昨今、プリンターには大きなトレンドがある。それが「大容量インク」の搭載である。そんな中、ブラザーでは、超大容量インクカートリッジとサブタンクを搭載した「ファーストタンク」シリーズを発売。今、注目を集めている。

ブラザーが「大容量+サブ」の超大容量インクモデルを投入!

ブラザー
DCP-J988N
実売価格例:3万7670円

画像: 従来から親しんでいるカートリッジ式なので、初めてでも大容量インクを使いこなせる。スマホアプリ「ハイプリ」で登録すれば、メーカー保証期間終了後、2年間で1回使える無償修理サービスが付く。サイズ・重量は、幅435ミリ×高さ341ミリ×奥行き195ミリ・8.7キロ。

従来から親しんでいるカートリッジ式なので、初めてでも大容量インクを使いこなせる。スマホアプリ「ハイプリ」で登録すれば、メーカー保証期間終了後、2年間で1回使える無償修理サービスが付く。サイズ・重量は、幅435ミリ×高さ341ミリ×奥行き195ミリ・8.7キロ。

コストパフォーマンスとコンパクトな本体サイズが支持を得ている、ブラザーのインクジェットプリンター「プリビオ」。今年は全8機種の新製品をリリースし、ラインアップを一新した。そのうち家庭用は3機種で、中でも注目されるのは、超大容量インクカートリッジを採用したDCP-J988N。「ファーストタンク」シリーズの一台だ。

インクは、マゼンタ/シアン/イエロー/ブラックの4色で、この構成は従来と変わらないが、それぞれのインクカートリッジを超大容量化し、一回のカートリッジ交換で、約6000枚のA4モノクロ文書を印刷できるところがポイント。A4カラー文書だと、月に300枚印刷しても1年以上使える計算になるという。

従来のプリンターは、印刷枚数が多いとすぐにインクがなくなるため、予備インクが必要となり、インク交換に手間がかかったが、本機なら、こうした不便さが大幅に解消されるので、家庭はもとより、ビジネスや教育現場でも受けがよさそうだ。また、インクカートリッジは前面で交換できる。

●本体画面に残量表示。透明カートリッジで残量がわかる

画像: 本体の画面上に表示される印刷可能枚数のインジケーター。4色に色分けされて見やすく、残量を判断しやすい。また、透明インクカートリッジの採用で、インク残量を目でも確認しやすくなっている。

本体の画面上に表示される印刷可能枚数のインジケーター。4色に色分けされて見やすく、残量を判断しやすい。また、透明インクカートリッジの採用で、インク残量を目でも確認しやすくなっている。

さらに、インク全色をカートリッジからサブタンクにも注入することで、カートリッジのインクを使い切っても、印刷を止めずに約200枚印刷できるほか、本体の画面上で印刷可能枚数を確認できるインジケーターなど、使い勝手を向上する機能を新たに搭載。

●サブタンクにより、交換インクを買い忘れても安心

画像: インク全色をカートリッジからサブタンクに注入するシステムを搭載。インクを使い切っても印刷を止めず、約200枚印刷が可能。カートリッジの購入を忘れていても安心。

インク全色をカートリッジからサブタンクに注入するシステムを搭載。インクを使い切っても印刷を止めず、約200枚印刷が可能。カートリッジの購入を忘れていても安心。

一昨年、大きなボトルに入ったインクを本体に注入して大容量化した「エコタンク」がエプソンから発売され、インクジェットプリンターに大容量インクという新風を巻き起こした。今季、ブラザーが「ファーストタンク」によって、もう一つの選択肢を登場させたのは、インク大容量化の流れを加速させるものになりそうだ。

なお、本機は家庭でも仕事でも使えるが、「ファーストタンク」シリーズにはADF/FAX/給紙カセット/A3対応などの違いにより、5モデルが用意されているので、用途に合わせて選びたい。

●2色展開でインテリアにマッチする多機能モデルも用意

画像: こちらはファーストタンクではなく、標準インクカートリッジに対応するDCP-J978N。従来から好評のスマホアプリとの連係機能に加え、外出先から便利に印刷できるクラウド機能を搭載。ボディは、白と黒の2色展開。

こちらはファーストタンクではなく、標準インクカートリッジに対応するDCP-J978N。従来から好評のスマホアプリとの連係機能に加え、外出先から便利に印刷できるクラウド機能を搭載。ボディは、白と黒の2色展開。

解説/市川政樹(テクニカルライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.