しょうゆは、使う量を最低限にすることがポイント。少ないかな?と思っても、砂糖やみりん、酒などの調味料と組み合わせることで、食材にしみ込やすくなったり、香りがより引き立ちます。たっぷりのしょうゆを加えてしょうゆ味を作るのではなく、しょうゆの香りを最大限に生かした、風味豊かなおかずのレシピについて、著者の飛田和緒さんに解説していただきました。

しょうゆ+砂糖
牛切り落としの甘辛煮

しょうゆと砂糖の基本の味つけですが、牛脂を使うと風味やコクが断然違います。

画像: しょうゆ+砂糖 牛切り落としの甘辛煮

▼[材料]

2〜3人分

牛切り落とし肉 300g
牛脂 ひとかけ ※なければ、油小さじ2
砂糖、しょうゆ 各大さじ1
酒 大さじ2

▼[作り方]

牛肉は常温に戻しておく。フライパンに牛脂を入れて弱めの中火にかけ、10〜15分かけてじっくりと脂を出す。

①のフライパンに牛肉を入れ、さっと炒め合わせたら、酒、砂糖、しょうゆの順にからめて火を通す

▼代替食材

豚の薄切り肉、スペアリブ

POINT

しょうがやにんにくを合わせて香り豊かに仕上げてもおいしい。

本稿は『塩、しょうゆ、みそで飛田式おかず』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。



This article is a sponsored article by
''.