ジーフォース「GRANFLOW」 は、前方と底部にカメラを装備し、カメラを切り替えアングルの異なる映像が撮影できるデュアルカメラ搭載ドローン。専用アプリをインストールしたスマホと無線LAN接続すれば、映像のライブモニターも可能だ。

アングルを切り替えて撮影できるデュアルカメラ搭載ドローン

ジーフォースが、最新型の空撮対応ドローン「GRANFLOW」を発売した。前方と底部にカメラを装備したデュアルカメラ搭載機で、カメラを切り替えることにより、アングルの異なる映像が撮影できる。専用アプリをインストールしたスマホと無線LAN接続すれば、映像のライブモニターも可能だ。

ジーフォース
GRANFLOW

●発売日:1月11日
●価格:2万1384円

画像1: ジーフォース GRANFLOW
画像2: ジーフォース GRANFLOW

カメラの解像度は、前方が720pで、底部がVGA。また、底部のカメラは、映像のズレを検知して姿勢を自動制御するビジョンセンサーを搭載しており、気圧センサーによる自動高度維持機能との相乗効果で安定したホバリングが行える。

画像3: ジーフォース GRANFLOW

●問い合わせ先:ジーフォース 03-6206-0059

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.