iPhoneには、Apple純正の「メモアプリ」が最初からインストールされている。単にメモを取るためのアプリだと思っている人もいるだろうが、実はいろいろな機能が備わっているのだ。タグ付けや共有などの機能を活用すれば、よりスマホライフが便利になる。前回の記事の続編として、引き続き、メモアプリの基本操作を紹介していく。

メモが消えた?復元方法は?

メモを保存したアカウントを確認する

「メモを見ようとしたら無い!」ということがあるかもしれない。よくあるのが別のアカウントにメモが入っている場合だ。iCloudに入れたつもりが、iPhoneに入っていることがある。すぐに見つかればよいのだが、見つからないときは「検索」ボックスにキーワードを入力して探してみよう。

画像: 「検索」ボックスにキーワードを入力すると抽出できる。

「検索」ボックスにキーワードを入力すると抽出できる。

また、「検索」ボックスをタップしたときに、下部に候補が表示される。チェックリストがあるメモなら「チェックリスト付きメモ」、手書きしたメモなら「描画付きメモ」、PDFや写真を入れたメモなら「添付ファイル付きメモ」など、絞り込んで見つかる可能性がある。

画像: 下部で種類ごとに絞り込むことも可能。

下部で種類ごとに絞り込むことも可能。

最近削除した項目を探す

誤って削除したケースもあるだろう。だが、削除したメモはすぐに消えてしまうのではなく、30日間は「最近削除した項目」に残っているので安心してほしい。それ以上になると完全に削除されるので、万が一誤って削除した場合は早めに「最近削除した項目」から戻しておこう。

ゴミ箱のメモを元に戻すには、メモを左方向にスワイプして「フォルダ」のアイコンをタップする。そして移動先のフォルダをタップする。

なお、一度もメモを削除していない場合は「最近削除した項目」は表示されない。

画像: 「フォルダ」リストで「最近削除した項目」をタップ。

「フォルダ」リストで「最近削除した項目」をタップ。

画像: メモを左にスライドさせて「フォルダ」をタップ。

メモを左にスライドさせて「フォルダ」をタップ。

画像: 移動先のフォルダをタップ。

移動先のフォルダをタップ。

ギャラリー表示にして探す

タグを付けていなかったり、写真だけだったりすると検索しても出てこないので、「メモ」リストで右上の「三点リーダー」をタップし、「ギャラリー表示」にしてみよう。メモの中身が見えるので見つけやすくなる。ただし、ロックをかけているメモは中身を見ることはできない。

画像: 「ギャラリー表示」で見つかることも。

「ギャラリー表示」で見つかることも。

作成日で並び変える

まだ見つからない場合は、並べ替えて探してみよう。「メモ」リストのメモは、デフォルトでは編集日順に表示されているので、だいぶ昔に作成したメモが、編集したことでもっと手前にあったということもある。メモの数が少なければすぐに見つかるだろうが、大量にある場合は探しにくい。そこで、作成日順に並び変えると、いつ頃作成したメモか覚えていれば、見つけやすくなる。

「メモ」リストの右上の「三点リーダー」をタップし、「メモの表示順序」をタップして、「作成日」をタップすると作成順に並べ替えられる。

もし、常に作成日順にしておきたいのなら、「設定」アプリを開き、「メモ」アプリをタップ。「メモの表示順序」をタップし、「作成日」にしておこう。

画像: 「メモ」リストの「三点リーダー」→「メモの表示順序」→「作成日」をタップ。

「メモ」リストの「三点リーダー」→「メモの表示順序」→「作成日」をタップ。

それでもメモが見つからない場合

いくら探しても見つからない場合は、かなり前に削除したのかもしれない。30日~40日間残っているが、それ以上たつと消えてしまう。そのことを忘れずに利用するようにしよう。

また、写真や動画のみのメモは探しづらいので、日ごろからメモにタグ付けする習慣をつけて、いつでも抽出できるようにしておくことだ。



This article is a sponsored article by
''.