パナソニックの「NE-BS1600」最大の特徴は、食材の温度を0.1秒ごとに細かく管理し、温度上昇に合わせて5段階のパワーコントロールを行う新機能「とろみセンシング」の搭載だ。手間のかかるエビチリや八宝菜もワンボウルで調理ができる。

パナソニック
3つ星ビストロ NE-BS1600

手間のかかる"とろみ料理"もワンボウルで作れるオーブンレンジ

●発売日:6月1日
●予想実売価格:18万8800円程度

パナソニックは、スチームオーブンレンジ「3つ星ビストロ」の最新モデルとして、「NE-BS1600」を発売する。

最大の特徴は、食材の温度を0.1秒ごとに細かく管理し、温度上昇に合わせて5段階のパワーコントロールを行う新機能「とろみセンシング」の搭載。これにより、途中でとろみを加える必要がある中華(えびチリ、八宝菜など)やフレンチ(鮭のクリーム煮など)も、耐熱ボウルに材料を入れるだけの「ワンボウルメニュー」で調理できるようになった。

また、進化した発酵機能を使えば、ヨーグルトや甘酒なども簡単に作れる。

画像: 手間のかかる"とろみ料理"もワンボウルで作れるオーブンレンジ

●問い合わせ先:パナソニック 0120-878-694

文/編集部
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.