iPhoneには、Apple純正の「メモアプリ」が最初からインストールされている。単にメモを取るためのアプリだと思っている人もいるだろうが、実はいろいろな機能が備わっているのだ。タグ付けや共有などの機能を活用すれば、よりスマホライフが便利になる。前回の記事の続編として、引き続き、メモアプリの基本操作を紹介していく。

暗証番号など知られては困るメモに鍵をかける

大事なメモにロックをかける方法

メモを開き、右上の「三点リーダー」をタップし、「ロック」をタップする。パスワードを2か所に入力し、パスワードを忘れたときに使用するヒントを入力する。「Face ID」や「Touch ID」を選択すれば生体認証で解除することも可能だ。

設定したら、メモの右上にある「鍵」アイコンをタップしよう。すると鍵がかかったアイコンに変わる。

ただし、タグを入力したメモ、共有設定したメモはロックをかけられない。

画像: 「三点リーダー」をタップし、「ロック」をタップ。

「三点リーダー」をタップし、「ロック」をタップ。

画像: パスワードを入力し「OK」をタップ。

パスワードを入力し「OK」をタップ。

画像: 「鍵」アイコンをタップ。

「鍵」アイコンをタップ。

画像: ロックがかかった。

ロックがかかった。

ロックをかけたメモを開く

ロックをかけたメモを開こうとしてタップすると、「このメモはロックされています。」と表示される。「メモを表示」または上部の「鍵」アイコンをタップすると、パスワード入力画面が表示されるので、設定したパスワードを入力し、「OK」をタップする。

画像: ロックをかけたメモをタップし、「メモを表示」または上部の「鍵」アイコンをタップ。

ロックをかけたメモをタップし、「メモを表示」または上部の「鍵」アイコンをタップ。

画像: パスワードを入力して「OK」をタップすると開ける。

パスワードを入力して「OK」をタップすると開ける。

ロックを解除する

ロックをかけるのを止める場合は、メモの右上にある「三点リーダー」をタップし、「取り除く」をタップする。

画像: ロックを解除するには、メモの「三点リーダー」をタップし、「取り除く」をタップする。

ロックを解除するには、メモの「三点リーダー」をタップし、「取り除く」をタップする。

パスワードを変更する

設定したパスワードは、他のメモをロックするときにも使用する。もしパスワードを変更したいときは、「設定」アプリを開き、「メモ」→「パスワード」をタップする。iCloud、iPhoneどちらのパスワードを変更するか選択し、「パスワードを変更」をタップして、現在のパスワードと新しいパスワードを入力する。

画像: 「設定」アプリを開き、「メモ」→「パスワード」をタップ。

「設定」アプリを開き、「メモ」→「パスワード」をタップ。

画像: 「パスワードを変更」をタップ。

「パスワードを変更」をタップ。

画像: 現在のパスワードと新しいパスワードを入力する。

現在のパスワードと新しいパスワードを入力する。

パスワードを忘れてしまった場合

パスワードを忘れた場合は、「設定」アプリを開き、「メモ」→「パスワード」をタップして、「iCloud」または「iPhone」を選択する。次に、「パスワードをリセット」をタップして、Apple IDのパスワードを入力し、「パスワードをリセット」をタップ。新しいパスワードを入力して「完了」をタップする。

画像: 「設定」アプリの「メモ」→「パスワード」をタップして、「iCloud」か「iPhone」を選択。

「設定」アプリの「メモ」→「パスワード」をタップして、「iCloud」か「iPhone」を選択。

画像: 「iCloud」の場合は「パスワードをリセット」をタップして設定する。

「iCloud」の場合は「パスワードをリセット」をタップして設定する。

画像: パスワードを入力する。

パスワードを入力する。



This article is a sponsored article by
''.