三菱自動車は、フルモデルチェンジを行った「eKワゴン」と、SUVテイストのクロスオーバーモデル「eKクロス」を発売。「eKクロス」は、ハイブリッドシステムを採用。エンジンとモーターの連係により、低燃費で力強い走りを可能とした。

三菱自動車
eKワゴン/eKクロス

主要コンポーネントを刷新した「eKワゴン」の4代目モデル

●発売日:3月28日
●価格:eKワゴン=129万6000~150万6600円、eKクロス=141万4800~176万5800円
 

三菱自動車は、軽ハイトワゴンの最新モデルとして、約6年ぶりにフルモデルチェンジを行った「eKワゴン」と、SUVテイストのクロスオーバーモデル「eKクロス」を発売した。

画像: 写真は「eKクロス」

写真は「eKクロス」

「eKワゴン」は、プラットフォーム、エンジン、CVTなど主要コンポーネントを刷新。燃費を向上させつつ、ストレスのないキビキビとした走りを実現している。

「eKクロス」は、ハイブリッドシステムを採用。エンジンとモーターの連係により、低燃費で力強い走りを可能とした。両モデルに、三菱初の高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT」がオプション対応。

●問い合わせ先:三菱自動車 0120-324-860

文/編集部
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.