アンカー・ジャパンの家電ブランド「Eufy」の新型ロボット掃除機「Eufy RoboVac 15C」は、エントリークラスの普及価格機ながら、無線LANを内蔵しているのが特徴。専用スマホアプリを使って、運転の開始・終了、スケジュール設定、モード変更などの操作が行える。

Eufy
Eufy RoboVac 15C

スマホアプリで遠隔操作できる超スリム設計のロボット掃除機

●発売日:3月12日
●価格:2万800円

画像1: スマホアプリで遠隔操作できる超スリム設計のロボット掃除機

アンカー・ジャパンは、家電ブランド「Eufy」から、新型ロボット掃除機「Eufy RoboVac 15C」を発売した。
エントリークラスの普及価格機ながら、無線LANを内蔵しているのが特徴で、専用スマホアプリを使って、運転の開始・終了、スケジュール設定、モード変更などの操作が行える。

画像2: スマホアプリで遠隔操作できる超スリム設計のロボット掃除機

また、独自の「BoostIQテクノロジー」が、吸引力を自動調整してくれるので、床環境(フローリング、カーペット、畳など)に合わせた効率的な掃除が可能だ。高さ7.2センチの超薄型設計だから、家具の下なども掃除できる。稼働時間は最大約100分。

●問い合わせ先:アンカー・ジャパン 03-4455-7823

文/編集部
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.