

フォルダを並べ替える

フォルダは自由に並べ替えられる。iPhoneのフォルダをiCloudに移動することも可能だ。

フォルダを移動するには、フォルダをドラッグすればよいのだが、画面のスワイプになったり、強く押し込んでしまったりと上手くいかないことも多い。そこで、コツがあるので説明しよう。

移動したいフォルダを長押しする。するとフォルダの中身が表示されるが、そのまま右あるいは左にドラッグ。すると移動できる状態になるので、移動先へドラッグする。

画像: フォルダを長押しするとメモの中身が表示される。この状態で少し右にドラッグする。

フォルダを長押しするとメモの中身が表示される。この状態で少し右にドラッグする。

画像: 移動先へドラッグする。

移動先へドラッグする。

あるいは、「フォルダ」リスト右上の「編集」をタップする。するとフォルダの右に「三本線」のアイコンが表示される。その「三本線」のアイコンを上または下にドラッグすると順序を入れ替えることができる。先ほどの方法が苦手な人もこれなら確実に移動できるだろう。移動後は、右上の「完了」をタップするのを忘れずに。

画像: 「フォルダ」リストで「編集」をタップ。

「フォルダ」リストで「編集」をタップ。

画像: フォルダの「三本線」をドラッグすると移動できる

フォルダの「三本線」をドラッグすると移動できる

サブフォルダを作成する

フォルダの中にフォルダを入れて階層化し、サブフォルダにすることが可能だ。フォルダをフォルダの上にドラッグすればよいのだが、その際、移動先のフォルダがグレーの状態になったら指を離すようにすると上手くいく。
そして、サブフォルダが入っているフォルダは、「フォルダ」リストの「>」が黄色で表示されるのでわかるようになっている。

画像: 移動先のフォルダがグレーになったら指を離す

移動先のフォルダがグレーになったら指を離す

画像: フォルダを階層化できる。

フォルダを階層化できる。

画像: サブフォルダがあるフォルダは「>」が黄色になっている。

サブフォルダがあるフォルダは「>」が黄色になっている。

フォルダ名を変更する

フォルダの名前を変更するには、フォルダを長押しし、「名称変更」をタップすると変えられる。

画像: フォルダを長押しして、「名称変更」をタップ。

フォルダを長押しして、「名称変更」をタップ。

画像: フォルダ名を入力して「保存」をタップ。

フォルダ名を入力して「保存」をタップ。

フォルダを削除する

要らないフォルダを削除するには、フォルダリストでフォルダを左方向へスワイプし、「ゴミ箱」アイコンをタップする。メモが入っている場合は、メモとサブフォルダが削除されるというメッセージが表示されるので「フォルダを削除」をタップする。フォルダ内のメモはゴミ箱に入るが、フォルダは作り直す必要があるので、本当に削除してよいか確認してから操作しよう。

画像: 左方向へスワイプして「ゴミ箱」をタップ。

左方向へスワイプして「ゴミ箱」をタップ。

スマートフォルダとは

スマートフォルダとは、タグを付けたメモを自動的にフォルダにまとめられる機能だ。たとえば、「スマホ」と「メモアプリ」のタグを付けた「スマホメモアプリ」という名前のスマートフォルダを作成したとする。

次回メモを作成するときに「#スマホ」と「#メモアプリ」を入力したメモは、「スマホメモアプリ」のスマートフォルダに自動的に入るようになっている。

スマートフォルダを作成するには、フォルダリストの左下にある「新規フォルダ」アイコンをタップし、iPhoneまたはiCloudを選択する。

「新規スマートフォルダ」をタップし、スマートフォルダに付ける名前を入力。タグをタップして「完了」をタップ。

以降、指定したすべてのタグが含まれているメモが自動的にスマートフォルダに入る。

なお、スマートフォルダを削除したとしても、中にあったメモは元のフォルダに残っている。

画像: 「フォルダ」リストで、「新規フォルダ」アイコンをタップしてiPhoneまたはiCloudを選択。

「フォルダ」リストで、「新規フォルダ」アイコンをタップしてiPhoneまたはiCloudを選択。

画像: 「新規スマートフォルダ」をタップ。

「新規スマートフォルダ」をタップ。

画像: スマートフォルダに付ける名前を入力し、対象とするタグをタップして「完了」をタップ。

スマートフォルダに付ける名前を入力し、対象とするタグをタップして「完了」をタップ。

画像: スマートフォルダは歯車のアイコンが付く。

スマートフォルダは歯車のアイコンが付く。

フォルダをスマートフォルダに変換する

通常のフォルダをスマートフォルダに変換することもできる。「フォルダ」リストの右上にある「編集」をタップし、スマートフォルダに変換するフォルダの「三点リーダー」をタップし、「スマートフォルダに変換」をタップする。メッセージが表示されるので「変換」をタップ。すると、スマートフォルダの名前のタグがすべてのメモに貼り付けられる。

ただし、共有またはロックされているメモが入っているフォルダ、サブフォルダがあるフォルダはスマートフォルダに変換できない。また、一度スマートフォルダに変換したメモは通常のフォルダに戻せないので気を付けよう。

画像: 「フォルダ」リストで「編集」をタップし、フォルダの「三点リーダー」をタップ。

「フォルダ」リストで「編集」をタップし、フォルダの「三点リーダー」をタップ。

画像: 「スマートフォルダに変換」をタップ。メッセージが表示されたら「変換」をタップ。

「スマートフォルダに変換」をタップ。メッセージが表示されたら「変換」をタップ。

画像: スマートフォルダに変換され、フォルダに入っていたすべてのメモに「#持ち物リスト」というタグが付けられる。

スマートフォルダに変換され、フォルダに入っていたすべてのメモに「#持ち物リスト」というタグが付けられる。



This article is a sponsored article by
''.