iPhoneには、Apple純正の「メモアプリ」が最初からインストールされている。単にメモを取るためのアプリだと思っている人もいるだろうが、実はいろいろな機能が備わっているのだ。タグ付けや共有などの機能を活用すれば、よりスマホライフが便利になる。前回の記事の続編として、引き続き、メモアプリの基本操作を紹介していく。

他の人とメモを共有する

共有の設定をする

メモアプリの特徴の1つに、共有機能がある。たとえば、複数人でアイデアを出し合うときに、自分のメモにアクセスして書き込んでもらうといったことが可能だ。

メモの作成画面で、右上の「三点リーダー」をタップし、「メモを共有」をタップする。続いて「共有オプション」をタップして、メモへの権限について指定する。相手も編集できるようにするには「変更可能」、閲覧だけにする場合は「閲覧のみ」を選択。参加者を追加できるようにする場合は「だれでも人を追加可能」をオンにする。

共有する相手に送る手段として、メールなどを選択して送信する。なお、相手もiPhoneやiPadなどのApple製のデバイスが必要で、Apple 製以外のデバイスではこの機能は使えない。

共有設定をしたメモにはメモリストで共有のマークが付くので区別できる。

なお、フォルダごと共有することも可能だ。フォルダをタップして、右上の「三点リーダー」をタップし、「フォルダを共有」をタップする。「変更可能」の設定がされている参加者は、フォルダの中に新しいメモを作成したり、メモを削除したりができる。

画像: メモの作成画面で、「三点リーダー」をタップし、「メモを共有」をタップ。

メモの作成画面で、「三点リーダー」をタップし、「メモを共有」をタップ。

画像: 「共有オプション」をタップ。

「共有オプション」をタップ。

画像: アクセス権を設定する。

アクセス権を設定する。

画像: メールなどで相手に送る。

メールなどで相手に送る。

画像: 共有したメモには共有マークが付く。

共有したメモには共有マークが付く。

共有を承認する

共有相手は通知が届いたらリンクをタップし、「開く」をタップする。するとメモが開き編集ができる。

画像: リンクをクリックする。

リンクをクリックする。

画像: 「開く」をタップすると、メモが開く。

「開く」をタップすると、メモが開く。

共有相手を追加する

後から共有相手を追加する場合は、メモの右上にある「共有」アイコンをタップし、「共有メモを管理」をタップする。「人を追加」をタップして追加する。

画像: 「共有」をタップし、「共有メモを管理」をタップ。

「共有」をタップし、「共有メモを管理」をタップ。

画像: 「人を追加」をタップして追加する。

「人を追加」をタップして追加する。

メンションを使う

共有したメモでは、メンションが使えるのも便利だ。「@」を入力してキーボードの「確定」をタップすると、下部に共有している相手の名前が表示されるので、タップして相手を指定できる。

相手には通知が届き、該当箇所を表示できるようになっている。

画像: 「@」を入力すると、共有相手をタップする。

「@」を入力すると、共有相手をタップする。

変更履歴を見る

誰がどこを編集したかを知りたいときには、画面を右方向にスワイプする。すると編集箇所が色分けされてひと目でわかるようになっている。

また、「共有」アイコンをタップし、「すべてのアクティビティを表示」をタップすると、いつ誰が共有・参加したかがわかる。

画像: 右方向にスワイプすると、誰がどこを修正したかが色分けされる。

右方向にスワイプすると、誰がどこを修正したかが色分けされる。

画像: 「共有」アイコンから「すべてのアクティビティを表示」で、アクティビティが表示される。

「共有」アイコンから「すべてのアクティビティを表示」で、アクティビティが表示される。

共有を解除する

メモの共有を止めるときは、メモの右上にある「共有」アイコンをタップし、「共有メモを管理」をタップし、「共有を停止」をタップする。

特定の人を解除する場合は、人をタップして「アクセス権を削除」をタップする。

画像: 「共有」アイコンをタップし、「共有メモを管理」をタップ。

「共有」アイコンをタップし、「共有メモを管理」をタップ。

画像: 「共有停止」をタップ。

「共有停止」をタップ。

画像: 特定の共有相手を解除する場合はタップして「アクセス権を削除」をタップ。

特定の共有相手を解除する場合はタップして「アクセス権を削除」をタップ。



This article is a sponsored article by
''.