iPhoneには、Apple純正の「メモアプリ」が最初からインストールされている。単にメモを取るためのアプリだと思っている人もいるだろうが、実はいろいろな機能が備わっているのだ。タグ付けや共有などの機能を活用すれば、よりスマホライフが便利になる。前回の記事の続編として、引き続き、メモアプリの基本操作を紹介していく。

設定を変えてメモを使いやすくする

メモをピン留めする

頻繁に見るメモや大事なメモは、「メモ」リストの上部に固定させておくとすぐに開くことができる。固定させるには、「メモ」リストにあるメモを右端までスワイプすればよい。

固定表示を解除する場合は、メモを右端へスワイプする。

メモを開いているときも、ピンで固定することも可能だ。右上の三点リーダーをタップし、「ピンで固定」アイコンをタップすればいい。

画像: 固定させたいメモを右端までスワイプする。

固定させたいメモを右端までスワイプする。

画像: 固定表示される。解除するときは右方向へスワイプする。

固定表示される。解除するときは右方向へスワイプする。

画像: メモを開いているときは「三点リーダー」をタップして「ピンで固定」をタップ。

メモを開いているときは「三点リーダー」をタップして「ピンで固定」をタップ。

1行目の文字を小さくする

デフォルトでは、1行目がタイトルの書式になっている。本文から入力することが多い場合は、デフォルトの書式を変えてしまおう。

iPhoneの「設定」アプリを開き、「メモ」をタップする。「新規メモ開始スタイル」をタップして、「本文」をタップする。

画像: 「設定」アプリの「メモ」→「新規メモ開始スタイル」をタップし、「本文」をタップ。

「設定」アプリの「メモ」→「新規メモ開始スタイル」をタップし、「本文」をタップ。

すばやくメモアプリを開く方法

メモアプリを開きたい時にはコントロールセンターに表示させておくと便利だ。コントロールセンターとは、iPhoneの画面右上から左下に向かって斜めにスワイプすると表示される画面のこと。Wi-FiやBluetoothのオンオフなどでおなじみだが、この画面にメモアプリを追加しておけば、ロック画面でもすぐに開ける。

「設定」アプリを開き、「コントロールセンター」をタップして、「メモ」をタップする。

また、「設定」アプリの「メモ」をタップし、「ロック画面からメモにアクセス」をタップした画面で、「常に新規メモを作成」または「最後のメモを再開」を設定すると、ロック画面でメモを作成ができる。

画像: 「設定」アプリの「コントロールセンター」をタップ。

「設定」アプリの「コントロールセンター」をタップ。

画像: 「メモ」をタップ。

「メモ」をタップ。

画像: ロック画面でもメモを作成したい場合は「ロック画面からメモにアクセス」をタップして設定する。

ロック画面でもメモを作成したい場合は「ロック画面からメモにアクセス」をタップして設定する。

まとめ

以上、前編と後編に分けてメモアプリの基本操作を解説した。機能の多さに驚いた人もいるのではないだろうか?ちょっとしたメモを取るときに使うのもよいし、YouTubeやブログに載せる内容をメモアプリに入力してから貼り付けてもよいだろう。タグやフォルダの使い方も、慣れてくれば使いやすいと感じるに違いない。すべてのiPhoneに入っているアプリなので、ぜひ活用してほしい。

なお、次の記事では、メモアプリの便利な使い方を厳選して紹介する。



This article is a sponsored article by
''.