【サウンドバー】ソニーの HT-X8500 は立体音響を実現 Dolby AtmosやDTS:Xにも対応

ソニーの最新型のサウンドバーシステム「HT-X8500」は、高さ方向の音を表現するバーチャルサラウンド技術と、前後左右の音を表現するデジタル音場処理技術の組み合わせにより、バースピーカー1本で三次元の立体音響を実現したのが特徴。

ソニー
HT-X8500

臨場感あふれる三次元立体音響をバースピーカー1本だけで実現

●発売日:4月20日
●実売価格:4万3200円程度

ソニーが、最新型のサウンドバーシステム「HT-X8500」を発売した。高さ方向の音を表現するバーチャルサラウンド技術「Vertical Surround Engine」と、前後左右の音を表現するデジタル音場処理技術「S-Force PROフロントサラウンド」の組み合わせにより、バースピーカー1本で三次元の立体音響を実現したのが特徴。

「Dolby Atmos」や「DTS:X」にも対応しているので、対応コンテンツを手軽に楽しむことが可能だ。テレビなどのステレオ音声も、立体音響に変換して再生できる。出力はトータル160ワット。ブルートゥースも搭載。

●問い合わせ先:ソニー 0120-777-886

文/編集部
※価格は記事作成時のものです。

シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース