ソニーの最新型のアナログレコードプレーヤー「PS-LX310BT」は、フォノアンプ内蔵でフォノ入力を持たないオーディオ機器とも直接接続できるのが特徴。Bluetooth送信機能も装備しているから、Bluetooth対応のスピーカーやヘッドホンでのワイヤレス再生も可能だ。

ソニー
PS-LX310BT

ブルートゥース送信機能を備えたワイヤレスレコードプレーヤー

●発売日:4月20日
●価格:2万9916円

ソニーが、最新型のアナログレコードプレーヤー「PS-LX310BT」を発売した。フォノアンプを内蔵しており、フォノ入力を持たないオーディオ機器とも直接接続できるのが特徴。

画像1: ブルートゥース送信機能を備えたワイヤレスレコードプレーヤー

ブルートゥース送信機能も装備しているから、ブルートゥース対応のスピーカーやヘッドホンでのワイヤレス再生も可能だ。ボタンを押すだけで、ペアリング済みのブルートゥース機器と自動接続してレコードを再生する「1ステップフルオートプレイ」機能も搭載。

また、USB出力も備えているので、レコード音源をデジタル化してパソコンに保存できる。

画像2: ブルートゥース送信機能を備えたワイヤレスレコードプレーヤー

●問い合わせ先:ソニー 0120-777-886

文/編集部
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.