カシオ計算機 「Lateco EC-K10」は、余白を従来比約1/5に圧縮、テープのみを交換する詰め替え方式を採用するなどユーザーの不満点を解消した進化形のラベルライター。テープ自体も、耐久性を高めた「ラミネートサーマルテープ」に変更した。

ユーザーの不満点を解消した進化形のラベルライター誕生

カシオ計算機は、ラベルライターの新ブランド「Lateco」から、最新モデル「EC-K10」を発売した。最大の特徴は、ユーザーがラベルライターに感じている不満を解消するため、さまざまな改良を行っていること。

カシオ計算機
Lateco EC-K10

●発売日:2月8日
●実売価格:1万2200円程度

画像: カシオ計算機 Lateco EC-K10

「テープ先頭の余白部分が無駄」という声には、印刷時にテープを巻き戻すことで対応し、余白を従来比約1/5に圧縮。「テープ使用後のカートリッジの処分に困る」という難問も、テープのみを交換する詰め替え方式の採用で解決した。また、テープ自体も、耐久性を高めた新開発の「ラミネートサーマルテープ」に変更している。

●問い合わせ先:カシオ計算機 0570-088906

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.